スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←1万円フルートってどうなんでしょうね →自信とは「自分を信じる」ことです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

日々雑感

激安楽器って高くつくんじゃないかな

 ←1万円フルートってどうなんでしょうね →自信とは「自分を信じる」ことです
のっけから、こんな話で恐縮ですが、高校生の息子が激安ギターを通販で買いました。息子が自分の小遣いで買ったので文句を言う筋合いではありませんが、結局、あまり弾かずに部屋に置きっぱなしのようです。いい楽器なら弾くだけでも楽しいんだがなと思いながら、私も高校生の時に激安ギターを買ったのを思い出しました(汗) 結局ギターは長続きしませんでした。

コメントをいただいた、ふえふきどじさんへのレスにも書きましたが、親に買ってもらった激安トランペットもすぐに使わなくなり、新しいトランペットに買い替えてしまったものです。激安楽器は長く続けるには不適当ということなのでしょう。そういえば、今はトランペットじゃなくて、フルートを吹いていますもんね。フルートは、かれこれ30年以上になります。

最初に買ったフルートはムラマツの中古でした。頭部管銀モデルで、当時3万円くらいだったと思います。今思うとあの時期のあの楽器が3万円というのは中古にしても高かったと思うのですが、当時の私はそんな知識もなく、なんとなくフルートが欲しいと思って、学生の自分に出せるギリギリのお金を出して買ったのでした。ムラマツは吹いてて楽しいフルートでした。だから今までずっとフルートを続けて来られたのだと思います。

なのになぜ、今はムラマツじゃないのかって?中古のムラマツを買って数年後、新宿のムラマツのお店に調整をお願いしに行きました。すると、「この楽器はもう時代遅れだから直すより買い替えた方がいい」と言われたのが原因です。たしかに時代遅れなんでしょうけど、自分たちが世に送り出した楽器を愛情込めて使ってきた人間にそういうこと言うかと思いました。

ということで、サンキョウのシルバーソニックを買ったのでした。それ以来、ムラマツを試奏するたびに、いいフルートだな~と思うのですが、買いたいな~とは思わないのでした。今回も結局ムラマツEXではなくて、サンキョウエチュードを買ってしまいましたしね。そのサンキョウエチュードですが、私が昔買ったシルバーソニックよりも遥かに出来の良いフルートでした。

ああ、話が横道にそれてしまいました。言っていることはウソでないにしても、自分たちが作ったフルートのメンテナンスを断るようなメーカーは論外として、激安楽器は海外製のことが多く、国内の楽器屋さんでは修理を受け付けてくれないことが多いのです。

なぜ修理を受け付けてくれないのかを親しい楽器屋さんに聞くと、「直したくても直せないから」ということでした。リペアの技術が低いわけではありません。楽器自体の工作精度が低いのです。激安楽器はパーツのストックがありませんから、なおさらです。メーカーに送って修理してもらうにしても、海外ですから本体の金額よりも修理費・送料がかかってしまうこともあります。結局高くつくことになってしまいます。しかも激安フルートの中には目視しただけで、まともな音が出ないとわかってしまうものもあります。けっして激安ではありません。

通販にしてもディスカウントショップにしても、楽器修理の専門家がいるわけではありませんから、修理が必要になった時のことを考えると、お店で直接買うか、さもなければ国内メーカーのフルートを買うのが無難だと思います。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【1万円フルートってどうなんでしょうね】へ
  • 【自信とは「自分を信じる」ことです】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。