スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←楽器は魔法使いのホウキ →感覚を磨くって大事です!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

吹奏楽全般

チューナーの使い方を間違えてはいけません

 ←楽器は魔法使いのホウキ →感覚を磨くって大事です!
いま、わが校は来年に向けて実力アップの時期に入っています。「楽器をフルに鳴らす」のが第一目標ですが、単に「音量」だけを求めているのではありません。「正しい姿勢による正しい奏法で」音を出すのです。そうしないとチューニングすら出来ません。

たとえが悪いかもしれませんが、ギターのような弦楽器であれば、チューナーのメーターを目で見て、音が合わせられるでしょう。音が合っているとか合っていないとかいう感覚が無くても、とりあえずは音が合わせられるわけです。しかし、管楽器はそうはいきません。音に対する感覚を磨かないと音を合わせられないのです。しかも、この感覚はチューナーのメーターを見ていたら、いつまで経っても磨かれません。音程やピッチは耳で合わせられないといけません。

なぜかというと、チューナーのメーターがプラスマイナスゼロを指していても、音が合わないことがあります。例えば、口のところで高いピッチを出していて、それを管を抜くことでピッチを下げても音は合いません。奏法が正しくないからです。正しい奏法をした上で、基準になる音と自分の音が合っているかどうかを耳で判断できるようにします。耳の感覚を磨くために、チューナーを使うのです。

どういう練習が良いかというと、ハーモニーディレクターの音を基準として音を合わせる練習をすることと、チューナーを使う時は他の人にメーターを見てもらってチューナーを見ながら音を出すことは絶対にしない練習が良いでしょう。ふだんから心がけて練習してください。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

チューニング 

ご無沙汰です^^

本番2本がやっと終わったのに初見大会が始まって...

結局聞いて合わせるですね...
和声的にもアンサンブル的にも。

Re: チューニング 

ふえふきどじさん

> 本番2本がやっと終わったのに初見大会が始まって...

本番お疲れ様でした! うちの学校も今日は初見で「二つの交響的断章」をやりました。いやあ、譜読みが難しいこと! ところで、そろそろv-275なんぞはいかがでしょう?

お疲れ様でした^^ 

今日は春日部音楽祭で、越北と埼玉栄をメインに聞いてきました。
やっぱりオケピは出していても、春日部市民では大編成マーチングバンドには会場が小さすぎますね...X_X
もったいないです。
うち(occb)の定演のメインは三ジャポになりました^^
おそらく次の土曜日は初見大会です^^
v-275、賛成!
先生が忙しくなる前に是非!
ご連絡お待ちしちょります^^

Re: お疲れ様でした^^ 

> やっぱりオケピは出していても、春日部市民では大編成マーチングバンドには会場が小さすぎますね...X_X

18m四方だと324㎡、30m四方だと900㎡で広さは1/3位ですから、大人数では動きにくくなってしまいますね。

> うち(occb)の定演のメインは三ジャポになりました^^

前回の定演の時に、K先生が「三ジャポ」がいいなと言っていた記憶があります。うちもやりたいんですけど。今年は無理かな・・・。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【楽器は魔法使いのホウキ】へ
  • 【感覚を磨くって大事です!】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。