スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←寒い中での演奏で気をつけなければいけないこと →ピッコロとフルートの持ち替えをうまくやるには
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

吹奏楽全般

管楽器の変え指(変えポジション)はどう使う?

 ←寒い中での演奏で気をつけなければいけないこと →ピッコロとフルートの持ち替えをうまくやるには
 金管楽器は、管の長さを変えて音程を変えます。ピストンバルブ(あるいはロータリーバルブ)の場合、中指で押す2番は半音音程を下げます。人差し指で押す1番は全音、3番は全音+半音、4番は全音+全音+半音、音程が下がります。これに、自然倍音で出る音程を組み合わせて、音階を作るわけです。

 管の構造上、その音程はかなりアバウトです。B♭管の場合、1番と3番を押して出すCの音は、どうしても上ずりがちです。そこで、音程を修正しなくてはならないのですが、1番と3番の抜き差し管を抜いてピッチを下げます。ところが、この抜き差し管を抜いたままだと、他の倍音の音程まで下がってしまいます。例えば1音上のDの音は1番と2番を押して出すのですが、このDの音が低くなり過ぎてしまいます。

 そこで1番の抜き差し管を戻すことが出来るように、トランペットにはトリガー(左手親指で抜き差し管の長さを変えられるもの)が付いているわけです。(注:初心者用の楽器にはトリガーは付いてません。)トリガーの付いていないユーホニウムはどうするのかというと、3番を主に抜くことで対応します。そうすると1番と3番で出すCの音程が
おかしくなりますので、4番のある楽器は、Cの音を4番を使って出すわけです。

 こういう変え指を使うと、音程(ピッチ)は変えられますが、音色も微妙に変わります。また薬指を使う運指だと機動性が落ちます(簡単に言うと指がもつれやすくなる)ので、難しいパッセージを吹く機会の多いトランペットなどは、変え指をあまり使わないことが多いようです。逆に、機動性のことを考えて、変えポジションを頻繁に使うのがトロンボーンです。ピストン楽器の、2番が2ポジション、1番が3ポジション、1番+2番が4ポジション、2番+3番が5ポジション、1番+3番が6ポジション、1番+2番+3番が7ポジションと思ってください。

 F♯の音は、トロンボーンでは5ポジションで出します。その次に半音下のFの音を吹く場合、5→1よりは、5から6の方が、スライドを動かす距離が短くなりますので、機動性は上がります。実際は6ポジションは音程がすごく不安定だったり、6ポジションを使った後の音程をどのポジションで出すかという問題もあって、一筋縄ではいきません。

 つまり、変え指を使う主な目的は、①音程の修正、②指(腕)の機動性、が目的です。正規の指使いは、音色(響き)を最も重視したものだとすれば、音色を少々犠牲にしても、音程や機動性を優先させるわけです。管楽器が少なくて音色と響き重視の管弦楽よりも、管楽器が多く音程を合わせる必要性のある吹奏楽の方が、変え指の重要性が高いと言っていいと思います。

 このことは、木管楽器の方にもあてはまります。金管楽器は主に第2倍音より上を使いますが、木管楽器は第1倍音から使います。第2倍音までは1オクターブ(クラリネットは1オクターブ半)の音程差がありますので、あれだけキーがごちゃごちゃ付いているわけです。金管楽器よりは音程が正確なものの、木管楽器は管の構造上、音程の外れる音があります。これを修正するためには、変え指を使うかその音を出すためのトーンホールを新設するかしかありません。

 特に木管楽器の場合、トリル(半音上か全音上の音を交互に細かく上下させる)奏法が頻繁に出て来ますから、トリルのためのキーがたくさん付いていたりします。クラリネットの右手人差し指で操作する部分には、そのためのキーがいっぱい付いていたりします。フルートの場合は、C~Dを正規運指でトリルするのは、ほぼ不可能ですので、そのためのトリルキーが付いているわけです。これらのキーは機動性重視ですので、そのキーを操作してロングトーンをすると、その音色の悪さにびっくりします。まあ、トリルキーを操作して音程の修正をするということは、ほとんどないということですね(注:ほとんどないということは稀にはあるということです)。

 吹奏楽の中では最も数の多いクラリネットが、変え指の必要性の最も高い楽器と言っていいでしょう。専門家に聞くと変え指をたくさん知っていらっしゃる方が多いです。フルートやサックスは、変え指をあまり使いません。フルートはもともと機動力のある(つまり指が速くまわる)楽器ですし、音色や音程の悪い音はほとんどありません。(一昔前はCisがそうでしたが…)高音域でクロスフィンガリングが必要になりますが、これは練習あるのみですから、変え指の少ない分、指の練習をしなくてはなりませんね。

←よろしければクリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

金管楽器の音程について 

ちょっと補足というか、コメントさせて頂きますが、私も長年金管楽器を
やっていたので、金管楽器のことはフルート以上によく分かっているつもりですが、

> 管の構造上、その音程はかなりアバウトです。

木管楽器しか知らない人から見ると、このコメントから、金管楽器は木管楽器と比べて
音程が悪いもの という印象を受けると思いますが、むしろ 私は逆の印象を持っています。

管の構造上 というか、ピストン、ロータリーの操作で管の長さを変える
楽器は、二つ以上のキーを同時に押した時に 必然的に音程が高くなりますよね。
音程が低めになる という状況は金管楽器の場合 5倍音の長3度上だけです。

その為、記事にもあるようにトランペットは 1,3のピストンを操作した時に
管の長さを無段階に 変化させ、音程を下げられるようになっています。

トロンボーンなどは 言わずもがな 無段階に音程コントロールが可能な楽器です。
つまり、弦楽器みたいなもので、完璧な音程で演奏できる楽器ということになります。

それに比べて、木管楽器は そのようなコントロールが不能な為、
音程の悪い音 の調整を 奏法によりコントロールすることを強いられたり、
替え指などに頼るしかない楽器ということになると思います。

Re: 金管楽器の音程について 

かんたさん

 コメントありがとうございます。私も昔金管楽器をやっていましたし、今でも時々吹いて教えていたりすることもあります。

 最近の私の記事は、高校生を念頭においた昔の文体に戻りつつあるかもしれません。この記事もそうです。

 高校生レベルでは、金管も木管も変え指等を使って、音程の修正を図ることが多いのですが、金管の方が木管よりも苦労しているというのが実情です。いくら変え指を使おうが抜き差し管を抜こうが、全然音程が変化しなかったりします。木管の方は日本製の楽器であれば、楽器自体の音程がだいぶ良くなっていますので、金管ほどは苦労しないのです。

 社会人で上級者であれば、この記事にはあてはまらないと思います。ちなみに上級者であれば、木管楽器の方も微妙な音程のコントロールは可能です。

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【寒い中での演奏で気をつけなければいけないこと】へ
  • 【ピッコロとフルートの持ち替えをうまくやるには】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。