スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←どの楽器を本番で使うか、それが問題だ。 →H管とC管、どっちがいい?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・奏法

新・フルートは内吹きがお得?

 ←どの楽器を本番で使うか、それが問題だ。 →H管とC管、どっちがいい?
 「フルートは内吹きがお得?」というのは、旧ブログで一度書いたテーマなんですが、今回は違う切り口で書きたいと思います。内吹きとか外吹きとか、どんなことを言うのかというと、唇にフルートの歌口を当てる角度のことを言います。楽器本体の角度を変えなければ、胴部管に頭部管どう挿しこむかで内か外かが決まります。

 胴部管のキーカップの中心線と、頭部管の歌口の中心線が一致する角度が標準です。
P1010601.jpg
 ヤマハのスタンダードシリーズは胴部管の接続管の所に△印がついています。これが胴部管の中心線です。頭部管はヤマハの音叉マークが歌口の中心線になっています。写真で見た時にわかりやすいように肌色のテープを貼っておきました。

 外向きにすると、こうなります。
P1010605.jpg
 外向きにすると、音色が明るく響きも豊かになります。その反面ピッチが高めで音程のコントロールがやりにくくなる傾向にあるようです。(当社比)

 内向きにすると、こうなります。
P1010604.jpg

 内向きにした場合の傾向は、外向きの場合と逆で、音色や響きは落ち着いたものになります。唇と歌口の距離も近くなるので、音程のコントロールはやりやすくなります。(これも当社比)

 ところが、これは楽器本体と腕の角度でも変わってしまいます。標準の腕の角度をこれだとすると、
P1010602.jpg

 こう変えるだけで、頭部管の角度を内向きにしても、外吹きに変わってしまいます。
P1010603.jpg
 この写真と腕の角度を逆にすると内吹きになってしまいますね。

 この二つの要素(頭部管の角度と腕の角度)の他に、下顎をどのくらい出すかでも音の傾向が変わります。下顎を引けば内向きと同じ傾向が現れ、下顎を出せば外向きと同じ傾向が現れるようです。簡単に言うと息の向きが上向きになるか下向きになるかの違いだと思います。(これもまた当社比)

 一般的には標準の角度で練習して、ある程度慣れてから自分に合った角度を探すべきだと思いますが、その時に内吹きか外吹きかで、流派が分かれるようです。私は長いこと外吹き派でしたが、今は標準か、やや内吹きになっています。この方が音程をコントロールしやすいと私は思っています。

 新しく買ったパールマエスタですが、試奏の時に感じたのは「外吹きフルートだな」と思いました。しかし、音程のコントロールは、少しだけ内向きにしてやると、すごくやりやすくなりました。音色や響きはそれほど悪くなりませんでしたから、私とこのフルートにとって、この吹き方がいいのかなと今は思ってます。

←よろしければクリックしてください。

関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

角度 

こんにちは。
お邪魔いたします。
私は最初キーの真ん中に頭部管をもってきてたのですが
最近は内向きに吹いていることが多いです。
特にアンサンブルの時は音色重視なので
かなり内になりますが
オケで吹くときは音量も必要なので少し内向きです。
その時の体調なんかで角度が変わるかな~ってのが
個人的な意見です。

Re: 角度 

さかまさん

 こんにちは。コメントありがとうございます。

 そうですか、さかまさんはちょっと内向きなんですね。そうすると私とほぼ同じかな。私は主に吹奏楽で吹いてますので、音量が欲しい時は外向きに吹くこともあります。(しかも無意識に、そうしていることが多いです)そのあたりはちょっと違いますか。

 確かに体調や、どういう音が欲しいかによっても変わるかもしれませんね。

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【どの楽器を本番で使うか、それが問題だ。】へ
  • 【H管とC管、どっちがいい?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。