スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←次回アンサンブル倶楽部の曲が届きました →♪ OTOIRO LIVE ♪ ~vol.4~ ご案内
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート総論

フルート総論…9.木製フルートの今後

 ←次回アンサンブル倶楽部の曲が届きました →♪ OTOIRO LIVE ♪ ~vol.4~ ご案内
 当ブログでは、今まで木製のフルートについて、全くと言っていいほど取り上げて来ませんでした。。別に私が木製のフルートが嫌いなわけではありません。いやむしろ好きなんです。パウエルのキーゴールドの木製フルートなどは見ているだけでも、ぞくぞくします。なぜ今まで取り上げなかったのかというと値段が高すぎるからです。(どうせ買えないし…笑)

 私が今まで吹いたことのある木製フルートの値段を列挙しますと、

・ヤマハ…¥997,500 (C足部管)
・サンキョウ…¥1,039,500 (C足部管) ¥1,137,150 (H足部管)
・バウエル…¥1,827,000(キー銀・C足部管) ¥1,890,000(キー銀・H足部管)
 ちなみにキー金は¥3,381,000 (C足部管)¥3,465,000 (H足部管)

この値段ですから欲しいと思っても手が出せません。木製のフルートには値段の他にも難点がいくつかあります。

 ひとつは「割れ」の問題です。昔の木製フルートよりも割れないと言うものの、どうしても割れることはあります。350万円もするフルートが割れてしまったら大変です。だからでしょう、パウエルの木製フルートは、ほんのちょっとしか吹かせてくれませんでした。割れたら接着剤で着けるしかないのです。クラリネットもそうです。ピッコロがあまり割れないのは、管が小さいせいでしょう。管の温度・湿度を均一にしやすいですからね。

 もうひとつはキーのコンディションの問題です。日本のような高温多湿のところでは、金属に比べて木の伸縮は大きいのです。トーンホールが変化してしまうと、タンポの調整を頻繁にやらないといけないことが起こります。これはそれぞれの木の質にも因りますので一概に言えませんが、ちゃんとトーンホールを塞げないことが起こったりします。オーボエも同じでキーの調整は、かなりデリケートです。 ですから木製フルートって、すぐに調子が悪くなったりすることがあるのです。(これはヤマハの木製フルートのオーナーさんから聞きました。)

 「鳴り」や「音程」は金属製のフルートと大差ありません。サンキョウの木製フルートはガンガン鳴ります。音色は、金属製フルートと大差ない楽器もありますが、やはり木製ならではの優しい素朴な音がすると私は思います。しかし、現在では良質な木が取れなくなってきています。良い音のする木製フルートに出会うことが難しくなっているのです。メリットもあるけれどもデメリットの方が多いのが木製フルートでしょう。

 ただ、ひとつ希望があります。クラリネットで使われ出した「グリーンライン(材料のグラナディラを粉にして特殊な技術で成形したもの)」です。これがフルートにも応用できれば、均質な材質で狂いのない割れない木製フルートが出来るでしょう。大量生産出来れば価格も下がるでしょうし、期待したいところです。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

たかさん こんばんは。

木のフルートお手入れが大変そうですよね。
先週、先生の木のフルートが割れてしまい大変だったようでした。

乾燥が原因だったそうですが、先生の場合修理には木を細か~く
削ったものを割れたところに埋め込んでもらったらしいです。

演奏会の3日前に割れて、購入した楽器店ではなくメーカーに直接
駆け込み見事本番に間に合ったそうです。

憧れはありますが繊細過ぎて私には扱えそうにありません・・・

木管フルート 

私は、サンキョウの木管フルートを試奏して、心を奪われてしまった口です。ただ、やっぱり値段がね・・・・・・。
試奏の環境が違うので一概には言えませんが、ヤマハの木管フルートはサンキョウほどには心が動きませんでした。パウエルは吹いたことがありません。もちろん、金属製のフルートよりさらに個体差が大きいのでしょうが。

割れって、よくあるものなのでしょうか。100万の楽器が割れたら、そりゃ泣きたい気分になりますね。竹のケーナやサンポーニャではよくあることですが、木のケーナで割れた例はありません。フォルクローレの楽器は、割れたら釣り糸かセロテープで修理するのですが、まさかフルートはそんなわけには行かないですしね。
風邪を引いてしまいました。あさってまでに治さなくちゃ。でも、多分治りきらないまま参加することになりそうな予感です。

Re: タイトルなし 

春さん

こんばんは。

先生のフルートは木製なんですね。修理に木を埋め込んだとは、かなりの大手術でしたね~。クラリネットやオーボエだとよくあることなんですが、それでも割れるとショックなんだそうです。割れない木のフルートが出来たらいいなーと、やっぱり思ってしまいます。でも金属製のフルートも魅力的ですよね。

Re: 木管フルート 

inti-solさん

私はサンキョウのトラディショナルな歌口のフルートに一番心惹かれました。個体差は金属製よりは大きいと思います。

> 割れって、よくあるものなのでしょうか。

フルートに限らず、オーボエでもクラリネットでも割れない方が珍しいのではないかと思います。小さい割れは接着剤だけで埋め、大きい割れは同じ材質の木を割れの大きさに合わせて埋め込むのですが、ひねくれた木だとそれが原因でまた割れてしまうという悪循環もあるそうです・・・。

> 風邪を引いてしまいました。あさってまでに治さなくちゃ。でも、多分治りきらないまま参加することになりそうな予感です。

それはなんとも大変ですね。私も今日は病院に行くために、仕事を休まざるを得ませんでした。あさっては大丈夫だと思うんですが・・・。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【次回アンサンブル倶楽部の曲が届きました】へ
  • 【♪ OTOIRO LIVE ♪ ~vol.4~ ご案内】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。