スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ヤマノフルートワールド2012 →フットフォン試し吹きしました!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

マーチング

マーチングの合奏は難しい!

 ←ヤマノフルートワールド2012 →フットフォン試し吹きしました!
 気が付くと一週間ぶりの更新になってしまいました。吹奏楽コンクールの方で、県代表になった直後に3泊4日の日程で、私は吹奏楽部の合宿に行ってました。すごい日程ですが、8月下旬には「マーチングコンテスト」があるので、そちらの練習もしなくてはいけないのです。

 私は今まで「マーチング」をやってきませんでした。やってみると想像以上に難しいのです。「マーチングコンテストは体育館の床に30m×30mの線を引き、そのサイズの中で音楽を演奏しながら、動きます。ですから、指揮者はいるものの、普通のコンサートバンドのように奏者の近くには指揮者はいません。一番近くても5m位先です。場合によっては30m近く離れてしまいます。当然のことながら、音の出を揃えるのは至難の技です。

 なぜかというと、音が伝わる速さは秒速320mほどです。32m先の音は0.1秒後に届きます。これは四分音符=144のテンポだと、16分音符一個分の長さです。これだけズレると感覚がおかしくなります。もちろん体育館全体に音楽が響かなければいけないわけですから、音の出(アインザッツ)をどう合わせるかが苦心のしどころです。何しろ音を聞いていたんでは、ズレてしまいます。各自、共通のテンポ感覚を持って音を出すしかありません。もちろん指揮者も音楽を聴いていたのでは、指揮が遅れてしまうわけです。

 合宿中は、これをひたすら練習してました。子ども達はよくがんばっていましたが、さて本番ではどうなるか…。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

頑張られてますね~! 

こんばんは!
お久しぶりです~(*^▽^*)

コンクールシーズンまっただ中ですね♪
マーチングコンテストの練習もされているんですね
ご指導、ほんとうにご苦労様です

オーケストラ、吹奏楽、そしてマーチング
それぞれ音の出し方が全く違うんですね
楽器を使ってうたうこと
表現すること
マーチングは動きながらの演奏
体力も必須ですね
子供達、よく頑張ってますよね

本番、頑張ってくださいね~!!

Re: 頑張られてますね~! 

ゆうさん

おひさしぶりです!コメントありがとうございます。

いやあ、突然今までにないくらい忙しくなってしまいました。
子ども達は本当によくがんばっています。この努力が報われるように
私も一生懸命がんばります。

No title 

わたしもマーチングやっていました。
とっても大変ですよね!しかし、感動と達成感はどのスポーツよりも大きいです。本番がんばってください!!

Re: No title 

かんなさん

不思議ですねえ…。私の身近にも同じ名前の人がいますよ。いい名前ですよね。

マーチングは、演奏・演技を仕上げるのが、とても大変ですよね。ご紹介したVTRもそうですけど、それを乗り越えた時は、とても感動します。がんばりましょう!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ヤマノフルートワールド2012】へ
  • 【フットフォン試し吹きしました!】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。