スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←さて、今度はマーチングだ! →両立を目指すと、言うは易く行うは…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

マーチング

マーチングコンテストを終えて思ったこと

 ←さて、今度はマーチングだ! →両立を目指すと、言うは易く行うは…
吹奏楽連盟主催のマーチングコンテストが終わりました。すでにコメント欄でその報告をしていますが、私の学校は「銀賞」を受賞しました。限られた時間の中で精一杯やった結果ですから、胸を張っていいと思います。吹奏楽コンクールは金賞だったわけですが、どちらにしても、今後どのようにしていくかが肝心です。私の今までの経験からすると、結果が良かった時ほど悪かった点を忘れ、結果が良くなかった時は、良かったことも悪いと思ってしまうことが多いのです。

結果に関係なく、良かった点悪かった点を総括して、次につなげる必要があります。

吹奏楽コンクールでは「音のバリエーション」をもっと増やす必要があります。これから出そうとする音に対してのイメージが大ざっぱすぎて音が安定しないのです。当然のことながら、その音楽に必要とされる音が出せないのです。これをどう解決するかですが、普段の練習で「音」についての意識をもっと高く持つことでしょう。それを音楽表現につなげていくのです。「そんなの無理」じゃなくて「やってやる」という気持ちが最も大事です。

これはそのままマーチングの音にも当てはまります。どういう音楽をやろうとするかが、演奏面だけでなく演技の面にも影響します。楽譜を覚えコンテを暗記することまでは大体出来たと思います。音楽を表現しようとすることで、音と動きがさらに音楽とマッチしたものになっていきます。これも「そんなの無理」じゃなくて「やってやる」という気持ちが最も大事です。

9月は、吹奏楽コンクール西関東大会とマーチング協会主催の大会と二つの大きな大会があります。この大会で楽しむことができたならば、結果もついてくるでしょう。

関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【さて、今度はマーチングだ!】へ
  • 【両立を目指すと、言うは易く行うは…】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。