スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ブリチアルディ・キーをどう使う? →吹奏楽で使う打楽器は何がいい?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

スクールバンド運営

新・吹奏楽部を作ろう!

 ←ブリチアルディ・キーをどう使う? →吹奏楽で使う打楽器は何がいい?
 旧ブログに同じ題材で記事を書いたのですが、それは保存していなかったので、新しく書き起こします。その記事を書いた時は、映画の「スイングガールズ」を見ていなかったのですが、私の考える吹奏楽部を作っていく過程は映画に近いものがあります。現在の勤め先の予餞会での演奏が、まるで映画のようだったので、もう一度、この記事を書くことを思い立ちました。

 少人数でも楽しく本格的な音楽がやれるようにする。 

 少人数で、大人数と同じ演奏をしようと思っても、それは無理というものです。であれば、少人数でも本格的な演奏ができる編成と音楽をやるしかありません。そのひとつが、 ジャズなのです。最低限、ドラムとキーボードと管楽器の3人いれば、本格的なジャズはできます。予算もない最初の段階では、まずこれを目指すべきだと思います。楽器も個人で購入できる金額のものを買えばいいでしょう。

 もうちょっと人数がいるのであれば、管楽器をサックスとトランペットとトロンボーンに増やし、エレキベースが入ると面白くなります。映画の「スイングガールズ」のバンド発足当初は、この編成でした。その後はこの3種類の楽器の人数を増やしていき、本格的なジャズバンド(サックス4、トランペット4、トロンボーン4+リズム&ベースセクション)を目指します。

 問題はバリトンサックスが手に入れられるかです。(だいたい50万円位)学校だったら予算が豊富にあると勘違いされているむきもありますが、現状はこの値段の楽器でも買ってもらえるかどうかは微妙です。もともと学校の予算規模が縮小されている上に、実績も何もなければ予算がつくはずありませんから。学校の方にはこの位の楽器を買う予算を何とか確保してもらう努力をしながら、どこかの学校で眠っている楽器がないか探すしかありません。

 20名程度の人数であれば、このジャズバンドの編成の方が自由に演奏できると思います。ジャズ以外のポップス等も出来ますし、学校行事での演奏も可能でしょう。高校だったら野球の応援もできますね。市販の楽譜をこの編成に合わせて、書き換える作業も入って来ますが、それも重要な音楽の勉強です。

 さて、もっと人数が増えて、ここから吹奏楽に発展させる(ジャズの方が簡単だと言っているわけではありません。あくまで人数の問題です)ためには、金管楽器にホルンとチューバを加えます。かなり乱暴ですが、トランペットで一人、ホルンに回ってもらって、トロンボーンで一人チューバに回ってもらうと、トランペット3、ホルン1、トロンボーン3、チューバ1の本格的な金管八重奏が出来ます。学校に買ってもらう楽器は、今度はチューバとホルンということですね。

 木管の方はもともとサックスで四重奏のアンサンブルができるのですが、これにクラリネットとフルートが加わってそれぞれの楽器のアンサンブルが出来るようにします。クラリネットは三重奏、フルートは二重奏でもOKですね。そしてエレキペースをやっていた人に、ウッドベース(コントラバス)をやってもらい、キーボード担当の人に鍵盤打楽器等をやってもらうようにすると、小編成ながら吹奏楽の編成になります。その編成をまとめますと、フルート2、クラリネット3、サックス4、トランペット3、ホルン1、トロンボーン3、チューバ1、コントラバス1、パーカッション2、の20名です。

 備品として欲しい楽器は、最初の段階でドラムセット、キーボード。次の段階でバリトンサックス、コントラバス。その次の段階で、チューバ、ホルン、といったところです。エレキベースや、アルトサックス、テナーサックス、トランペット、トロンボーン、クラリネット、フルートはなるべく個人で購入してもらうようにします。

人数が少ないと楽しくないんじゃなくて、人数が少ない時の楽しみ方を知らないのです。楽しくやっていれば、人数は増えていくでしょう。

←よろしければクリックしてください。


 
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

いつも楽しく拝見させていただいてます。

個人で購入する楽器は具体的に、どのメーカーのおいくらくらいのものを買えばよろしいのでしょうか。

Re: タイトルなし 

吹奏楽部員の母さん

> いつも楽しく拝見させていただいてます。

 それはそれはありがとうございます。うれしいです。

 個人で購入する楽器ですが、世の中には安価な楽器も出ています。でもそれらは音がいま一歩だったり、修理ができなかったりして、とても毎日の使用に耐えられるものはなかなかありません。

 買うのであれば、国産の有名メーカーの楽器が良いと思います。カタログにでている最も安価な楽器は、フルートは6万円程度からありますが、後の楽器は10数万円ほどです。吹奏楽部が本格的な活動をしているのであれば、その国産メーカーの上級クラスの楽器が良いと思います。(だいたい20~30万円です)

 こうしてみると、楽器って高いですね。もし、中古を買われるのであれば、楽器屋さんで直接、見て買うのが良いと思います。ネットや通販だと、どんな楽器が来るかわかりませんから。

少なくても楽しいはず 

 お久しぶりです。

『少人数でも楽しく本格的な音楽がやれるようにする』

 同感ですねぇ。僕もそう思います。少ない人数でも、少ないなりに楽しめるはずです。「音楽」って、そーゆー部分が『大』だと思います。
 ロックバンドだって、基本構成はドラム、ベース、ギターの3人ですから。B'zなんてギターとヴォーカルの構成で、考えてみれば変則ですよね。もちろん、彼らくらいになるとサポートメンバーがいますけど。

