スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←マーチングの合奏は難しい! →管楽器は入口と出口が肝心です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート全般

フットフォン試し吹きしました!

 ←マーチングの合奏は難しい! →管楽器は入口と出口が肝心です
ヤマノフルートワールドで見かけたアイハラフルート製の「フットフォン」を試奏しました。フットフォンとはこれです。写真だとわかりにくいのですが、銀にピンクゴールドメッキがしてあります。
CA1HKVSE.jpg
フルートワールドで試奏したものは、銀無垢のものでした。私のマエスタに付けて吹いてみると、高音域の音程がより安定し、中音域の音のまとまりが向上した感じです。でも私のマエスタだと低音域の鳴りが今一歩でした。金メッキのものの方が良いのではないかと思って、アイハラフルートに金メッキのフットフォンをオーダーしたのでした。

さて、私の元に届いたフットフォンは先に述べましたように、ピンクゴールドでした。これは正直意外でした。私のマエスタに合わせてみたのがこの写真です。金色にピンク色の取り合わせは斬新と言えば斬新ですが…(笑)
CAGHQNGO.jpg
もうひとつ、私のアルタスにも付けてみました。こちらはH足部管です。アイハラフルートのスタッフの方に「H管とは相性が悪いかも」と言われたので、これも試してみようと考えました。こちらは「金・銀・銅」の色の取り合わせで、何ともカラフルでした(笑)
CAJ4PW2B.jpg
さて、この二本のフルートにフットフォンを付けたり外したりして、一時間ほど吹いてみました。以下はその感想ですが、これはあくまでも私個人の感想です。人によっては違う感想を持たれる方もいらっしゃると思いますので、あくまでご参考までにということで、お読みください。

マエスタにフットフォンを付けて吹いてみると、フルートワールドで試奏した時と同じ感想を持ちました。銀無垢より金メッキの方が低音域の響きが強化されたようで、低音域もさらに良く鳴りました。H足部管のフルートはC足部管のフルートに比べて、高音域の音程が安定して音色が落ち着く傾向があるのですが、どうも、そんな感じです。それではと、H管のアルタスに付けてみると…、ううむ、あまり変わらないなあというのが率直な感想です。

フットフォンはやはりC管のフルートに効果が高いと思いました。

ここでちょっと腹圧を落として吹いてみました。すると、フットフォン無しの時よりも音色が暗くなり響かなくなりました。腹圧の弱い人には向かないのかもしれません。腹圧を上げ、フットフォン無しで音出しをしていると、フットフォンを付けていた時と同じような音がするようになりました。金メッキの管体は鳴るようになるのに、時間がちょっとかかります。きちんと息を纏めてポイントに当てないといけないのです。この感覚を思い出すのに時間がかかるのです。

フットフォンは腹圧が強くて息を纏めにくい奏者に向いていると思いました。一発勝負のコンクールなどでは有効かもしれないと思いました。そこで、吹奏楽コンクールでフルートソロを吹いた子に、このフットフォンを付けて吹いてもらうと、ううむ、なかなか良い感じです。高音3Bの音程が付けない時よりも、かなり安定しました。ご本人も気に入った様子です。もっとも一番気に入ったのは、色がピンクだったことのようです(笑)




関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

自分も試しました。 

初めまして。
一生懸命過去記事読んでる、ぼー@フルート初心者おじさんです。
前回のフットフォンの記事を見て山野楽器に注文、本日行ってきました。銀製のものが2つ届いており、微妙に径を変えて発注してあるとのことで自分のフルート(パールマエスタPF9701 CC)にはどちらも装着可能でしたが、入る深さが少し違っていました。
自分はこの手のギミックは基本的に信じていないのですが、これは初心者の自分にもはっきり分かりました。特に高音部3A,3Bあたりが安定してでました。

で、ふと考えたのですが、低音増強、高音安定の効果と、H管にほぼ無効…って、C管にH管の効果を付加した感じなのですかね?最低音で音程が下がらないようにベル形状にして。
あと、浅くはまる=長く出る方が低音部が響きやすい印象でした。金は試しませんでした。

自分的には十分アリなアイテムだと思いました。
ま、その前に腕を磨かなきゃなんですが、良い音色だと練習にも気合いが入るので、その点でもアリな気がします(笑)

色々な記事、楽しみにしています。多忙だと思いますが、体に気をつけて頑張って下さい♪

Re: 自分も試しました。 

ぼーさん

初めまして。

> 自分はこの手のギミックは基本的に信じていないのですが、これは初心者の自分にもはっきり分かりました。> で、ふと考えたのですが、低音増強、高音安定の効果と、H管にほぼ無効…って、C管にH管の効果を付加した感じなのですかね?最低音で音程が下がらないようにベル形状にして。

おっしゃる通りだと思います。私はクラリネットのベルに関しても、ちょっとした実験をしたことがありまして、それとほぼ共通する結果でした。これについては、新たに記事を書こうと思ってます。

