スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←銀のフルートに銀メッキをするのはどうして? →社会人バンドの練習も追い込みです!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

スクールバンド運営

やっぱりスクールバンドもいいなあ…。

 ←銀のフルートに銀メッキをするのはどうして? →社会人バンドの練習も追い込みです!
 先週末、私の職場の吹奏楽部が校内合宿をしました。2月の初めにある「予餞会」で演奏をするためです。2年生がいないので1年生だけで頑張っているのですが、引退した3年生や卒業生、さらに保護者の方もお手伝いにも来てくれて、すごくいい雰囲気の中での合宿でした。

 私は、「予餞会」で一緒にフルートを吹くことを依頼されました。宿泊はしないで昼間だけの練習参加でした。ここの吹奏楽部の子たちは明るくて素直です。高校一年生ですから、至らない所もありますし、あって当たり前ですが、本当に一生懸命です。楽しく練習に参加しました。練習が終わってから、子供たちが私の所に来て、明日は木管楽器の練習を見てほしいと言って来ました。私はこういうのに弱いんです。そのままOKしてしまいました。翌日は社会人の楽団の練習があるというのに…。

 翌日職場に行ったら、現顧問の先生お二人から全体の合奏を見てほしいと依頼されました。ここまで丁寧に依頼されるような人間ではないと思っているのですが、断るのも失礼なので、自分なりに一生懸命やらせていただくことにしました。約束は10時から12時までの2時間で、前半を基礎練習、後半を曲の合奏ということで、練習を始めました。

 こういうのをやり始めると、ついつい夢中になってしまいます。真綿が水を吸収するように、どんどん音が変わっていくので私も楽しくて、ついつい時間が延びてしまいました。初めて教えるので、話も長かったんですけどね。

 「何のために基礎練習をするのか」→「いい音を出すため」・「本番でいい演奏をするため」なので、

基礎練習の時は曲を演奏していると思ってやるんだよ

 と言いました。とたんに音が変わりました。音合わせだけで1時間を優に超えてしまいました。基礎練習が終わったのは12時近くになってからでした。一曲は合奏しようねと言って「世界にひとつだけの花」を合わせました。まず、注意したのが、曲になると急に吹き方が悪くなるので、基礎練習でやったのと同じ吹き方をしようということでした。

 曲を練習している時は基礎を意識しながらやるんだよ

 と言いました。曲の中では「主役」と「脇役」の役割の違いや、和音の中での自分の音の役割などを注意して、あっと言う間に時間が過ぎて12時40分に、合奏は終了しました。子供たちは2時間40分もの間、集中して合奏に取り組んでいました。時間の長さを感じさせない、いい雰囲気でした。しばらく眠っていたスクールバンドへの情熱が甦ってきそうです。


←よろしければクリックしてください。

関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【銀のフルートに銀メッキをするのはどうして?】へ
  • 【社会人バンドの練習も追い込みです!】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。