スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←トロンボーン、そこのグリッサンドはね… →ピッコロ・フルート・クラリネットの音を合わせるには
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

スクールバンド運営

どんな人を講師として招けばいい?

 ←トロンボーン、そこのグリッサンドはね… →ピッコロ・フルート・クラリネットの音を合わせるには
 吹奏楽部の顧問は、その学校の先生しかなれません。当然のことながら、学校によっては吹奏楽の指導のできる教員がいない場合もあります。吹奏楽のことを全く知らない教員が吹奏楽部の顧問になることもあるわけで、外部に専門的な指導を依頼することも出てくるわけです。

 これは難しい問題が含まれています。いわゆるプロを頼めば謝礼を支払わなければなりません。しかし、プロと言ってもいろいろです。はっきり言って教育現場にふさわしくない人もいます。プロに指導を依頼したら却って部活動がぐちゃぐちゃになったという話もあります。中にはプロと称して、実は音楽の専門的な教育すら受けていない人が指導者になって滅茶苦茶な指導をしていたという例もあったそうです。(これって詐欺じゃないの?)

 今はアマチュアでもボランティアで子どもたちを熱心に指導している人もいますので、「音楽の専門教育を受けた」かどうかを殊更に問題視する必要もないと思いますが、間違ったことを教わると上達の障害になりますので、どういう経歴をお持ちの方なのかは確認させていただく方が良いでしょう。

 もっとも大事なのは、「学校の事情を理解して、それに沿った指導をしていただける人」でないと、講師には向かないということでしょう。子どもたちの前で学校や顧問教師の批判をする人は吹奏楽部の講師には向きません。ご本人にはそういう意識はないのですが「君にこんなヒドイ楽器を使わせて、顧問の先生は何を考えているんだろうね」などと言おうものなら、もうその子どもは顧問教師を信頼することはしません。吹奏楽で使われる楽器は高価なものばかりです。学校の予算も限られていますから、修理に出すことすら不可能な場合もあるのに、そんな学校の事情は考えもしないのです。

 音楽大学によっては、「学校の事情を理解して、それに沿った指導をする」ことを、学生に教えているところもあります。そのような音楽大学で学んだ人を招くのがもっとも無難だと思います。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【どんな人を講師として招けばいい?】

 吹奏楽部の顧問は、その学校の先生しかなれません。当然のことながら、学校によっては吹奏楽の指導のできる教員がいない場合もあります。吹奏楽のことを全く知らない教員が吹奏楽部の顧問になることもあるわけで、外部に専門的な指導を依頼することも出てくるわけです。...
  • 【トロンボーン、そこのグリッサンドはね…】へ
  • 【ピッコロ・フルート・クラリネットの音を合わせるには】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。