スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←メッキは剥がれやすい? →銀のフルートに銀メッキをするのはどうして?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート全般

フルートは何吹いても同じ?

 ←メッキは剥がれやすい? →銀のフルートに銀メッキをするのはどうして?
 何気なく、あるメーカーから発行された機関紙のようなものを見ていたら、あるプロの方がこう書いていました。「良いフルートを最初から吹いた方が上手になるから、最初から総銀製のハンドメイドフルートを買った方がよい」ところが、同じ機関紙の別の欄で、違うプロの方が「音大にいくのでなければ、総銀のハンドメイドフルートでなくてもいいかも」のようなことを書いていました。

 正反対じゃん!

 どのように考えたらいいのでしょうか?困るのは、どちらの考え方が正しくて、どちらの考え方が間違っていると言いきれないのです。フルート愛好者もいろいろな考え方を持っていらっしゃいますから。結局、自分の気に入ったフルートを買えばいいんですが、買った後で後悔するのは避けたいですね。

 フルートを購入する際に考えることは、自分の実力と予算の兼ね合いでしょう。安価なものは初心者向きで、高価なものが上級者向き、というのが管楽器の一般的な傾向です。高価なものの方が作りは良いですから、所有する喜びは大きいでしょう。その場合は、楽器が吹きこなせなくても後悔しないか、ということがカギになると思います。安価なものは、自分のフルートの作りにすぐ飽きて、もっといいのを買っておけば良かったと、後悔することはないかということがカギになります。

 マイフルートを買うチャンスは、一回しかないのかを考えてみるといいのではないかと思います。もし、一回しかないのなら、ど~んと高価なものを買ってもいいかもしれません。でも、

 自分に合ったフルートを見つけるのは難しい

と思います。最初に買ったフルートが大正解だったという人は、そうはいないのではないかと思います。特に上手になりたいと思うと、自分のフルート以外のフルートにも興味を持つ人が多いのではないでしょうか。フルートに興味を持って上手になりたいと思えば、

 自分に合ったフルート探し

をするようになると思います。私は、ある程度フルートが吹けるようになって、フルートのことがある程度分かってから、「自分に合ったフルート探し」をした方がいいと思ってます。プロを目指して音大に行こうと考える人は、ハンドメイドクラスの楽器が吹きこなせなければプロとして通用しないでしょうから、最初からハンドメイドを買ってもいいと思います。でも趣味で楽しもうというアマチュアで、それをやるとフルートを吹くのが苦しいかもしれません。フルートの扱い方がよくわからないうちに、扱いのデリケートなハンドメイドを買って、よく故障させてしまったりすることもあります。

 端的に言うと、吹きこなすのが難しいハンドメイドを買って吹きこなせるようにがんばるか、吹けるようになったご褒美でハンドメイドを買って、さらに上達を目指すか、という基準になると思います。私の以前のブログにも書きましたが、フルートを二本所有することを前提にすれば、最初は頭部管銀クラスのフルートを買って、それからハンドメイドのフルートを買った方がいいと私は思います。

←よろしければクリックしてください。

関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【メッキは剥がれやすい?】へ
  • 【銀のフルートに銀メッキをするのはどうして?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。