スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←二週連続大雪で練習中止とは! →近況報告です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

マーチング

息の支えは身体の支えなんだな

 ←二週連続大雪で練習中止とは! →近況報告です
ステージドリルの本番がありました。埼玉県南部高校音楽祭です。マーチングは道路を演奏しながら歩く他に、体育館の30m四方のフロアで行うフロアドリルとホールのステージ上で行うドリルがあります。私が中学生の頃は、道路を演奏しながら歩くマーチング(パレード)が主で、演技を含めたドリルはまず滅多にお目にかかれなかったんですけど、時代は進歩してますね~。

ステージドリルは当然のことながら、フロアドリルよりは狭い場所で動くことになります。今回は12m×8mの広さの中でのドリルです。実際に動く人数は30人ほどですが、かなり接近しますので、いつぶつかるかヒヤヒヤしていました。実際に事故が何度か起きました。ああ、楽器を修理に出さなくちゃ…。

さて、今回のステージドリルで最も重視して練習したことは、「動いても音が悪くならない」ようにすることでした。管楽器をやっている人ならわかると思いますが、静止した状態が一番良い音が出るのです。歩きながら吹くと、どうしても音が悪くなります。歩くとその振動が口にきますから、それをどう抑えるかが肝心なのです。

動いても静止した時と同じ音が出せるようにするために必要なことは、足の運びに工夫がいることと、もうひとつは「息の支え」でした。座奏の時も感じていたのですが、どうも「腹筋・背筋」をきちんと使えていないようなのです。息の支えがしっかりすれば、身体も支えられます。下半身がどんなに動いても上体は動かないようにすることができるのです。

高校音楽祭の本番では、激しく動きながらも、良い音が出ていました。あとの課題は、講師の先生からもありましたが、マーチングでも「音楽表現」できるようにすることですね。3月下旬の定期演奏会では、「音楽表現」ができるようにしましょう。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【二週連続大雪で練習中止とは!】へ
  • 【近況報告です】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。