スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←録音を何度も聞くとアラがわかります →コンクールだって「コンサート」です!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

日々雑感

卒業生が感激してくれました

 ←録音を何度も聞くとアラがわかります →コンクールだって「コンサート」です!
吹奏楽コンクール間近の日曜日、今年の春、本校を卒業したばかりのOGが訪ねてくれました。今年の卒業生は、よく練習を見にきてくれます。ありがたいことです。

本校吹奏楽部は、先週合宿を終え、ホール練習までこなしました。さすがに疲れが見えてきました。ホール練習の最後の通しを聞くと、金管はミスブローが多く、木管は鳴らすことができなくなって、バランスを崩してました。それにクレッシェンドが中途半端だったこと!身体の疲れを取りながら、音楽表現を煮詰めていこうというのが、この日の練習目的でした。

主にやった練習は、「メトロノームも使わず、指揮者が指揮をしなくても最後まで通す」ことでした。これは緒方まゆみ先生に教わったことです。その目的は、緒方先生のブログに詳しいので、そちらをご覧下さい。→http://ogatamayumi.blog46.fc2.com/blog-entry-2013.html

 このような練習をしていた時に、卒業生が訪ねてきて、この練習を見ていてくれました。最初は私が全く指揮をしなかったことに驚いていた様子でしたが、そのうちに、この練習の意図が理解できたようでした。一生懸命演奏していた後輩たちを、じっと見つめています。「メトなしシキなし」の合奏が終わった後、彼女は涙を流して感動してくれました。「みんな、すごく楽しそうだった。こんなに一生懸命、何かに打ち込めるのって、今しかないから頑張って!」彼女はそう言ってくれました。

 そのとおり! 一生懸命頑張った者にしか味わえない感動があるんです。その感動を味わえるのは、とても幸せなことなんです。



関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【録音を何度も聞くとアラがわかります】へ
  • 【コンクールだって「コンサート」です!】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。