スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←フルートEメカニズム考~その2 →フルートを毎日吹くのは楽しいけど大変だ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

吹奏楽全般

元祖・安い楽器って悪い楽器?

 ←フルートEメカニズム考~その2 →フルートを毎日吹くのは楽しいけど大変だ!
この記事は、旧ブログで書いたものですが、長期間に渡ってアクセスの多かった記事です。当時の原文のまま再掲載させていただきます。


 中高生主体の掲示板等を見ていると、自分の持っている楽器や、他人の持っている楽器の値段を気にしている書き込みが目立つ。値段の高い楽器を持っているのを自慢するか、あるいは、そういう楽器を持っている人をけなす書き込みもある。

 中高生だから仕方がないと言ってしまえばそれまでだが、どうも底が浅く感じるのは、値段だけを気にして、自分がどういう音を出しているかを全く気にしていないようだからである。ときどき、値段の高い楽器を吹いているんだから、自分はいい音が「出せてる」と信じている人もいたりするのだが、ざんね~ん。吹きこなせていない人がほとんどなのだ。

 あくまでも、いい音を出すのは奏者の責任であって楽器ではない。楽器によって音色が違ったり、表現力が違ったりするのだが、値段の高い楽器は誰が吹いても、いい音色が出せたり、表現力が豊かだったりするのかというと、そうではない。むしろ逆だろう。

 フルートでいうと、銀という素材は音色はいいものの、鳴るポイントは狭い。洋銀の音色だって悪くはない。ただ倍音が銀よりはちょっと少ないかな、といったところだ。鳴るポイントは、銀より広いので鳴らしやすい。簡単に考えると、総銀製の楽器を高校生が吹いても、宝の持ち腐れになる可能性の方が高い。

 大人からみると、びっくりするくらい扱いが乱暴なので、すぐに調子が狂う。扱いが乱暴なのは、お金の価値がわかっていないからだろう。楽器の調子が狂っても、もともとそんなに鳴らすことができないので、自分が悪いのか、楽器が悪いのか判断できない。結局、上達が遅れてしまうのだ。

 これは、大問題だ。楽器の調整が完璧でないと、自分の技量の未熟さを自覚できない。すぐにバランスの狂う楽器だと、扱いを慎重にしないといけない。私が知っている限り、あるメーカーの楽器は、キーを正確に真上から押さないと、バランスが狂う。フルートだけでなく、サックスもそうである。しかもキーの大きいバリトンサックスなどは、この上もなくデリケートだ。

 良い楽器は、良い音の出せる楽器という風に考えると、いくら値段が高くても、良い音が出ない楽器は悪い楽器である。(たまにそういうサギみたいな楽器もある)値段が安くても良い音の出る楽器もある。できたらそういう楽器で腕を磨いてもらいたいものだ。

 以前にも書いたが、良い音が出せる安い楽器のナンバー1は、ヤマハのYFL311である。211でも音的には十分なのだが、311の頭部管銀の音色と表現力は211にはない。このフルートの音を上回れる楽器は、そうはないと思っている。管体は白銅なので、総銀よりは鳴らしやすいから、良い音を出しやすい。頭部管は銀だから、後に総銀製のフルートに変えても、対応しやすい。実用的にはこれで十分だ。学生時代にこれを吹いて、大人になってから、自分のお金で総銀製以上の楽器を買うべきでしょう。

 じゃあ、もっと安いフルートは、どうなのか?じつは私は、そういう楽器を吹いたことがないのでいい悪いは言えない。ただいえる事は、私が最初に買った楽器は、ムラマツの頭部管銀だったが、中古で安かったので買ったのである。安いフルートがなかったら、フルートを吹きたいという人は、多くならないんじゃないかと思う。それだけでも十分価値があるんじゃないかな?

 私が高校生の時、親に安いトランペットを買ってもらった。トランペットが欲しくて欲しくて、毎日のように楽器屋に行っては、トランペットを眺めていた。それを知った親が、買ってくれたのだ。1万円程の楽器だったが、すごく嬉しかったのを覚えている。音に満足できなくて、すぐに10倍以上の値段の楽器を買ったが、これは自分がアルバイトをしたお金で買った。音は…の楽器でも、それがなかったら、音楽をやっていなかっただろう。音楽にのめり込むきっかけになったのなら、いい楽器だといえるのではないか。

 最初から高価な楽器を買って、吹きこなせず飽きてしまうよりは、よっぽどましである。

←よろしければクリックしてください。



関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

私の最初の楽器はYFL31 

私の最初の楽器はYFL31でした。YFL311の前世代モデルです。当然中古品。傷だらけで、一部に緑青も付いているボロ楽器で、1年後にはムラマツEXを買ってしまいましたけれど、それでも私にとってはYFL31はいい楽器です。だって、この楽器でフルートの魅力を知りましたから。今でも、時々吹くことがあります。なんといっても、最初から傷だらけだから、メンテナンスに気を使う必要がない。
結果的に1年後に買い換えたけど、もったいない買い物とは自分ではぜんぜん思っていません。

1/30 8:23分にコメントくださった方へ 

 申し訳ございませんが、突然の相互リンクは、お受けいたしておりませんので、悪しからずご了承ください。

Re: 私の最初の楽器はYFL31 

inti-solさん

 やはり最初に買った楽器って、安いけれど思い入れは、たっぷりあるものですよね。何と言っても、その楽器に出会わなかったら、フルートをやってなかったかもしれないんですから…。そういう意味では大切な楽器ですよね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【フルートEメカニズム考~その2】へ
  • 【フルートを毎日吹くのは楽しいけど大変だ!】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。