スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←マーチングの基礎も「音」です →フルート三重奏でも県代表になれるんだな
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート総論

フルートの調整はピアノの調律みたいなもの

 ←マーチングの基礎も「音」です →フルート三重奏でも県代表になれるんだな
マエスタの調整をしに、上野のパールフルートギャラリーに行ってきました。マエスタが私のところに来て丸三年経ちました。昨年、一昨年に録音したものを聞くと、新品の時にあった不安定さは、すっかり消えて、とても安定した音になっています。自分で吹いていて、特に不満はなかったのですが、とりあえず前回の調整から1年経過したので、ギャラリーのエプロンおじさんに見てもらおうと思ったわけです。

予約した時間は午後2時だったのですが、1時過ぎにギャラリーに着いて楽器を預けて、上野の博物館に行きました。本当は「ツタンカーメン展」を見たかったのですが、この日は平日だったのに「待ち」がある上、料金の高いこと!ヒマつぶしには高すぎると思ったので、国立博物館にしたわけです。去年と一緒のパターンでした。

たっぷり、のんびりと展示物を眺めて、午後5時過ぎにギャラリーに戻りました。戻ってみると、エプロンおじさんは、私のマエスタの最終調整をやっていました。たぶん3時間くらいは時間をかけてやってくださったのだと思います。試し吹きをすると、高音域の音質が以前よりもさらに均一になった上、ピアノとフォルテのコントロールもやり易くなっていました。さらに低音域のピッチが、以前よりもぶら下がらなくなっていました。

 「ううむ、すごい…」

なんといっても、フルートの方で勝手に上手に吹いてくれるんです。自分の腕が上がったのかと勘違いしてしまうくらいでした。自分でかなりヘタクソに吹いてみても、吹くのが楽しかったですねえ。私の家にあるピアノもこの時期に調律をお願いしているのですが、やはり調律後は音が違います。それと同じようなことを、マエスタからも感じました。もともと、そんなに調子が悪くはなかったので、調整に時間はかからないだろうと思っていましたが、エプロンおじさん、渾身の調整をしてくださったようです。

これからも、マエスタの調整はエプロンおじさんにお願いしようと思っていたら、衝撃的事実を知らされました。

「たかさんのブログのおかげで、エプロンおじさんとして、私もすっかり有名になっちゃったよ。でもさ、もうすぐ、本社に異動になっちゃうんだ」

 あらら、それは何と言って良いやら…。ご栄転でよろしいんですよね。私が自分のフルートを探していた時に初めてお会いしてから、いろいろとお世話になりました。今度から私のマエスタは本社に持って行くようにします。その時はよろしくお願いします。あ、でも近くに何もないからヒマつぶしが出来ないか・・・。

関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

No title 

今年はパールの展示会&調整会がなく、とても残念でした(涙)
札幌の老舗楽器店も閉店が決まり、これから笛の調整はどうしたものかと頭を悩ませています・・・
本店ってどこですか(笑)??
私も行ってみたいですね~

Re: No title 

シラスマさん

札幌ではパールの調整会がなくなってしまったんですね。どこか調整をしてもらえる楽器店もないのですか?札幌だとフルートだけじゃなくて吹奏楽器のニーズはありそうなものですが・・・。

パールの本社は千葉県八千代市にあります。http://www.pearlgakki.com/company.html

私のところからだと国道16号線をひたすら走るんですが、羽田空港からだと、ちょっと遠いですね・・・。

No title 

昨日はフライングしてしまい、すみません・・・m(__)m

たかさんはエプロンおじさんの異動先へも通えるんですか? いいですねぇ。
引き続きお二人のやり取りの記事が読めると思うと嬉しいです。

すっかり有名人のエプロンおじさんですが、元を辿ればたかさんファンが沢山いらっしゃるってことですよね。
これからも楽しく読ませてもらいますi-185

Re: No title 

春さん

> 昨日はフライングしてしまい、すみません・・・m(__)m

そんな、謝るようなことではありません。この記事を先週アップしても良かったんですが、12/10に異動だとお話しを伺ったので、異動なさった日に記事をアップした方がいいかなと思っただけです。12/9に大阪の調整会での春さんとパールのスタッフさんのやり取りをコメントいただいて嬉しかったです。エプロンおじさんには、本社に行けば会えるとは思うのですが、今までみたいに気軽に行けなくなるかもしれませんねー。最近、フルート関係の記事が少なめですが、これからもどうぞよろしくお願いします。


