スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←フルートアンサンブルに特殊管を入れると →フルートの調整はピアノの調律みたいなもの
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

マーチング

マーチングの基礎も「音」です

 ←フルートアンサンブルに特殊管を入れると →フルートの調整はピアノの調律みたいなもの
高校のマーチングバンドの活動を追ったテレビ番組を見ました。私は本来、こういう番組を見るのは好きではありません。ですが、マーチングは今の学校に赴任して初めて体験したので、少しでも参考になるものがあれば、と思って見てみました。

マーチングは広いフィールドの中を「動き」ながら「演奏」するものです。当然のことながら、コンテストでは「動き(ドリル)」の良し悪しが、評価のポイントになります。そこで、番組に出ていたある学校では、ドリルの練習を「前倒し」で始めることにしました。これ自体は悪くないアイデアだと思うのですが、実際は裏目に出てしまいました。ドリルの練習に時間を取られて、音と音楽が良くならなかったのです。

私も今年の夏、同じような経験をしましたが、音と音楽が良くないと、「動き」も良くはならないのです。「動き」だけの練習をしている時はともかく、楽器を持って演奏しながらだと、途端に動きまで悪くなってしまいます。それに気付いて、楽器の基礎練習に力を入れても、メンバーのモチベーションが上がりません。「基礎練習はツマラナイ」というわけです。いくら練習しても「やらされている練習」では上手になりません。大会が近付いて、それから慌てても「時すでに遅し」

マーチングもまずは「音」が基本です。そして、基礎練習に真摯に取り組むことが最も重要です。そんなことを改めて感じさせられました。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

記事と関係ない話ですが・・・ 

たかさん お久しぶりです。

今日、パールフルートの試奏会&調整会でたかさんの話題に度々出てこられる"エプロンおじさん"に会えました♪
ずっとブログを拝見しながら、お会いしてみたいなぁって思ってたんです。


エプロンおじさんっていらっしゃいますか?と尋ねると一斉に指さしで教えて頂き、有名人ですね~って皆さんで笑ってらっしゃいました。

私の楽器は別の方にみていただきましたが、その隣でエプロンおじさんは鼻歌交じりで楽しそうに調整されていましたよ(*^_^*)

東京ギャラリーから工場の方へ異動になられたそうでたかさんも寂しいんじゃないでしょうか?
私は是非大阪へとお願いしてみましたが断られちゃいました(>_<)

Re: 記事と関係ない話ですが・・・ 

春さん

お久しぶりです。春さんのブログは時々お邪魔してますが、最近は忙しくてコメントもできず、すみません。

そうですか。エプロンおじさんにお会いしましたか。先週、私のマエスタの調整をお願いした時に、東京のギャラリーから本社に異動なさることを、ご本人から聞きました。そのことは明日(12/10)の記事にアップしようと思ってました。私のブログのことは、パールのスタッフさんの中でも有名なようです(笑)。先週も「エプロンおじさんって、どなたですか?」ってあちこちで尋ねられると言ってました。

本社に異動なさった後も、全国で行われる調整会には出張なさるんじゃないでしょうか。今までも札幌から沖縄まで出張なさっていたようですし。

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【フルートアンサンブルに特殊管を入れると】へ
  • 【フルートの調整はピアノの調律みたいなもの】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。