スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←バッハ「シチリアーノ」を録音してみました(再録音あり)! →フルート総論…8.本番用フルートの条件
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・練習の記録

バッハ「シチリアーノ」演奏の課題

 ←バッハ「シチリアーノ」を録音してみました(再録音あり)! →フルート総論…8.本番用フルートの条件
 1月9日にバッハのシチリアーノの演奏を録音したものを公開しましたが、もともとこれは「練習の記録」です。これを元に自分の演奏を修正して、より良いものに仕上げていこうというわけです。プロだと中途半端な演奏を公開するなんてことはできませんから、これは、ある意味アマチュアの特権でしょう。演奏の録音も演奏についての総括も「公開」する必要性はないといえばないのですが、これをご覧になる皆様の何かのご参考になればいいかななんて思っています。

まず昨年暮れに公開した「ラストクリスマス」で中音域の音がうまく当たらずに、倍音だけ出てしまった箇所が何か所かありましたが、これは「シチリアーノ」では出ませんでした。特に3Cの音は、だいぶ当たるようになりました。これは頭部管の反射板がずれていたのに、それで吹き続けていたために変なクセがついてしまったためでしょう。それが今年の演奏では修正されたのだと思います。頭部管の反射板の位置って重要ですね~。ちなみに反射板のコルクも交換してもらいました。コルクの質も音のコントロールに影響するそうです。

 音のコントロールは「お腹」でやるようにしています。調整後のマエスタは低音域がそれまでよりも鳴るようになったのですが、これは息のスピードを上げても1オクターブ上がりにくくなったことを意味します。逆に言うと第2オクタ―ブの音、特にピアノは出しにくくなったわけです。すぐに1オクターブ下がってしまいますから。普通は唇をコントロールして息の角度を変えて出したりするのですが、唇は変えないで息のコントロールだけで倍音や音量のコントロールをするようにしています。これが出来ると音量を変化させてもピッチの変化は少ないのです。これはもっと練習して身につけたい技術です。

 曲の中では、どうしてもプレスの位置が苦しいところがあります。「シチリアーノ」では細かい音符が続いているところは、プレスをしたくても取れません。どうしてもプレスをしなくてはならないところでも、なるべく短い時間でプレスをしないと遅れてしまいます。速さを優先させるプレスと深さを優先させるプレスを使いわけないといけません。腹筋・背筋で呼気の時に息を支え、吸気の時に力が抜ければ息はスッと入るのですが、これもなかなか難しいです。

 演奏面では、音楽表現の意図がもっと伝わる演奏にしたいと思っています。クラシックの名曲は、プロによる名演がたくさんありますから、それとどうしても比較されてしまいますが、「この演奏もいいじゃない」と言われるように頑張りたいです。あ、ちなみに私の目標は、フルートの音色も音楽表現もランパルです。山で言ったらチョモランマに登るようなものです。私は富士山までの高さしか登ったことがないので、目標は遥か上です。余談ですが、実際の登山でも「富士山」が私の登頂した「最高峰」です。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

お腹の支えは現在の最大課題です。
ついつい唇で調整してしまうので・・・。
構えも現在見直し中で、とうとう頭部管と管体に目印をつけてしまいました(涙)
毎回違うポジションで「あれ~?」ってなるより、固定して矯正した方がよいとアドヴァイスを受けたので・・・。
でも、かなり吹きにくくなってしまいましたぁ。
チョモランマはおろか富士山も遠い世界です。
今は・・・筑波山の5合目あたりでしょうか(笑)
ブレスは結構得意なんですけれどね♪

Re: タイトルなし 

エリーゼさん

頭部管と管体に目印をつけておくのは、N響の菅原先生も「やっている」方法なんだそうです。ですから実に良い方法なんです。私も管体に刻まれているロゴを頼りに楽器を組んでいますよ。

お腹の支えでコントロールするのって難しいんですよねえ。先生にもよりますが、コントロールしきれない時は唇でコントロールしてもいいんじゃないかなんて思っています。とにかく吹きにくいですから出来るようになるまで長期間かかると思って、それまでは補助的に唇を使ってもいいんじゃないかなと思います。

フィンダさんは唇を動かさないようにと言いましたが、菅原先生は唇を動かしてのコントロールを勧めていましたし…。

徐々に高い山に登るようにしていけばいいんじゃないでしょうか。

富士山! 

実際富士山のてっぺんまで登った時あるんですね?凄いです!聞いた話なんですが富士山のてっぺんに神社ってあります?そこの神社に行くと願い事が叶うみたいですが聞いた時あります?

日々の練習も山登りしている気分ですよね^-^
未来もたかさんに見習って頑張らねば☆

Re: 富士山! 

未来さん

> 実際富士山のてっぺんまで登った時あるんですね?凄いです!聞いた話なんですが富士山のてっぺんに神社ってあります?そこの神社に行くと願い事が叶うみたいですが聞いた時あります?

あー、それは聞いたことないです。富士山のてっぺんまで行ったのに神社にお参りはしてません。しまったあぁぁぁ…。自分のフルートの腕前が日本最高峰の「富士山」だと思っているわけではなくて、チョモランマとの単なる比喩です(汗)。>
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【バッハ「シチリアーノ」を録音してみました(再録音あり)!】へ
  • 【フルート総論…8.本番用フルートの条件】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。