スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←シルバークリーナーって良さそう →ピッコロの激安モデルはどうでしょう
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート全般

日本メーカーの最廉価フルートの実力は?

 ←シルバークリーナーって良さそう →ピッコロの激安モデルはどうでしょう
1万円フルートってどうなんでしょうね?」の記事では、1万円台のフルートは、楽器の当たり外れが大きいのでリスクが高いことを述べました。フルートの良し悪しが判断できる人が選定したものならいいかもしれませんが、そんなことは1万円台のフルートには無理そうです。

それでは、日本のメーカーの最廉価フルートはどうなんでしょうか?このクラスの日本のフルートは「総洋銀製・銀メッキ」です。具体的には、EメカなしだとヤマハYFL221(税抜¥65,000)、Eメカ付きだとパールのプレスト(税抜¥73,000)が最廉価です。このフルートは日本のメーカーとはいうものの、パールは台湾製ですし(ただし日本の技術者が技術指導をしている)、ヤマハは中国製の部品を日本で組み付けていると聞いています。

1万円フルートとの違いは、日本のフルート製作技術が生かされているかどうかでしょう。楽器の面で困ることはありません。なにしろ楽器の設計は上級モデルと同じです。ヤマハはキーのアームの形がちょっと違いますが、パールは上級モデルと同じポイントアームです。よく、この値段でできるなあと感心してしまいます。ヤマハのYFL221は、Eメカなしだから初心者で大丈夫かと思われる方もいらっしゃると思います。一昔前のヤマハフルートはEメカをキャンセルすると、とたんに第3オクターブのEの音が出にくくなったものです。でも今はそんなことはありません。Eメカの付いたYFL211を1万7千円も余分に出して買う必要はないと私は思います。

さて、そのYFL221の実力ですが、このようなサイトがありました。YFL221の演奏をぜひお聞きください。
ヤマハ・フルートYFL221の実力を探る
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【シルバークリーナーって良さそう】へ
  • 【ピッコロの激安モデルはどうでしょう】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。