スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←Aに出るかBに出るか、それが問題だ →それじゃA編成はどうなの?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

スクールバンド運営

吹奏楽の30人編成の標準は?

 ←Aに出るかBに出るか、それが問題だ →それじゃA編成はどうなの?
 前の記事でA編成かB編成かの話をしました。A編成は55人までですので編成の人数に余裕がありますが、B編成の30人までだと、どこのパートを削るかという話になってしまいます。以前にも書きましたが、ウインドアンサンブル(1パート1人)の編成だと、こういう人数になるからです。

  1stフルート
  2ndフルート
  3rdフルート&ピッコロ
  オーボエ
  ファゴット
  Esクラリネット
  1stクラリネット
  2ndクラリネット
  3rdクラリネット
  アルトクラリネット(4thクラリネット)
  バスクラリネット
  1stアルトサックス&ソプラノサックス
  2ndアルトサックス
  テナーサックス
  バリトンサックス
  1stトランペット
  2ndトランペット
  3rdトランペット
  1stホルン
  2ndホルン
  3rdホルン
  4thホルン
  1stトロンボーン
  2ndトロンボーン
  3rdトロンボーン
  ユーホニウム
  チューバ
  コントラバス

管セクションだけで28人です。これに打楽器を4人加えると32人になってしまいます。これでは人数オーバーになってしまいます。結局どこかのパートを削らなければなりません。候補としては、4thホルン、ファゴット、コントラバスといったところでしょうか。コントラバスを入れる代わりにバスクラリネットをカットすることも考えられます。昔のB編成(30人)はダブルリード楽器を考慮していませんでしたから、人数的にはちょうどなんですが、今はダブルリード楽器は普通に吹奏楽で使われていると思います。30人は中途半端ですねえ。

でもねえ、一生懸命その楽器を練習してきて3年生になっても編成上の都合で吹奏楽コンクールに出られないのは、どうなんでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

おや? 

今はかわったんでしょうかね?

以前、コンクールのA編は50人、B編は35人だったのですが…。

Re: おや? 

ゴリッピーさん

今は高校の部はAが55人まで、Bが30人までと変わりました。中学はAが50人のままですが、Bは30人までです。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%90%B9%E5%A5%8F%E6%A5%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【Aに出るかBに出るか、それが問題だ】へ
  • 【それじゃA編成はどうなの?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。