スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←近況報告 →自分の弱さに勝つ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

吹奏楽全般

今年のコンクール自由曲は

 ←近況報告 →自分の弱さに勝つ
6月初旬が今年の吹奏楽コンクールのエントリー期限でした。私の学校では、鈴木英史先生の「プロメテウスの雅歌」を選びました。

私のコンクール自由曲選びは、前年のコンクール終了直後から始まります。さまざまな曲を聞いて、生徒達が力を発揮できそうな曲を選びます。でも、どんな曲も必ず一長一短があります。長所を活かすためには、短所が克服できるものでないといけないのです。ここが選曲の難しいところだと思います。結局、一曲に絞り切れずに候補曲を三曲、生徒に提示して、その中から生徒の支持の多いものを選びました。

さて、候補曲が決まったら、練習計画を練ります。ところが、ここで困った問題がありました。昨年のコンクールの練習の仕方と、今年の練習の仕方を変えていかないと、曲が仕上がらないのです。変えるには、この練習方法が良いと生徒たちが納得できないといけません。幸いにして、6月になってから、緒形まゆみ先生に再びお出でいただき、どのような練習をしていったら良いか、教えていただくことができました。実にシンプルでわかりやすく、なおかつサウンドがガラリと変わる、ものすごい練習方法でした。

この練習方法で6月を乗り切れば、次は音楽作りです。ここでも困った問題がありました。参考音源が私の作りたい音楽と違っているのです。指揮者が違えば、音楽は違うのが当たり前なのですが、はたして自分の解釈が妥当なのかどうかに自信が持てないでいます。そのために、緒形先生の前で滅茶苦茶な棒を振ってしまいましたが…(申し訳ございません)。

私の感じた違和感を一言で言うと、参考音源の演奏は「和風」なのです。そういう解釈もあるかもしれないし、間違っていないと思います。しかし、私はこの音楽には「古代ギリシャ」の香りがプンプンしていると感じています。そのため、積極的に生徒に参考音源を聞かせていません。だって「和風」になったら困るもん。神殿が神社になったら、全然違いますよね。

まだ、全て研究し終えていませんので、確かなことは言えないのですが、私はまず、曲の冒頭の「E」の音に注目しました。これは古代ギリシャのドリア旋法だろうと思ったわけです。鈴木英史先生の曲は、実に奥が深い!生徒達と合奏をして見ると、「和風」には聞こえない演奏になっています。きっと、面白い音楽ができると期待しています。


関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

コンクールの曲決まったのですね。
鈴木英史先生の曲いいですよね、コンクール見に行けたら行ってみたいです。
コンクールの練習頑張って下さい!
私の息子も吹奏楽やってるので

Re: タイトルなし 

奏嘉さん

> コンクールの曲決まったのですね。

はい。いろいろ迷ったあげくの決定です。

> 鈴木英史先生の曲いいですよね、コンクール見に行けたら行ってみたいです。

鈴木英史先生の曲は、ほんと奥が深いです。もし見に来ていただけるのなら、ありがたいです。

> 私の息子も吹奏楽やってるので

おお、そうですか!ぜひ応援してあげてください。私の娘も吹奏楽をやっていますよ。私としては、娘がコンクールに出るのを見られないのが残念ですが。

No title 

鈴木さん、定番ですね。
曲選びたいへんでしょうね。
地域によってもアレンジかオリジナルか邦人か違いますし。
わたしの地域は未だアレンジが盛んです。
夏の暑さにまけないよう、楽しくやってくださいね。

Re: No title 

kentaさん

> 鈴木さん、定番ですね。

鈴木英史先生の曲は、コンクールでは良く演奏されますよね。私は好きですよ。特にスコアを読んだだけでは、「謎々」みたいな音楽が(笑) でもご本人に聞くと「あんまり考えていない。こんな感じ」で作曲しているそうです(爆)

アレンジ物は、研究されていて、どうやっていったらいいかわかるのですが、邦人作品、特に鈴木英史先生の曲はわかりにくいです。「正直、参考音源の演奏はいいと思わないんですけど」と申し上げたら、「それはわかる」とのお答えでした。

> 夏の暑さにまけないよう、楽しくやってくださいね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【近況報告】へ
  • 【自分の弱さに勝つ】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。