スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←お手入れセットって必要なの? →フルートの金と銀の相性
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

吹奏楽全般

ハーモニーディレクター、買っちゃいました!

 ←お手入れセットって必要なの? →フルートの金と銀の相性
 「ハーモニーディレクター」というのは、これです。
00F5535B385F4670875C4C656C09402E_12073.jpg
 これは主に吹奏楽の指導用に開発されたキーボードです。このハーモニーディレクターのすごいところは、ピッチや音程の調整が簡単に出来るところです。ピッチは440Hzでも442Hzでも444HzでもOKですし、音程も平均律だけでなく、純正律やその他特殊な音程も作れます。市販の普通のキーボードでは、ここまでは出来ません。また、メトロノーム機能もついています。吹奏楽の指導用にはもってこいなのです。実は私、個人的にハーモニーディレクターを買うのは、これで二台目です。前のものは、そのまま前任校に置いて来てしまいました。取りに行くのも何なので、新しいものを買ってしまったというわけです。

 まずはこれで、生徒一人一人の音をみたいと思っています。本当は生の楽器の音が一番いいんですけど、ひとりでいくつもの楽器を演奏するのは無理ですので、このキーボードを有効に使いたいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

これは主に「吹奏楽の指導用に開発されたキーボード」です...
に始まるたかさんの端的な解説、
文章は短くとも内容は多趣でした。

まず掲載(貼り付け)写真が鮮明で質感があり素晴らしい!
とても“高級品”に見えます(変な誉め方でごめんなさい)。

そうですか、「ピッチや音程の調整が簡単に出来る」
つまり「個々の生の楽器の音」がだせるわけですね。

実はピッチの三つのヘルツのことや、平均律~純正律など
これまで何度読んでもいまひとつ??なのですが、
でも有効に使えばほんとうにこれは便利なキーボードなのですね。

前任校に一台を置いてこられた(寄付?されてきた)ことなど、
これまたよいエピソードを聞きました。
ご紹介ありがとうございます。

Re: タイトルなし 

MYさん


> 実はピッチの三つのヘルツのことや、平均律~純正律などこれまで何度読んでもいまひとつ??なのですが、

おお、すみません。これは音の高さ(ピッチ)を微妙に変えられる機能がついているとお考えください。普通のキーボードはA(ラ)の音が442Hzで調律されていて、これは変えられません。でも昔はそれよりちょっと低いA=440Hzが主流でした。今でも音楽の種類によっては、このピッチを使っています。Wikipediaに詳しく出ています。よろしかったら検索してご覧ください。

> 前任校に一台を置いてこられた(寄付?されてきた)ことなど、

結局寄付したような感じになってしまいました。ないと不便だろうなあと思ったものですから。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ハーモニーディレクター、買っちゃいました!】

 「ハーモニーディレクター」というのは、これです。 これは主に吹奏楽の指導用に開発されたキーボードです。このハーモニーディレクターのすごいところは、ピッチや音程の調整が簡単に出来るところです。ピッチは440Hzでも442Hzでも444HzでもOKですし...
  • 【お手入れセットって必要なの?】へ
  • 【フルートの金と銀の相性】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。