スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←日本メーカーの最廉価フルートの実力は? →新・フルートEメカニズム考
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ピッコロ

ピッコロの激安モデルはどうでしょう

 ←日本メーカーの最廉価フルートの実力は? →新・フルートEメカニズム考
ピッコロは材質が木のものと金属、樹脂製のもの、そして最近は合成木のものまで出て来ました。ピッコロ製作に使われる木で最もポピュラーなのは「グラナディラ」です。詳しく説明すると長くなるので、結論を言いますと、最近は良いグラナディラが少なくなりました。めったなことでは質の良いグラナディラが確保できなくなっています。当然、質の良いグラナディラで作られたピッコロは、相当高価です。どのくらい高価なのかというと、50万円前後はすると思って良いでしょう。

激安ピッコロはグラナディラではなく、エポニーという木を使っています。この木も楽器の材料になりますが、欧米製の木管楽器に使われることは滅多にありません。日本でも40年近く前の国産のクラリネットなどではみかけましたが、その後は使われなくなりました。グラナディラよりは需要が少ないからか、エポニーの方が安く楽器を作れます。安くて楽器に向いているのなら言うことなしなのですが、木の管体は割れてしまいます。楽器に適した木にするには、それなりの年月と手間暇がかかります。激安ピッコロの木がそれだけの手間をかけているかは疑問です。

手間暇をかけない木で楽器を作ったらどうなるかというと、管体が気温や湿度で膨らんだり縮んだりします。ただでさえ小さなピッコロのトーンホールがタンポと合わなくなって音が出なくなるのです。こういうトラブルは日本製のピッコロにもあります。中国製のピッコロが日本製より品質が高いとは思えませんから、この手のトラブルはたくさんあるのではないかと思います。憶測でものを言ってはいけないのですが、こういう情報は流れてきませんから、仕方がありません。ということは、ピッコロもすべて金属製のものか、さもなければ樹脂製のものの方が木独特のトラブルはないということになります。ただ、音色が木のものとは違いますから、これは好みの別れるところです。

私が注目しているのは、合成木のピッコロです。これはグラナディラの粉末を固めたものを材料にしたもので、気温や湿度による変化はあまりありません。音色も木のものに近いと聞いています。価格も安価であれば、これからのピッコロの主流になるかもしれません。ということで、あまりお勧めはできませんが、もし、激安ピッコロをお買いになるのでしたら、合成木のものが良いと思います。ただ、キーメカニズムの精度は落ちますから、個体差は大きいと思います。当たりのピッコロを手に入れられる確率は、そう高くはないでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

Picc. 

うちは、予算の関係もあって...さすがに舶来品は買えず^^
改めて取説を読んでみると、結構手入と慣らしは重要かつ大変なんだなと。
練習が終わってから片付けに倍以上の時間がかかるようになりました。
安いものほど(ほんとか?)念入りに選択することが必要?
でも、高いものほどLife Timeは長くないのかも?

Re: Picc. 

ふえふきどじさん

ふえふきどじさんのピッコロで十分だと私は思いますよ。K先生はP社のピッコロがいいそうですが。
私がヤマハの62に満足せず、舶来のピッコロを買おうとしていた時に、N響の菅原先生にいろいろとアドバイスいただくチャンスがありました。

人によると思いますが、舶来のピッコロはどれも気難しくて私の言う事を聞いてくれませんでした。ゆいいつ、言う事を聞いてくれたのが、キ―フ(約100万円)でした。Pハンミッヒを狙っていたのですが、どれもよくありませんでした。菅原先生の選定品も合わず…。ヤマハの62の方がよっぽどいいわい、と思ったものです。

たまたま、中古のハンミッヒを見たら、管体の木がつやつやしていて、ひとめで気に入りました。それを買ったのですが、最近の新品のピッコロには見られない木の色です。今度何かの時に持っていきますから、吹いてみてください。

遅れましたが、体調が回復しましたので、はしごをしたいなと思います。今月末あたりいかがですか?


>練習が終わってから片付けに倍以上の時間がかかるようになりました。

はい。とても重要です。手を抜くと、まず楽器がひねくれます(笑)


>安いものほど(ほんとか?)念入りに選択することが必要?

ピッコロは個体差がありますから、念には念を入れないといけないと思います(高くても)。
某メーカーの高級ピッコロは、頭部管を、ちょっと抜くだけで音色がとても悪くなりました。
こりゃあ、使えないなと思ったものです。60万円くらい出して、そんなピッコロを買ったら、新車を買ってすぐ交通事故に遭って、新車がパーになるくらいのショックですよ。

NoTitle 

おはようございます^^
成人式もろもろでバタバタしておりました。
はしご、了解です。
おてやわらかに...
高校OBはスパークの祝典の為の音楽、市吹は三ジャポでヒーヒーです...X_X
でも、ワルキューレとエルザの通しが一番きついかも?!

