スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←フルート奏者・松原さんのライブに行ってきました →基礎基本の徹底が上達への近道
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

スクールバンド運営

今年のコンクールは…

 ←フルート奏者・松原さんのライブに行ってきました →基礎基本の徹底が上達への近道
3月20日の定期演奏会が終わり、一区切りがつきました。今年の吹奏楽コンクールとマーチングコンテストの曲の研究に只今没頭中です。どちらも一筋縄ではいかない曲ですが、とても良い曲だと思っています。私の曲選びの基準は「曲を聞いた時に生徒達の顔が思い浮かぶこと」です。年によっては、どんな曲を聞いても思い浮かばないことがありましたが、今年は思い浮かべることができました。

あとは、どうやって良い演奏ができるようにしていくかです。今年の吹奏楽コンクールは、いろいろ考えた挙句、昨年と同じBの部にエントリーすることにしました。私の基本的な考えは「部活動に一生懸命参加している生徒は全員で大会に臨む」です。30人までしか出られないBの部では、新二年生は10人ほどしか出られません。しかもパートの編成上、力量があっても出られない生徒もいるのです。しかし、こう考えることにしました。

今までの本校の流れから言って、今年いきなりAの部に参加するのは難しい。今年の三年生は20人程なので、三年生はBの部であっても、基本的に全員コンクールに出られる。私は去年赴任したとはいうものの、コンクールで指揮したわけではない。三年生と私の「最初で最後の夏」である。ならば、少しでも長く一緒に部活動をやりたい。

そう考えました。コンクールに出られなかった二年生や今度入部してくる一年生とは、マーチングコンテストで一緒にやれますしね。どんな曲目を選んだのかは、大会へのエントリーが終わった後で公にできると思います。まずは、夏の大会の前に、いくつかの本番があります。5月には「マーチングオンステージ」、6月には「吹奏楽研究発表会」と「ディズニーミュージックフェスティバルプログラム」がある予定です。ディズニーへのオーディション申し込みは済ませました。なんとか合格してほしいなあ…。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【フルート奏者・松原さんのライブに行ってきました】へ
  • 【基礎基本の徹底が上達への近道】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。