 とかく、吹奏楽の楽譜は各楽器パートビッシリでアレンジされていて、そーゆーバンド構成じゃないと演奏できないという風潮がある気がします。「カタチ」から入ると、そんなジレンマに陥るのじゃないでしょうか?
 うちの楽団でも、マリンバがメロディだけどパーカスの人数不足で、マリンバが出来ない時は、フルートに割り振られたりしてましたし、楽譜の読み替えが出来る方には、強引にメロディを割り振ったりしてます。

 よく「創意工夫」なんて言われるけど、まさしくその通りで、こーゆー工夫をすることも音楽の楽しい一面だと思います。少人数だと1人1人が重要で、その分プレッシャーもあるけれど、確実に1人1人の演奏能力が上がっていきますね。

『楽しくやっていれば、人数は増えていくでしょう』

 そうなんですよ。うちの楽団も時々見学される方がいて、こちらがワクワクしたりします。楽しくやっている雰囲気を掴んでもらえるよう、その時だけ張り切ったりしてね。

 上手・下手もあるけれど、その前に「楽しく」ですよね。

また、お邪魔します。

Re: 少なくても楽しいはず 

ship-papaさん

 お久しぶりです。私の考えに同感してくださってありがとうございます。

 おっしゃる通り、吹奏楽っていう形にこだわるとダメなんですよねえ。人数が少ないとそれだけで物足らなく感じてしまったり…。少人数でも創意工夫をすれば、本格的な音楽を楽しめますし、楽しいはずですよね。

 金管アンサンブルを組もうとしたら、楽器をコンバートしてもらう必要があると、本文で、さりげなく書きましたが、コンバートを受け入れて頑張ってくれるメンバーも必要なんですよね。ship-papaさん、トロンボーン頑張ってくださいね。

面白い! 

ジャズ・コンボ → カウント・ベイシー → グレン・ミラー → ギル・エヴァンス → ウィンド・アンサンブルという感じですね。

テューバやコントラバスへ回ってもらうところが難関かもしれませんね。40人以上の団体でも欠員になりやすいパートです。どう説得するのでしょうか?

Re: 面白い! 

ひげバスさん

> ジャズ・コンボ → カウント・ベイシー → グレン・ミラー → ギル・エヴァンス → ウィンド・アンサンブルという感じですね。

 まさしくその通りです。自分たちの編成に近いプロの音源が聞かせられれば、すごく参考になりますし、目標にもなるし、いい刺激になるんじゃないかなあと思います。

> テューバやコントラバスへ回ってもらうところが難関かもしれませんね。40人以上の団体でも欠員になりやすいパートです。どう説得するのでしょうか?

 そうなんです。これが一番の難関です。それぞれの楽器の魅力的なビデオや音源を見せて、やってくれる人を募集するみたいなことを、私は昔やってました。

 また、知りあいのチューバ吹きやコントラバス弾きに来てもらって音を聞かせて、合奏に参加してもらうと、いるといないでは大違いと実感できたりします。コンバートしてもらう人は、もちろん音楽的能力の高い人でないと、苦労しますから、その辺りのことを見極めようと思っています。
 
 どこかの楽器の希望者が多くて、オーディションから外れた人が、チューバやコントラバスに回ったりすると、まずやる気を失くすと思っています。

Re: 面白い! 

なるほどなるほど。やっぱり色々なノウハウをお持ちなんですね。素晴らしいです。

Re: Re: 面白い! 

ひげバスさん

 おほめいただき、恐縮です。また、いらしてくださいね。

たまたま通りかかりました 

突然すみません

私は今、学生時代の友人と11名ほどの吹奏楽団を組んでいます。
Fl、S・A・T・Bsax、Tp、Tb×2、Tu、StBs、Drの編成です。

バンドを組んでまだ間もなく、どのようなジャンルが向いているんのかいまいち分からない感があります。

アドバイスいただけないでしょうか?

Re: たまたま通りかかりました 

トミさん

初めまして。ようこそおいでくださいました。11名の仲間で吹奏楽を楽しんでいらっしゃるのは、とても素敵ですね。

編成を拝見しますと、サックスセクションが充実していてDrとStBsがありますから、ジャズを演奏することを中心に、お考えになったらいかがでしょう?私のブログ記事(吹奏楽でオーケストラやジャズの曲をやるのは…その1)にいくつか音源付きでご紹介してあります。もうご覧いただいているかもしれませんが…。大切なのは元の音楽を研究して自分たちの編成に合うようにアレンジできるようにすることだと思います。

その時のポイントは、メロディー・ハーモニー・リズムの三要素が揃っていることです。リズムはドラムがいますし、低音楽器も充実しています。ハーモニーはサックスやトロンボーン+チューバで出来ると思います。トランペットが一人で大変でしょうが、ソプラノサックスとフルートをうまく活用するのが、最も手っとり早くて本格的な音楽が出来ると思います。もし可能ならフルートの人がキーボードも担当出来たりするといいですね。

ジャズ以外だと、どこかで演奏するチャンスがあることを考えて、クラシックは少人数でもできる有名な曲を選ぶといいですね。バッハの音楽などをこの編成でアレンジしても面白いです。「主よ人の望みの喜びよ」とか、他にもパッヘルベルの「カノン」とか。「フーガト短調」等、パイプオルガンの曲をアレンジするのも楽しいと思います。

ご参考になれば幸いです。

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ブリチアルディ・キーをどう使う?】へ
  • 【吹奏楽で使う打楽器は何がいい?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。