スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←初心者を教えるのは… →このピッコロをよくここまで吹けるなあ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

吹奏楽合奏理論

音ひとつ出すにも注意点はたくさんあります

 ←初心者を教えるのは… →このピッコロをよくここまで吹けるなあ
 楽器によって細かな違いはありますが、吹奏楽で使われる楽器の場合、音ひとつ出すのも実にたくさんの注意点があるのです。「そんなにあるの?」と思う人もいるでしょうが、聞く人が聞けば一目瞭然(いや、一耳ですか…笑)なのです。

 どんな楽器にもあてはまる共通点だけ列挙しますと、
  ①姿勢
  ②体の重心の位置
  ③肩の脱力
  ④楽器との接点の力の使い方
  ⑤音を出すための楽器の操作
  ⑥音を出すタイミング
  ⑦音の形
  ⑧音量
  ⑨ピッチ・音程
  ⑩音色 etc.

 音ひとつ出すだけでも、こんなに注意点があるのです。練習する時に漫然と音を出していてはいけませんね。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【音ひとつ出すにも注意点はたくさんあります】

 楽器によって細かな違いはありますが、吹奏楽で使われる楽器の場合、音ひとつ出すのも実にたくさんの注意点があるのです。「そんなにあるの?」と思う人もいるでしょうが、聞く人が聞けば一目瞭然(いや、一耳ですか…笑)なのです。 どんな楽器にもあてはまる共通点だ...
  • 【初心者を教えるのは…】へ
  • 【このピッコロをよくここまで吹けるなあ】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。