Re: NoTitle 

ふえふきどじさん

> はしご、了解です。

よろしくお願いします。あとでメールします。

10万以下の木製ピッコロ 

ご無沙汰しております。

ピッコロ探しをしていた時に、Cello&Cooというメーカーのものを試奏したことがあります。

日本で設計して中国で製造、日本で精工に組み立てなおすそうで、10万以下で木製のピッコロを手に入れることができます。
試奏した時はエボニー製だったかな?
このコメントをするのに、久しぶりに検索したら、現在はグラナディラ製があるようですね。
(見たサイトでは日本語訳に黒檀とあるので、直接問い合わせてみないとよくわかりません)

試奏の感想ですが、音域による鳴りムラは少なく、好感触でした。
highB♭以上を鳴らせたかどうかはもう覚えていませんが、
音色に関しては、後日試奏したY社、P社の樹脂製ピッコロの方が、がっかりした覚えがあります。

はじめに、10万以下の楽器への期待値が低く、樹脂製といえど10万を超す楽器に対する期待値が高すぎた可能性もあったかもしれませんけど。

結局、「大人の趣味なんだし!」と思って購入予算を引き上げたのでCello&Cooは購入しませんでしたが、コスパは高いと思いました。

この記事のテーマである、購入後のメンテ費用やメンテの難しさにについてはわからず、少し逸れた話で失礼しました。

Re: 10万以下の木製ピッコロ 

小樽さん

おひさしぶりです!

> ピッコロ探しをしていた時に、Cello&Cooというメーカーのものを試奏したことがあります。

じつはこれ、私も注目はしていました。金管は良いというイメージ(ブラス製)があったので、ピッコロは注目していませんでした。黒檀製でしたしね。今ネットで見ると、グラナディラ製のようです。木の質がどうだか確認したいですね。黒くて目の詰まった良質のグラナディラが今は少なくなったそうです。フィンダさんが日本にいらした時に聞いたのが、彼は楽器用の木をもらって、ストックがあるらしく、それで楽器を作っているそうです。彼が、そうこぼしていました。(と言っても英語でしゃべっていましたから、いま一歩自信がありません)

> この記事のテーマである、購入後のメンテ費用やメンテの難しさにについてはわからず、少し逸れた話で失礼しました。

いえいえ、情報ありがとうございます。Y社の樹脂製ピッコロは昔からダメ、P社が出したピッコロで頭部管だけ木のものがありましたよね。あれは最初の年の夏にトラブルがけっこうあったそうです。ピッコロのトーンホールがキーと合わなくなるトラブルは、日本のメーカーが新しく出したピッコロにありました。なにしろ私が試奏しているうちに合わなくなりましたから。

10万以下のピッコロではないですが・・・ 

またまたコメント失礼します。

金属管のピッコロは、私がピッコロ購入検討してるときにちょっと候補に挙がりました。三響のピッコロですね。現在定価で20万弱で頭部管銀製のピッコロが買えるようで、管の安定性という意味では金属管ピッコロは強いように思えます。確かに、試奏してみたときも音程の不安定さを感じず、私は良いように思いました。

しかし、私や他の先輩方が金属管を選ばないのは、音色が気に食わんという場合が多いのではないのかなぁと思います。
逆に、音色ではなくど安定を目指すなら、中高生には金属管のピッコロのほうがフルートからの持ち替えがしやすく安定してていいのかなと思いました。

余談ですが、去年の吹奏楽コンクールの淀高の演奏見ましたが、ピッコロは金属管でしたね

NoTitle 

レティさん

N響菅原先生のピッコロリサイタルを聞いた時に、金属管のピッコロの音も聞きました。ヘインズの銀管だとおっしゃっていたと思います。じつに甘くやわらかい音色でした。金属管もいいなあと思ったものです。

サンキョウの金属管は試奏したことがないので、私としては金属管の音色がどうのこうのとは言えませんが、世間一般では金属管の音はきついと言われていますよね。

高校生が吹いた時にどういう音色になるのかによると思いますが、スクールバンドは金属管のピッコロの方が何かといいだろうなと思います。そうすると価格的にもサンキョウか・・・。チャンスがあったら試奏してみたいですね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【日本メーカーの最廉価フルートの実力は?】へ
  • 【新・フルートEメカニズム考】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。