スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←パールマエスタ・練習詳細レポート…3 →フルートEメカニズム考~その1
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

吹奏楽全般

吹奏楽の中でのフルートの役割

 ←パールマエスタ・練習詳細レポート…3 →フルートEメカニズム考~その1
 この記事は、旧ブログで書いたものです。(旧ブログはプロバイダーを変えた時に自動的に消滅してしまいました。ブログの引っ越しができないとわかったのは、プロバイダーを変えた後でした。)旧ブログで記事の残っているものを、折を見て再掲載していきたいと思います。


 フルートは、他の管楽器からみたら、音量の小さい楽器である。なのに、吹奏楽では50人の編成でも、ピッコロを入れて4人位しかいない。クラリネットは10人位いるのに、どうしてだろうか。トランペットは5人位である。これじゃどう考えても、フルートの音なんか聞こえる訳がない…。じゃどうして、吹奏楽にフルートがいるのだろう。

 結論から言うと、技術が身についているフルーティストだったら、吹奏楽の中でも、ちゃんと聞こえるのである。

 オーケストラでフルートを吹いていた時の経験からいうと、フルートの音色を生かす時と、ヴァイオリンと音を溶け合わせる時とがある。私のフルートの師匠に言われたのは、ヴァイオリンの胴をフルートの音で震わせるつもりで吹け、ということだった。当然、オーケストラでも、木管セクションと音を合わせる。こちらは、音を溶け合わすよりも、それぞれの音色を生かして色彩感豊かにすることが多い。

 そして、吹奏楽では、木管セクション(場合によっては金管のコルネット等や鍵盤打楽器も参加する)で、音を溶け合わすことが必要になってくる。この場合、フルート単独の音では聞こえてこない。しかし、それは聞こえなくてよいということではない。管をちゃんと鳴らさないと、音を溶け合わすことができないのだ。

 わかりやすく説明しよう。フルートの音色を黄色、クラリネットの音色を青と考えると、音を溶け合わすというのは、この二つの音色を使って緑色を作り出すということなのだ。フルートが聞こえない音を出していては、全体の音色は青のままだ。ちゃんと聞こえる音を出せないと、音を溶け合わすことも不可能だ。

 ただ、最初の説明に戻ってしまうが、フルートを鳴らす技術が身についているかが問題だ。フルートは鳴らすのに技術と体力がいると思う。何と言っても、呼気が半分しか管に入らない。楽器のでかいチューバと同じ位のブレス量が必要だ。アマチュアの吹奏楽で、フルートが聞こえないのは、大体使う息の量が少なすぎるのだ。どうせ聞こえないからと諦めているのか、とりあえず、客席には聞こえなくても音は出しているから、それで満足しているのか、そんな人が多いのではないか。

 フルートに限らず、音楽をやる人は目立ちたがりの人が多い。がんがん、いい音を出して目立ちましょう。そして人との協調性を身につけて、他の楽器との共同作業で、新しい音色・サウンドを作りだすようにしてほしい。ちなみに、クラリネットの数が10人でフルートの数が4人でも、バランスはそれでOKである。クラリネットは音域が広いので、第1ヴァイオリンからビオラ、チェロの高音域まで担当する。

 吹奏楽でオーケストラの曲を演奏する場合、第1ヴァイオリンを担当するのは、フルート2本とE♭クラ1本、B♭クラ2本、ソプラノサックス1本が普通だ。クラリネットは閉管の楽器なので、偶数倍音に乏しい。それをE♭クラと、フルート・ソプラノサックスで補う。これだけの人数しかいないので、各楽器ともフルに鳴らして、音を溶け合わせないと、オーケストラの弦楽器セクションと肩を並べるくらいの豊かなサウンドはでない。フルートが上手じゃないと、吹奏楽は味気ないものになるのである。(2009年3月30日)


文中にある「息の量が少なすぎる」について補足説明をします。これは、むやみやたらに息をたくさん入れればいいという訳ではありません。それはオーバーブローといいます。「息を出す時の腹圧(横隔膜を支える筋肉の支え)が足らない」ということです。これについては、一本記事が書けると思いますので、そのうちにアップしようと思います。 

 こうやって過去の記事を読み返すと、私の理想のフルートの音色は、バイオリンと溶け合う音色なんだなあと改めて思います。もちろん弦楽器群と対抗して違う音色を出す時もありますので、やりがいがあります。オーケストラで吹いた経験はそんなに多くないのですが、オーケストラではフルートの役割がとても重要だと思ってます。

←よろしければクリックしてください。

関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【パールマエスタ・練習詳細レポート…3】へ
  • 【フルートEメカニズム考~その1】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。