No title 

たかさん こんにちは

楽器の調整で新品のときより音が良くなったという体験をされたようで、僕も何度も同じような体験をしています。

フルートの値段のかなりの多くの部分が、調整にどれだけ時間をかけるかによって決まる。

見たいな記事をどこかで読んだことがあります。

フルートはモデルによって最初から値段が決められているので、値段によってどれだけ調整に時間が掛けられるかがある程度決まってくるようです。

なので、高価なフルートが良い音が出るのは金属の違いや基本形状だけではないようです。

同じモデルのフルートでも最終段階での調整を誰がやったとか、どれだけ時間をかけたかでだいぶ変わるみたいです。

なので、新品のフルートを買った時、すぐに腕のいい修理屋さんで、調整してもらうとたいていの場合、新品の状態よりいい音がでるようになるそうです。

実際高価なハンドメードクラスになると、新品の状態で何度か調整に出す値段が含まれているようです。

つまり、新品の状態では調整が完璧で無い場合が多く長くても半年以内に再調整することをメーカー側は予期しているようです。

僕が持っているヤマハはもうかなり古いのですが、いまだに調整に出すたびに新品のとき以上に音が良くなって帰ってきます。

キズも無くなりピカピカです。


新しく買ったパウエルは半年でパッドが駄目になりました。


これだったら最初から中古品を買えばよかったと思うくらいです。

フルートの調整って本当に大事だと思います。

でも下手な修理屋さんに出すと逆効果になってしまうので気を付けないといけないですね。

フルート吹きにとって、気持ちの通じる上手い修理屋さんを見つけることはある意味楽器選び以上にとても大事なことだと思っています。

Re: No title 

リオさん

コメントありがとうございます。

そうなんですよね。フルートの良し悪しを決める最大の決め手が「調整」なのかもしれません。たいていの調整は管の内部から光を当てて、ちゃんと閉じているかどうかというレベルだと思います。これは量産品の調整レベルでしょう。実際に量産品だと、そんなに時間をかけて調整してもあまり良くはならないようです。それに8万円くらいのフルートに6万円分の調整をしても仕方がないですものね。

問題はリオさんのおっしゃる通り、気持ちの通じる上手い修理屋さんを見つけられるかどうかですよね。

No title 

ウォルフガング・シュルツさん(オーストリアのフルート奏者)が28日、ウィーンで死去、67歳。

No title 

人間いずれは、何ですが。
お弟子さんのフォーグルマイヤーさんもなくなりましたからねえ。

Re: No title 

kentaさん

コメントいただき感謝します。ご冥福をお祈りするばかりです。

No title 

神戸国際を聴いてまいりました。
ハッチンスさんがおられ、ミーハーな気分になりました。
演奏はもちろん良かったです。
クーラウが頭についてはなれない、次の日でした。

Re: No title 

kentaさん

> 神戸国際を聴いてまいりました。

おお、そうですか!それはそれは有意義でしたね~。私のところからだと、神戸は遠すぎて、なかなか気楽に行けません…。

No title 

神戸ははじめていきました。
いい緊張感でよかったですよ。クーラウは練習してみます。

パールの方、いい人が多いですよねえ。
大阪の方もいい人で神戸でいろいろお話していただきました。
楽器選ぶとき、パールなかったんですね。笑
何件か楽器屋さんいきましたが、どうもアルタスだけ残り今の子に来ていただきました。
まあ、結局アルタスを選んだんでしょうが。
買ってからマエスタ知りました。
どっちも好きです。あと、メルヴェイユかな。
これもご縁ですね。

Re: No title 

kentaさん

> パールの方、いい人が多いですよねえ。

ああ、それは私も感じました。商売っ気があまりないんですよね。他のメーカーの方が悪いというわけではないんですけど、自メーカーの楽器にやたらと自信を持っていたり、他メーカーをけなしていたり…、それもセールストークのひとつではあるのでしょうが、私にはちょっと違和感がありました。

> 何件か楽器屋さんいきましたが、どうもアルタスだけ残り今の子に来ていただきました。

アルタスもいい楽器だと思います。私もアルタス、20年使ってましたから。マエスタにしたのは、少し違う音色を求めたからなんです。でも買った当初はアルタスと同じ音色がして、びっくりしたことがありました。頭の中にアルタスの音色が、こびりついていたんですね。今はアルタスとは違う音色を出せていると思います。でもアルタスを吹いても、今の音色と同じだったりして(笑) そうなってしまうと、新しい楽器が欲しいと思わなくなってしまいます。だって何を吹いても同じ音色なんですもん。まあ、財布にはやさしいですけど(爆)

No title 

たかさん、びっくりですよお。
アルタス、値段がかなりあがってしまったわ。
この値段では今の子、買わなかったな。笑
楽器って縁ですねえ。(円ともいいますが…)
パールさんは縁がほんとうになくて、パールの人に申し訳なくなるの。
いい楽器なんですけどねえ。

Re: No title 

kentaさん

はい、新価格を見ました。すごいですねえ。どういう意図で値上げしたのかなあ。日本のフルートメーカー(一部のメーカーを除く)は、材料の銀を同一の会社から買い入れているので、原材料費は変わらないはずです。それだけ自社製品に自信があるということなんでしょうけど、あまりにも高いとアマチュアには手が出なくなりますよね。

No title 

ですねえ。どうなんでしょう?
時代考えると、そう景気もよくないはずで。

No title 

kentaさん

まあ、アルタス社の経営に口をはさんでも仕方がないんですけど、高級ブランド化を図っているんじゃないでしょうか。それもひとつの考え方でしょうね。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle 

カギコメさん

コメントありがとうございます。ご質問の件ですが、直接、工場の方に連絡を取って、調整をお願いしてみたら如何でしょう。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【マーチングの基礎も「音」です】へ
  • 【フルート三重奏でも県代表になれるんだな】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。