スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←「吹奏楽の風」60万アクセスを超えました! →フルート初心者に出させる最初の音は何?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

吹奏楽全般

サックスの選定に立ち会いました

 ←「吹奏楽の風」60万アクセスを超えました! →フルート初心者に出させる最初の音は何?
私が指導している吹奏楽部のサックスの講師の先生は、日本のあちらこちらで演奏活動をしているバリバリのプレイヤーです。この日はその合間を縫って、生徒の個人所有のアルトサックスを選定していただきました。聞けば、前日はあるプロオーケストラと仕事をしていらしたとのこと。管弦楽でサックスを使う曲は限られていますので、そういう曲の演奏会に呼ばれたそうです。

その先生と午後一時半に待ち合わせをして楽器店に行きました。その楽器店には事前に連絡をしてありましたので、すでに試奏の準備はバッチリでした。私はクラリネットやサックスのシングルリードの楽器を選ぶ時には、マウスピースとリガチャーも一緒に選定してもらうようにしています。場合によっては、マウスピースとリガチャーだけでも、ずいぶん音が違うんですよ。シングルリードの楽器だとマウスピースは、良いものは誰が吹いても良いことが多いのです。リガチャーは好みがありますが、それでもマウスピースとの相性など、プロでなければわからないことも多いので、プロにお任せした方が失敗は少ないと思います。もっともプロなら誰でも良いというわけではありませんが…。

さて、まずはその先生が使っているマウスピースとリガチャーで楽器本体の選定から入りました。聞かせていただくと、同じメーカーの同じグレードの楽器なんですが、微妙に音色と音程のクセが違います。このあたりはやっぱりフルートと一緒ですね。それでもハズレの楽器はなく、どれを選んでも失敗はないと思いました。その中で、吹き込んでも音が開いてしまわない(このあたりの表現は難しいのですが、クラシック向きの音とお考えください)楽器で、鳴らすのに重たくないもの(楽器の購入希望者は女の子ですので)を選んでもらいました。

そして、次はその楽器に合いそうなマウスピースとリガチャーを選んでもらいました。マウスピースは全部で十二本ほどありました。私が聞いていた限りでは「これは良いな」と思えるマウスピースは二本でした。先生も同意見でした。自分の耳が合っていたので、ちょっと嬉しかったです。そんなこんなで二時間かけて、アルトサックスとマウスピース・リガチャーを選んでいただきました。あとは生徒ががんばって練習するだけです。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

「...その中で、吹き込んでも音が開いてしまわない
(このあたりの表現は難しいのですが、クラシック向き
 の音とお考えください)」

たかさん、分かりますよ。
吹き込んでも音が開かない、
すなわちクラシック向きの音と...
実に端的な表現であり、たかさんは語彙が豊かですね。

選ばれた二本のマウス・ピースも
先生と同意見だった由、
さすがです。

「あとは生徒ががんばって練習するだけです」
という結びも何か愉快でした。

Re: タイトルなし 

MYさん

音って言葉で表現するのは難しいです。おわかりいただきありがとうございます。サックスの音はクラシック系の音とジャズ系の音は全然違います。なにしろ使うマウスピースまで違いますから。どちらの音がいいとか悪いとかの問題ではなく、演奏する音楽に合う音の出る楽器を選んだわけです。

面白いのは楽器自体にクラシック仕様とかジャズ仕様とかの区別はないんですが、ジャズをやっている人のところに行った楽器は、ジャズ用の音がします。以前にジャズをやっていた人から譲ってもらったサックス(中古でもプレミアが付くくらいの名器)は、マウスピースをクラシック用に変えても、ジャズの音がしました。奏者が楽器を育てたといえるでしょうね。

> 「あとは生徒ががんばって練習するだけです」
> という結びも何か愉快でした。

上の例とは反対で「いい楽器は奏者を育てる」ことも出来るんです。どんな人が吹いてもそれなりの音がする楽器もありますが、「いい楽器はいい吹き方をしないといい音が出ない」ので、いい音を出そうとがんばって練習すれば、上手になると思うんですよね。マウスピースもそんな観点で選んだのですが、たまたまサックスの先生と意見が一致したんです。楽器選びもなかなか奥が深いです。

なるほど!! 

たかさん

>上の例とは反対で「いい楽器は奏者を育てる」ことも出来るんです。どんな人が吹いてもそれなりの音がする楽器もありますが、「いい楽器はいい吹き方をしないといい音が出ない」ので、いい音を出そうとがんばって練習すれば、上手になると思うんですよね。

moyuは、昨年アルタスPSモデルに出会って購入を決める時に、
「楽器を育ててやるぞ!」と思い、実際
「育てなきゃ・・・」と練習に取り組んでいましたが、
すごい上から目線で楽器を見ていたことに気づきました(笑)
今moyuは、楽器に育てていただいているんだv-364と。
楽器に感謝しつつ、
「どうか、この私を上手にしてくださいe-420。」
との思いを持って練習します。

たかさん、大事な事を気づかせてくださりありがとうございます。


Re: なるほど!! 

moyuさん

アルタスPSは私も吹いたことがあります。「いい楽器」ですよね~。私が買ったマエスタよりも「いい吹き方をしないといい音が出ない」楽器だと思います。でも楽器が奏者を育てると同時に、楽器も育てられていると思います。私のマエスタは購入してから2年8か月経ちました。2年目を迎えた頃から音が成長したな~と思っています。私も成長したのかもしれません。なんて自己満足に浸ってます(笑)
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「吹奏楽の風」60万アクセスを超えました!】へ
  • 【フルート初心者に出させる最初の音は何?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。