スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←限定版マエスタを試奏しました →ハーモニーディレクターを使うと音が死ぬ?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・購入のポイント

ドルチェプリモって想像以上に良い楽器でした

 ←限定版マエスタを試奏しました →ハーモニーディレクターを使うと音が死ぬ?
 6月末にパールフルートギャラリーで、限定マエスタを試奏した記事を書きました。その時に、私の生徒のドルチェプリモの調整をエプロンおじさんにお願いしました。こちらでお願いしたのは、頭部管と足部管のジョイント部の調整でした。頭部管の方は緩くて、足部管の方はキツかったのでした。

 工場から直接出荷されたフルートには、ままこういうことがあります。思い出してみると私のマエスタも納品された直後は頭部管が緩めでした。不思議なことに、そのうち丁度良くなりました。納品直後に丁度良いと、そのあとがキツくなることもあります。記憶の底をたどると、昔に買ったサンキョウシルバーソニックがそうでした。もしかすると、金属製のフルートでも、ユーザーの手に渡った後、再度ジョイント部の微調整が必要なのかもしれません。

 さて、エプロンおじさんに調整をしてもらった後、ドルチェプリモを吹いてみると、とても良い音色と響きを持っていました。この楽器についている頭部管は、ハンドメイドクラスのVO頭部管です。当然のことながら頭部管は銀無垢です。つまりメッキはかけてありません。ムラマツEXも頭部管は銀無垢です。やはり銀の良い音色と響きを持っています。まあ、ムラマツは腹圧がないと鳴らせませんので、まるきりの初心者にはどうだろうかと思いますが、ドルチェプリモは、そのあたりを許容してくれますので、初心者から中級者まで使えるフルートだと思います。

 「20万円以下で買えるフルートとしては、これが一番だよ」というのが、エプロンおじさんの弁です。頭部管が銀無垢の洋銀フルートで20万円以下なんて、このフルートしかありませんからね。あんまり安いので敬遠される方もいらっしゃるかもしれませんが、なんの問題もありませんよ。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

先日購入したマエスタのジョイントが若干緩めなため、調整をお願いしようか迷ってます。
前使ってたフルートのジョイントをきつめに調整してもらってたため、きつめのが好みなのですが・・・ちょっと待ってみるべきでしょうかね?

たかさんのblogを読んでいると、パールの楽器は本当に作りがよいのにコストパフォーマンスがいいのかな?と感じます。いつか「お薦めの入門楽器は?」と言われて答えられるよういろいろ試奏したいと思います。

Re: タイトルなし 

レティさん

> 先日購入したマエスタのジョイントが若干緩めなため、調整をお願いしようか迷ってます。

パールのエプロンおじさんは「ジョイントのきつさは人それぞれの好みだからねえ~」なんて言ってました。新しい楽器は購入三カ月後くらい(レティさんの場合は、今年の秋頃)にマエスタの定期点検をしてもらった方が良いと思います。最初の夏の間はタンポがかなり暴れるらしいです。ジョイントが抜けそうなくらい緩くなければ、その時に一緒に調整してもらったら、いかがでしょうか。

> たかさんのblogを読んでいると、パールの楽器は本当に作りがよいのにコストパフォーマンスがいいのかな?と感じます。いつか「お薦めの入門楽器は?」と言われて答えられるよういろいろ試奏したいと思います。

パールフルートは、他のメーカーみたいに新技術を使っているわけでもなく、ブランド料を取っているわけでもないので、コスパがいいんでしょうね。私のお勧め楽器は、腹圧が強いならサンキョウかムラマツ、腹圧が普通なら、ヤマハかパールと、ほぼ決まってます(笑)。そしてダークな音色が好みなら、ムラマツかパール、明るい音色が好みなら、サンキョウかヤマハ、といったところでしょうか。割とシンプルです。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ドルチェプリモって想像以上に良い楽器でした】

 6月末にパールフルートギャラリーで、限定マエスタを試奏した記事を書きました。その時に、私の生徒のドルチェプリモの調整をエプロンおじさんにお願いしました。こちらでお願い...
  • 【限定版マエスタを試奏しました】へ
  • 【ハーモニーディレクターを使うと音が死ぬ?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。