スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←指揮者と奏者の関係 →マーチングコンテスト金賞!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

吹奏楽全般

吹奏楽部の夏は終わらない…

 ←指揮者と奏者の関係 →マーチングコンテスト金賞!
ひさしぶりの更新となってしまいました。吹奏楽部の一大イベントは、夏の吹奏楽コンクールです。でも、上位大会は秋の始めに行われますし、全国大会は秋の終わりに開催されます。高校野球の夏の大会は7月に地区大会が始まり、8月の終わりには全国大会が終わります。吹奏楽の場合、上位大会に進んだ学校にとってみると、夏は終わらないわけです。

私の学校は今年の夏、ありがたいことに県代表となり、西関東大会で演奏させてもらえることとなりました。また、マーチングコンテストの県大会はこれからですが、11月の関東大会に進むことが出来れば、やはり夏は終わらないわけです。驚くのは、吹奏楽コンクールの西関東大会から、マーチングコンテストの県大会まで中4日しかないことです!非常にタイトな日程の中、生徒達は一生懸命練習しています。

しかし、いつも気になっているのは、こうした練習を通して「生徒達が人間的に成長していっているか」ということです。吹奏楽部にとっての目標は「大会で良い演奏をすること」であって、「上の大会に進むこと」ではないはずです。「上の大会に進む」のは、「結果」であって、「目標」ではないと私は思うのです。これを取り違えると、上の大会に進めなければ『負け』となり、負けたら今までの努力はすべてムダ、と考えてしまう生徒が増えてしまいます。

そうではないのです。高校野球だって、ほとんどの学校は「負け」て、大会を終えるのです。負けても大事なものを得られるから、一生懸命、練習しているのだと思います。私は、高校時代、吹奏楽コンクールで金賞をいただいたことよりも、合宿で先輩方や仲間達と一生懸命練習したことの方が、思い出に残っています。今の学校でも、そうあってほしいなと願っています。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【指揮者と奏者の関係】へ
  • 【マーチングコンテスト金賞!】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。