スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←所沢でムラマツフルートを聞いてきました →吹奏楽コンクール新人戦、銅賞でした
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・練習の記録

Fly Me To The Moonを再録音しました

 ←所沢でムラマツフルートを聞いてきました →吹奏楽コンクール新人戦、銅賞でした
今の学校に転勤してから、フルートの練習が全くと言っていいほど出来なくなってしまいました。年始で部活動のない今日(1/5)一念発起して自分の技量向上のために、昔録音した曲をもう一度練習してみようと思いました。
よろしければ、お聞きになりながら記事をお読みください。前回と今回では録音場所も録音機材も違っていますので、単純比較はできませんが。
曲目は「Fly Me To The Moon」です。伴奏は雑誌「The Flute」の付録のマイナスワンCDです。

前回の録音はこちら。→http://www.voiceblog.jp/hafutatu/1110270.html
今回の録音はこちら→http://www.voiceblog.jp/hafutatu/1997752.html 
今回の録音は録音レベルが低いのでボリュームを上げてお聞きください。

この日の朝、私は午前10時から音出しを始めました。吹くのはしばらくぶりですが、そんなに調子が悪いわけではありませんでした。曲も前に練習したものなので、すぐに終わるだろうと思っていました。ところが!いざ、演奏を録音しようとすると、間違えてばかり…。いまさらながら自分の甘い考えにがっかりしてしまいました。

考えてみたら前回の録音をした3年前は、社会人バンドでフルートを吹いていましたっけ。今よりは比べものにならないほど練習をしていたのでした。それでも、3年前よりは私のフルートの音が、こなれてきているように思います。病気でマヒしていた左横隔膜がだいぶ使えるようになってきたからかもしれません。でも、まだまだ甘いですね。アドリブはせっかくプロのジャズフルーティストのレッスンを受けたのだから、もともととは違うものをやりたいと思っていたのに、あまり違わない…。このあたりが、クラシック畑の人間の限界か…。それともうひとつ、装飾音符がいかにもクラシック臭い(笑)でも、マエスタの音は素晴らしいです。吹いていても気持ちいいです!あっと言う間に4時間も吹いていました。精神的に満足したためか、お腹もすきませんでした。あとはもうちょっと演奏がよくなれば…。がんばります。勉強のためにYouTubeにアップされていたジャズフルーティストの演奏も貼り付けておきます。

関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

すご~い 

遅ればせながら…今年もよろしくお願いします。

なぜだか我が家のパソコンで前回の録音ファイルが開けなかったので比較はできないのですが、でもでも、自由自在でたかさんスゴいです。私はこの曲がどうも苦手…というか、好きではないようで、いつもうまくいきません。
クラシック臭いのはご本人が感じていらっしゃるほど、聞いている方は感じていないですよ。それはそれでちょっとお洒落な雰囲気が出ていると思うのですが。。。

アドリブは楽しいですよね~
私も練習会の時はお腹より楽器が優先ですねぇ(笑)

Re: すご~い 

春子さん

こちらこそ今年もよろしくお願いします。おほめいただきありがとうございます。

自由自在にアドリブをやりたいとか、ここはNoSwingでやろうとか、わざとシブい音を入れようとか、頭の中の演奏のイメージが向上した分、現実の演奏レベルとのギャップに悩まされました(笑)

面白いのは、自分としては低音が鳴っていて中音はショボイ音が出ていると思っていたのですが、録音を聞くと全く逆でした。今回のレコーダーは吹奏楽の音を録音するためのもので、もっと低音でも拾っていたので、レコーダーのせいではないと思います。自分の耳と聞く側の耳とでは違うんでしょうね。

自分の演奏の録音を公開するのは、本番の生演奏と同じくらい緊張します。いい経験になります。

謹賀新年^^ 

ほんねんもよろしくおねがいします...^^!

なかなかいいぢゃないですか!
ラテンボサノバ大好きです!
うちだったらここはこうするとか、なななかここはいいね!とか
いろいろ思いながら聞かせていただきました。
自分じゃ吹けないんですけど...X_X
なんだか以前に定期演奏会でご一緒させていただいたときと
雰囲気が大分違って...
頑張ってください。

今日の新人戦は銀でした^^
来週でしたっけ?頑張ってください!

