スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←マーチング西関東と修学旅行まで重なってしまった →教員であることのつらさ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

吹奏楽全般

緒形まゆみ先生に来ていただきました!

 ←マーチング西関東と修学旅行まで重なってしまった →教員であることのつらさ
緒形まゆみ先生は長年吹奏楽部の顧問を務められ、現在はフリーの指導者として全国各地で講習会の指導者や、吹奏楽部の指導、大会の審査員などをなさっていらっしゃいます。詳しいことは先生のブログ(緒形まゆみブログ)をご覧ください。また先生は「まゆみ先生の吹奏楽お悩み相談室」という本もお書きになっています。
9784276316027.jpg


私は緒形先生が吹奏楽の専門誌「バンドジャーナル」に寄稿なさっていた時からのファンです。というより、先生の記事を読ませていただいて、吹奏楽の指導を勉強させていただいていました。その先生に直接来ていただいて、生徒達を指導してくださるのは、私にとって、とても嬉しいことです。レッスンの日を楽しみにしていました。

レッスン当日は休日で、朝から夕方までの一日のレッスンでした。
CAK0V0W4.jpg
写真は午前中のレッスンの模様です。生徒達は緊張していたらしく、表情も動きも先生の問いかけに対する反応もまだまだでした。そういう至らないところを叱られながらも、リトミックやソルフェージュを実に楽しそうにやっていました。「厳しく・楽しく・仲良く」が部活の基本と教わり、うなずく生徒もたくさんいました。さすが緒形先生、生徒を惹きつける魅力をお持ちです。私も頑張らないといけません。

おこがましいのですが、私の本(電子書籍)もこちらに(爆)詳しくはサイドのリンクをクリックしてください。
001.jpg
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

こんばんは☆ 

本の方覗いてみますね^-^v

No title 

うわ、お元気なのかしら。
昔、小平第六の演奏聴いておりました。
個人的にはラメセス、ここのが好きでしたねえ。
ローエングリンはカイエの編曲で聴きたかったなあ。
ラストが作りすぎてるけど、吹奏楽コンクールって編曲です。
羽村もききました。
ああ、矢代昭雄、ピッコロで吹いたわねえ。

Re: No title 

kentaさん

> うわ、お元気なのかしら。

お元気で、やっていらっしゃいますよ。

> 昔、小平第六の演奏聴いておりました。

おお、そうなんですか!世の中、狭いものですねえ…。

ローエングリンは最近吹奏楽コンクールで取り上げられないんですよ。音楽的に難しいのと、某中学校の演奏が伝説化してしまってるからだと思います。

No title 

ローエングリン、いい曲ですねえ。
わたしの時代、多かったですよ。
まゆみ先生おはこの小倉朗の舞踊組曲、しびれます。
邦人作品が同じような曲が多い現在、
むかしのコンクールの曲、おもろいのがおおかったですねえ。
小山清茂の鄙歌一番とか今の季節きいてみたいかも。
アルトフルート、ドソロです。

Re: No title 

kentaさん

> 邦人作品が同じような曲が多い現在、
> むかしのコンクールの曲、おもろいのがおおかったですねえ。

同感です。どうも演奏効果を狙ったような作品が多くなってますね。それとも自分が年をとったからかな…(爆)。

> 小山清茂の鄙歌一番とか今の季節きいてみたいかも。
> アルトフルート、ドソロです。

う~ん、指揮するよりアルトフルート吹きたい!

No title 

何だろう、コンビニ的な楽曲が多いというか、
アレンジの方を選びたくなりますわ。

>それとも自分が年をとったからかな…(爆)。
いやいや、そうではないと思います。
パターンが決まっているというか。あまり芸術性はない気がします。わたしは。
饗応夫人みたいな課題曲、もうないのかなあ。
わたしは好きでした。

Re: No title 

kentaさん

饗応夫人には昔苦しめられましたねえ…。どこが「太宰」なんだろうと思ったものです。あの頃のコンクール曲は、難曲志向でしたかねえ…。今のコンクール曲は…。

No title 

>饗応夫人には昔苦しめられましたねえ…。どこが「太宰」なんだろうと思ったものです。あの頃のコンクール曲は、難曲志向でしたかねえ…。
たかさん、ごめんなさい。わたし、この曲大好きなの。リズムが変! こういうのに弱い。燃える。
わたしの中で唯一恐怖は、変容=断章、かなあ。フルート吹けません。本当に???
でも、86年だったかなあ。変容、序曲、嗚呼。
マーチやるしかないでしょう。といわれてるみたいでした。
個人的には変容が好きでした。
渚スコープ、やりたかったなあ。

緒方先生は日本の現代物をされるのですきでしたね。

ただ、こないだの刹那、吹くのに時間がかかるわねえ。

阿部亮太郎のはめ込みを音大でやったときはおもろかった。
メインがねえ、ダウニングの管楽器と打楽器のための交響曲
フルート、指ぱたぱたするの。謎でしたねえ。
最後のソナタコラールは今でも聴きます。


早く立ち直ります。
きょうは書き過ぎました。
ごめんね。



Re: No title 

kentaさん

> たかさん、ごめんなさい。わたし、この曲大好きなの。リズムが変! こういうのに弱い。燃える。

いえいえ、好みは人それぞれですから。変拍子の曲でも私が好きな曲はありますよ。いろいろ書きすぎたとか気にしないでくださいね。

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【マーチング西関東と修学旅行まで重なってしまった】へ
  • 【教員であることのつらさ】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。