過去記事を愛読してくださり感謝いたします。体に気をつけながら、記事を書いていきますので、これからもよろしくお願いします。


また、この記事中にある「フルートスピード」も購入しました。こちらも似たような効果があるのですが、じっくり研究してみようと思っています。

私も試しましたが・・・・・・ 

昨日はありがとうございました。
ヤマノ・フルートワールド、私も初日の夜に行きまして、やはりアイハラフルートのフットフォンを試しました。ただし自分のフルートを持っていったわけではなく、陳列されているフルートで試したのですが。
残念ながら、私には違いがよく分からなかったです。そのときによって、フルートの個体差がすごくよく分かるときと、全然分からないときがあって、このときは後者だったようです。

ただ、アイハラフルートの夜光貝のリッププレートは心が動きました。よく鳴るし、すごくいい音色の頭部管だな、と。

はじめて見ました。 

かわったものがあるんですね(*^^*)
わたしは腹圧力が弱いから向いてないかもです。
なかなか息が続かないんで悩んでます…。
フルートって難しい…

Re: 私も試しましたが・・・・・・ 

inti-solさん

昨日はお疲れ様でした。素晴らしい演奏でしたよ。

アイハラフルートのフットフォンは、人によって効果の感じ方に違いがあるんじゃないでしょうか。いつも吹いている自分のフルートでないと、その違いがわかりにくいのかもしれません。アイハラフルートのさまざまなリッププレートの頭部管は、以前試しましたが、音色の違いが歴然としていて面白いです。これも人によって変わらないという人もいるでしょうけど・・・。

Re: はじめて見ました。 

さなりんさん

> わたしは腹圧力が弱いから向いてないかもです。

これも試してみないとわかりませんよ。私のマエスタは元々腹圧が弱いと鳴らないので、それがフットフォンによって増幅されたかもしれません。いろんな生徒に試してもらおうと考えています。

ブレスを鍛えるにはこんな器具もありますよ。
http://www.breathbuilder.jp/breathbuilder/whatisbreathbuilder

 

たかさん
C管のフルートに効果が高い・・・との言葉にぐらっときてしまいました。(笑)
そしてフルートスピードも購入されたとのコメントにさらにぐぐぐっときました。(汗;)
研究報告を楽しみにしています。
そして、その報告を参考に気まぐれPSとの付き合いの中で使用するかどうかを考えます。

>もっとも一番気に入ったのは、色がピンクだったことのようです(笑)

これはよくわかります!!
moyu年齢になっても、見た目は大事な要素ですv-345

Re: タイトルなし 

moyuさん

> C管のフルートに効果が高い・・・との言葉にぐらっときてしまいました。(笑)

そうなんです。フットフォンはアイハラフルートのスタッフさんも、そうおっしゃっていましたから多分そうだと思います。あとは本体との材質の相性があるかも知れません。PSの銀は硬い銀ですから、普通の925の銀は合うかなあと思ってます。これも吹いてみないとわかりませんが・・・。

> そしてフルートスピードも購入されたとのコメントにさらにぐぐぐっときました。(汗;)

フルートスピードも面白いアイテムですね。こちらもフットフォンと同じような効果を感じました。ただ、吹いた所(銀座ヤマハの試奏室)の影響かもしれませんが、フットフォンよりも「遠鳴り」しないような気がしました。これも要研究ですね。

> 研究報告を楽しみにしています。
> そして、その報告を参考に気まぐれPSとの付き合いの中で使用するかどうかを考えます。

私のアルタスにフルートスピードを付けて吹いてみますね。H管だとだめかなあ・・・。ある楽器店のHPによると、フルートスピードは頭部管銀の洋銀モデルと相性が抜群だそうです。これが本当なら高校生にはピッタリですね。やっぱりピンクゴールドが一番人気だったりして(笑)

 

ブレスビルダー注文してみました。シェイプアップにもなるそうです。
なかなか、長いフレーズにもなると息が続かなくて…アンブシュアのせいもありますが…

Re: タイトルなし 

さなりんさん

ブレスに関しては、良くなるのに時間がかかりますから、あせらずじっくり取り組んでくださいね。フルートは「鳴るポイント」があって、初心者のうちだと、そのポイントに当たらず、なかなか音が出ないことがありますよね。初心者を脱すると音は出るのですが、音色が今一歩だったり、響きが弱かったりします。それでついつい、息をたくさん入れて鳴らそうとするのですが、息をそんなに入れなくても鳴る「スイートスポット」みたいなところがあるんです。これを意識しながら吹いてみると、そのうちに「そんなに息を入れてないのに、こんなに鳴るの!」という時があると思います。それを見つけられるようにがんばってください。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【マーチングの合奏は難しい!】へ
  • 【管楽器は入口と出口が肝心です】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。