Re: 謹賀新年^^ 

ふえふきどじさん

今年もよろしくお願いいたします。

録音を聞いていただき、ありがとうございます。

> なんだか以前に定期演奏会でご一緒させていただいたときと
> 雰囲気が大分違って...

定期演奏会の時は、ショパンがメインでしたし、いちおうオケのフルートっぽくやりました。この録音はラテンなので、雰囲気を変えたいと思ってやりました。思った方向になっているかは、ちょっと不明ですが(笑)。


> 今日の新人戦は銀でした^^
> 来週でしたっけ?頑張ってください!

はい、うちの学校は18日です。がんばります!

拝聴しました感想を 

長らくご無沙汰をしております。
本年もよろしくお願いいたします。

演奏録音を拝聴しました。今回→前回の順に聞きました。
音色が全くちがいますね!
今回の方が音色に温かみと奥行きがあるように感じます。

なるほど~。左横隔膜の回復ですか。
唇の柔軟性といい、ずっと努力を続けておられるのですね。
できてたことの喪失は非常につらいことですのに、向き合いつづけ、乗り越え、そして新たな成長をされておられる。
この頭の下がる思いをどう言葉にしていいのやら・・・。

それにしても”今回”の方が断然、わたくしの好みです。
方向性が似てますー。
って、マエスタだからじゃん!!(笑)
(となると仕様の違いは関係ないってこと??
今日は深く考えないでおきます 笑)
わーい。やっぱりマエスタはいいですね~♪


1月17日 

連投すみません。
昨年の3月11日の記事で、保科氏の「復興」は阪神淡路大震災からの復興を祈念した曲とあり、コメントを寄せようと思ったのですが、まだ「1月17日」を乗り越えていない者が何を話すことがあるのか、と資格がないような気がしてきてやめました。

当時、音楽を専攻していた小樽は(フルートではありません)、震災にあうまで音楽の神秘性に万能感を抱いておりましたが、震災後、音楽の限界および音楽でこそ可能な側面の2つにまざまざと直面させられました。

昨日の1月17日、ニュースで衝撃を受けたのは現在の高校生以下は阪神淡路大震災を知らないということです。
直前に小野田 寛郎氏死去のニュースを知って、”戦後”のなにかひとつが幕を閉じたような気がし、”戦争”が風化していく危惧を感じたところでしたから、1.17も風化させてはいけなと、当時の映像を19年経ってはじめて直視することができました。

やはり何が言いたいのかさっぱりまとまりませんでしたが、「3月11日」に関する何かにお役に立てられるコメントだったらいいなぁと思います。



Re: 拝聴しました感想を 

小樽さん

コメントありがとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

おほめいただきありがとうございます。練習量はガクッと減りましたが、経験は増えましたし、身体の昨日は以前よりは回復しているので、そこの差はあると思います。

> わーい。やっぱりマエスタはいいですね~♪

マエスタはいいですよ~。つきあいが長くなるほど味のあるいい音が出て来るんですね。


NoTitle 

小樽さん

昨年の定期演奏会で「復興」の練習をしていた記事を覚えてくださっていて、ありがとうございます。私はあの日、かなりの強い揺れを感じて目が覚めました。関東のテレビではごく一般的な地震速報しかなかったので、却って不安に思ったことを未だに覚えています。その後、詳細な被害の模様がテレビ画面に映し出された時は、ただただ画面を見つめていただけでした。

今の高校生は「阪神淡路大震災」のことは知らないんですよね。でも「東日本大震災」のことは鮮明に覚えています。私の地域の被害は軽微ではありましたが、あの時の天地がひっくり返るような揺れが長い時間に何度も襲ってきたことを覚えています。そして、帰宅困難と物資の不足、福島からの避難者の受け入れ等々…。生徒達はその体験から「阪神淡路大震災」の被害がいかに大きかったかを想像できたようです。

東日本大震災の太平洋側の地域の被害の様子を、家に帰れず職場のテレビで見ていましたが、津波が海岸線を襲う様子、今は放映されませんがその時は生映像で、その津波に飲み込まれる走行中のクルマなどを見ました。唖然としていたら、原発の爆発…。現実とは思いたくない現実。そこからの復興はまさに困難を極めていると私は思っています。なのに、現首相のオリンピック招致の際の軽い発言。やり場のない怒りを覚えます。

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【所沢でムラマツフルートを聞いてきました】へ
  • 【吹奏楽コンクール新人戦、銅賞でした】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。