スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←まずは楽器のコンディションを確かめて →吹奏楽の30人編成の標準は?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

スクールバンド運営

Aに出るかBに出るか、それが問題だ

 ←まずは楽器のコンディションを確かめて →吹奏楽の30人編成の標準は?
 現在の吹奏楽コンクールの高校の部は全国大会につながる55人までのA部門と30人までのB部門に分かれています。30人よりも少ないC部門もあります。部員数が少なければどの部門に出るかという悩みはないのですが、部員数が30人以上55人未満だと、A、Bどちらの部門にエントリーするかは悩ましいところです。中には55人以上の部員数を抱えているのにB部門に出る学校もあります。それぞれの学校で事情があるでしょうから、一概に批判はできません。

 私個人は「3年生になってもコンクールに出られないのはどうだろうか」と思っていますので、今まで指導してきた学校ではA部門に出るようにしていました。しかしこれも運動部のことを考えると甘いのかもしれません。運動部のレギュラーメンバーって10人前後ですから、3年生が20人前後いたら試合に出場できない生徒が出てくるのは当たり前のことです。ですから「コンクールに出られる実力を持った3年生は全員出られる」ことにしていました。いくら音楽的力量があっても、ちゃんと練習しない生徒には資格がないのは当たり前のことです。

 さて、そのコンクールに出る資格のある3年生が30人以上いたら、迷わずA部門に出た方が良いと思います。その場合は実力のある下級生が加わることになりますので、来年への経験も積むことができます。私のいる埼玉県では人数の差があるだけで、県代表を目指すとなるとレベル的な差はそうありません。もちろんボトムのレベルは違いますが。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

はじめまして。娘が中学で吹奏楽部に入って一年、わからないことだらけで
ブログで勉強させていただいてます。
わりと力のある学校のようですが、去年からB部門からA部門に出ることにしたそうで
金賞は取れてても先に進めなかったので、やはり難しいところがあるのでしょうかね。
でも大人数は迫力がありますね。

私がオケしか知らないので、コンクールなどで他の学校を見ると
いろんな楽器が出てきてとても楽しいです。

Re: タイトルなし 

よっしーさん

はじめまして。初コメありがとうございます。私のブログをお読みくださっているとは恐縮です。
中学だとA編成は50人だと思うのですが、やはり30人より人数が多い分、音を合わせるのだけでも大変です。でもコンクールは結果だけが重要ではないと思います。大勢の仲間と部活をやるのも、きっといい思い出になるはずですよ。

>コンクールなどで他の学校を見るといろんな楽器が出てきてとても楽しいです。

いろんな楽器を使わなくてもいいような気がするんですが、いろんな楽器を使う方がサウンドや音楽作りはしやすいところがあるんです。このあたりは書くと長くなりますので、別記事で書きたいと思っています。よろしければ、またいらしてください。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【まずは楽器のコンディションを確かめて】へ
  • 【吹奏楽の30人編成の標準は?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。