スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←マルカートのピッコロがいいかも →アルタスフルートの調整に一か月半…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

マーチング

ステージマーチング全国大会に参加してきました

 ←マルカートのピッコロがいいかも →アルタスフルートの調整に一か月半…
日本マーチングバンド協会主催のステージマーチング全国大会に初参加してきました。この大会は今年で14回目です。全国大会に出場するためには、それまでの大会の出場経験や実績を元に、各都県のマーチングバンド協会が全国大会実行委員会に推薦、同委員会が選考して決定するそうです。わが校は3年前にマーチングバンド関東大会に出場しましたし、昨年は、千葉県で行われた「関東オープンマーチングコンテスト」にも参加しましたので、そのあたりが評価されたのかなと思いますが、それはなんともいえません。

ステージマーチングは、アリーナで行われるフロアドリルとはずいぶん違います。わが校は定期演奏会などでのステージドリルの経験はありますが、本格的なショーとしてのステージドリルは初めてです。今回のショ―は試行錯誤をしながらのものとなりました。それもまた楽しいものです。コーチの言う事を理解できずに、言われるままにマーチングをやっても面白くはありません。ドリルコンテ(どういうフォーメーションをするかという設計図みたいなもの)から、生徒が自分たちで考え、練習をしていきながら仕上げていきました。わが校のコーチも、生徒の自主性を尊重しながら、適切なアドバイスをしていただきました。

本番で自分たちの力を発揮するために、どうしても越えなければならないカベがありました。それは「当日、準備のための時間がとれない中で、どれだけの工夫ができるか」ということです。埼玉県のマーチングの大会は、マーチングバンド協会主催であれ吹奏楽連盟主催であれ、会場入りしてから30分は音出しの時間があります。会場まで近いので、学校で練習してから会場に向かえます。当日は十分な準備ができるわけです。ところが、この全国大会では会場入りしてから音出しできるのは、わずか8分。出演が11:49でしたので、学校で練習している時間も取れません。

しかし、上位大会になれば、準備の時間がないなんて普通にあり得ることです。それに5日前には高校音楽祭に座奏で出場しましたので、この大会にかかりっきりで練習をしてこられませんでした。音楽祭の翌日に全国大会当日を想定した練習をしましたが、全くと言っていいほど良い音が出ませんでした。マーチングのフォーメーションも準備なしでは動けるはずもありません。それを克服するにはイメージトレーニングしかありません。かくして、全国大会3日前から、それを練習しました。

当日は、朝7時に岩槻をバスで出発。バスの中でできる練習をしながら、9時10分に会場の神奈川県民ホールに到着。分単位のスケジュールで、あっという間に本番を迎えました。ぶっつけ本番にしては良い演奏演技になったと思います。今後の課題もハッキリしましたし、さらに良いステージマーチングができるようになっていくと思います。大会の役員のみなさま、ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

お疲れ様でした! 

いろいろ盛りだくさんで大変ですが...
自主性、というのがいいですね!
この時期にやったことは絶対に将来の糧になりますよね!

今日はK先生のレッスンでこってり絞られて&アンサンブルの
初見合わせでした^^

Re: お疲れ様でした! 

ふえふきどじさん

> 自主性、というのがいいですね!

まあ、これにはいろいろありまして・・・。詳しいことは「がぶり」かなんかで・・・。

> この時期にやったことは絶対に将来の糧になりますよね!

はい。これはもう間違いないです。

>
> 今日はK先生のレッスンでこってり絞られて&アンサンブルの
> 初見合わせでした^^

いやあ、これも将来の糧になりますよ(笑)
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【マルカートのピッコロがいいかも】へ
  • 【アルタスフルートの調整に一か月半…】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。