スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ジャズフルートっておもしろい! →フルート・チェロ・ピアノのトリオを聞いてきました
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート全般

アルタスの頭部管を変えようかな…

 ←ジャズフルートっておもしろい! →フルート・チェロ・ピアノのトリオを聞いてきました
 私がメインで吹いているのはパールマエスタですが、20年以上使ってきたアルタスにも愛着を持っています。アルタスは今冬眠に入っています。(つまりほとんど吹いていない…)それはどうしてかと言うと、マエスタに比べて「鳴らない」上に「鳴らすのが難しい」からです。マエスタはポイントさえつかめば、鳴らしやすいのです。

 原因は「頭部管」でしょう。以前から頭部管を変えたいと思っていましたが、それをすると、アルタスらしい音色が失われてしまうのではないかと考えて、逡巡していました。ですが、結局「吹きにくさ」に負けて吹いていない(ちょっと情けない)わけですから、マエスタと同じパールの頭部管を着ければ、もうちょっと吹きやすくなるのではないかと思いました。

 もっとも、これはずっと前から考えていたことです。パールマエスタに装着しているForte頭部管をアルタスに着けようと思ったのですが、アルタスのボディには入りませんでした。Ag970のForteが欲しいのですが、在庫がなくて、そのままになっています。パールのスタッフさんに聞くとForteそのものをそんなにたくさん作っていないのだそうです。どうしても欲しいとなったらオーダーするしかないか…。どうせオーダーするならライザーを金にしようかな…。

 それに、アルタスを入れているケースも古くなっているので変えたいところです。ところが、パール製のケースもサンキョウ製のケースもアルタスには合いません。ケースも特注するか…なんてことを考えています。お金がかかるなあ…。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

いつも楽しく読んでいます。
私はパールを使っていますが、付属のケース(木製)を自分で加工してフォリジの頭部管を入れてます。フォリジの頭部管はクラウンがごつくて3mmほど長めなんです。
フェルトをそっと剥がして、彫刻刀でケースの木を削り、フェルトを再びのり付けしました。
ケースの木はすごく柔らかい材質でした。これで3-4mmの長さは楽に調整できます。

Re: タイトルなし 

河童さん

いつも当ブログ記事を読んでいただいてありがとうございます。

そうか、既存のケースを改造するという手もありますね。手ごろなものがあれば試してみます。昔アルタスにパールのケースを合わせてみた時は、ほんの少しだけきつい感じでしたので、パールのケースでもいいかもしれませんね。

 

初めてコメします。
いつも楽しく興味深く読ませていただいております。

昨年、アルタスを購入して吹いています。
それまではパールを20年以上吹いていました。(今はないモデル;;;頭部管と本体が銀仕様だったと思います。)
今回選んだのはPSモデルです。
何とも言えない音色に魅せられました。

ただ一般バンドに所属しているのですが、
金管やパーカッションを力強く鳴らすバンド(;;;;;;;)なので、
自分の音が聴こえないこともありストレスを感じていました。
あるお店で、アリスタの唄口14Kの頭部管に出会い、これを使用するように
なってからはバンドの中でも自分の音を見失わなくなりました。

だからと言ってPSの頭部管を放ったらかしではなく、フルートアンサンブルをする時は
元々のPS頭部管、バンドではアリスタ・・・・と使い分けをしています。

アルタスの頭部管をアルタスのランクアップした頭部管に変えるだけでも
鳴りやすさは解消するかもしれませんね。


Re: タイトルなし 

アルタス大好き!さん

初コメありがとうございます。

> 昨年、アルタスを購入して吹いています。
> それまではパールを20年以上吹いていました。

おお、私と逆のパターンですね。PSモデルは私も吹いたことがあります。デニスブリアコフさんが愛用しているモデルですね。それにアリスタ14Kリップの頭部管だと確かにパワフルですね。そういう組み合わせも選択肢のひとつでしょう。いろいろと考えてみます。


>
> ただ一般バンドに所属しているのですが、
> 金管やパーカッションを力強く鳴らすバンド(;;;;;;;)なので、
> 自分の音が聴こえないこともありストレスを感じていました。
> あるお店で、アリスタの唄口14Kの頭部管に出会い、これを使用するように
> なってからはバンドの中でも自分の音を見失わなくなりました。
>
> だからと言ってPSの頭部管を放ったらかしではなく、フルートアンサンブルをする時は
> 元々のPS頭部管、バンドではアリスタ・・・・と使い分けをしています。
>
> アルタスの頭部管をアルタスのランクアップした頭部管に変えるだけでも
> 鳴りやすさは解消するかもしれませんね。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし 

カギコメさん

メッセージありがとうございます!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ジャズフルートっておもしろい!】へ
  • 【フルート・チェロ・ピアノのトリオを聞いてきました】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。