スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←体の使い方ひとつで音が変わる →ひさびさの休日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

吹奏楽全般

ミュージカル「ミス・サイゴン」~ヘリコプターサウンド

 ←体の使い方ひとつで音が変わる →ひさびさの休日
私の学校は、来年1月の埼玉吹奏楽コンクール新人戦にミュージカル「ミスサイゴン」を演奏します。このミュージカルは、ベトナム戦争を題材にしています。その中で「サイゴン陥落」という曲があります。東洋風(といっても西洋人の考える東洋ですが)の変拍子でできた曲です。主に七拍子ですので、指揮をするのが難しいのです。最大の難関は4/4拍子の後、7/8拍子になり、また4/4拍子に戻るところでしょう。基本的に2+3の組み合わせで振ります。

もうひとつの聞かせどころは、「ヘリコプター・サウンド」でしょう。YouTubeで、このヘリコプターサウンドがアップされていました。



ベトナム戦争は1960年に始まり、1975年まで15年も続いた悲惨な戦争です。ミュージカルの主人公の女性「キム」も悲惨な人生を送りますが、実際にキムのような境遇の女性はたくさんいたことでしょう。今の高校生にとっては、過ぎ去った歴史の一コマですが、悲惨な戦争があったということを学んで欲しいものです。「百聞は一見にしかず」ベトナム戦争の写真をいくつかご紹介しておきます。

無題

1b44ca15-s.jpg

関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

ミス・サイゴンと言えば 

本田美奈子の「命をあげよう」、存命中は聞いたことがなかったのですが、数年前にYouTubeで歌を聞いて、これはすごいと思いました。感動のあまり、CDを買ってしまった。でも、「サイゴン陥落」は知りませんでした。いくつかの演奏をYouTubeで見ましたが、結構本物のヘリコプターに似た音で表現できるものですね。

Re: ミス・サイゴンと言えば 

inti-solさん

このミュージカルの結末について、生徒たちには「ヒロインのキムは、自分の子どもがアメリカに行くためには、自分が生きていてはいけないことを知って、自殺を決意するんだ」と話すつもりでいました。本田美奈子の歌には鬼気迫るものがありますよね。

YouTubeで検索していてわかったことですが、ヘリコプターのローターの回転音も機種によって、ずいぶん違うんですね。ベトナム戦争時に使われていたヘリコプターと同じUH-1という機種の動画を見つけた時は、その音がそっくりなので驚きました。

UH-1 

このヘリコプターは、多分世界で最も広く使われているタイプのひとつだと思います。
以前岐阜県の防災ヘリが穂高連峰で墜落したことがあり、私のところのブログでその記事を書いたことがあります、その防災ヘリ(若鮎II)が、ベル412という、UH-1を双発機にした機種でした。外観はUH-1とよく似ています。ただ、双発でローターが4枚羽(UH-1は2枚羽)なので、音はだいぶ違いますけどね。

Re: UH-1 

inti-solさん

> このヘリコプターは、多分世界で最も広く使われているタイプのひとつだと思います。

Wikipediaによると、いまだに現役なんだそうですね。


> 双発でローターが4枚羽(UH-1は2枚羽)なので、音はだいぶ違いますけどね。

私の勝手な推測ですけど、2枚羽だとあのような独特の音が出るんじゃないでしょうか。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【体の使い方ひとつで音が変わる】へ
  • 【ひさびさの休日】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。