スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←アマチュアのための指揮法講座③~変拍子の振り方…1 →新・フルートの左手Cisキーだけ何で小さいの?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

パール・マエスタ

美珠(パールマエスタ)・詳細レポート

 ←アマチュアのための指揮法講座③~変拍子の振り方…1 →新・フルートの左手Cisキーだけ何で小さいの?
 クリスマスの日にパールの工場から私のところにやってきた美珠(パールマエスタGP)ですが、実際に吹いて見た感想をレポートしたいと思います。

 ファーストコンタクトは、楽器屋さんの試奏室でした。まずは、吹く前に楽器の点検…。頭部管は注文通りForteになっているか…、歌口のカットとリッププレートの形状を確認しました。以前にギャラリーで見たForteの頭部管の形状を思い浮かべながら…、OKでした。頭部管のクラウンに近いところに「Forte」と刻印されてました。(当然ですよね)

 続いて胴部管の作りのチェック。ずいぶん丁寧に作られています。特にポイントアームの溶接は絶品です。たまにキーカップとトーンホールが微妙にずれて、その修正のためにポイントアームが、ほんの少しだけ曲がってたりする楽器があるんですが、それはありませんでした。そうして見ているうちに、バッタキー(左手親指のキー)のキーポストの台座の溶接後の処理が今一歩なのを発見!管に直接溶接されているところだけに、変に削って管厚が変わるのを嫌ったのかな、と好意的に解釈しました。足部管も見ましたが、パーツひとつひとつまで、丁寧に仕上げられていました。

 さて、楽器を組んでみました。う~ん、胴部管と足部管の接続が固い…。それに比べ頭部管と胴部管はスコーンと入りました。この辺りの調整はいまいちでした。ただ、使っていくうちに馴染んでいくレベルでしょう。(これは家に帰って速攻でろうを塗りました)

 いよいよ、楽器に息を吹きこんでみます。ギャラリーで吹いたPHNー1の銀のマエスタとも金メッキのマエスタとも違う音色でした。あえて言えば、14K製のForteの頭部管を着けた時の音に近いのです。ゴールドっぽい音色です。(そりゃそうだ)金無垢の楽器よりは高次倍音が出しやすいと思いました。(つまり吹きやすい)

 家に帰って、ピアノ室でもう一度吹いてみました。あれれー、音が葉二(20年使い続けていたアルタス)にそっくりじゃん!もともと、葉二と同タイプの歌口だから、似ていても不思議じゃないのですが、これじゃ新しいのを買った意味ない…。正直がっくりしました。その後、じっくりこのことを考えてみました。試奏の時は、80%くらいの息で楽器の素直な鳴りを確かめるようにして吹いています。ですから楽器によって音色が違ってくるのですが、家で吹いた時は自分の吹き方100%です。そうすると楽器の違いなんぞ吹っ飛んで自分の音になるのかもしれない、そう思いました。

 そうだったとしても、葉二とそっくりじゃあねえ…。美珠にしか出せない音色があるはずなので、探し出そうと思いました。

 翌日、たっぷり吹きこみました。以前の記事にも書きましたが音程のクセは、アルタスとパールで微妙に違っています。Cisキーのところは、アルタスより音程が正確に出ます。ここだけソルダードトーンホールなので、他の音との鳴りのバランスが心配でしたが、杞憂でした。微妙に違うのは右手の方の音程です。特にEの音程を正確に出そうとする時の吹き方が違います。慣れればこの違いは吹き分けられるでしょう。

 びっくりしたのは、普通に吹いても結構強い音が鳴っていたんですが、ポイントにジャストミートしたと思われた時は、すごい音が鳴りました。(結局それまでは鳴らし切れていなかった?)これはアルタスでは出なかった音です。ああ、買って良かった~と思えた時でした。美珠で、練習した曲を録音したら、ケロログにアップしようと思います。葉二と大して違わないかもしれませんけどね。(笑)
 
 せっかく、写真のアップの仕方を覚えたので、美珠と葉二のツーショットを最後にアップします。(爆)

P1010566.jpg

P1010564.jpg
 もう一本リングキーのフルート(鈴音)があるのですが、三本並べるとリングキーの穴がタコの足のように見えてきて(モモさんの言う通りでした)…、ちょっと気持ち悪いので三本並べて写真に撮るのはやめました。(笑)


関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

おはようございます
葉二くんと美珠ちゃん、まるで恋人同士ですね。

この二人のEの音の吹き方が違っているけど、慣れれば大丈夫なんて、たかさん言ってますが、私には難しいと思うんですけど、どうすれば吹きこなせられますか?

Re: タイトルなし 

よっちゃんさん

おはようございます。

> 葉二くんと美珠ちゃん、まるで恋人同士ですね。

いやあ~、葉二は20年前の楽器ですので、美珠とは20歳離れてますから、恋人というよりは親子かと…。(笑)

> この二人のEの音の吹き方が違っているけど、慣れれば大丈夫なんて、たかさん言ってますが、私には難しいと思うんですけど、どうすれば吹きこなせられますか?

 これは、今までフルートを吹いてきた「経験」から、そう思いました。葉二を吹く前にムラマツやサンキョウを吹いて来たのですが、葉二はそれらのフルートとはクセがずいぶん違ってました。吹きこなすのに苦労したんです。美珠はムラマツに音程のクセが似てるかなと思いましたので、大丈夫だろうと思ったわけです。

 よっちゃんさんはピッコロも吹かれると思いますが、フルートとピッコロの両方を吹きこなせるようになれば、音程のコントロールはバッチリになりますよ。

おにゅう 

お久しぶりです。

遂に、新しいフルートがやってきたんですね!
パールも粋な配慮ですね、クリスマスに出来上がるなんて。
最高のクリスマスプレゼントですなぁ。
…いいなぁ。

2本並べて、吹き比べるのは楽しいですよね。
僕も、初代と2代目で延々とやりました。
こーゆーのって、やっぱり楽しいですよ。

特に「両方とも自分のモノだ」と思うと余計にそうだと。
試奏の時は、どうしても何処か遠慮がちですが、
自分のモノだと思うと、限界に挑戦したくなります。
是非「美珠」の魅力を引き出してくださいませ。

でも、音量とか音程とかは、楽器固有のものがあると思いますが、こと音色に関しては「奏者の癖や吹き方」がポイントだと思っています。
たかさんはたかさんのフルートの吹き方があるので、どんなに楽器を変えても『たかさんの音色』は残ると思いますよ。
それを何処までどんな形で、ある意味「払拭」出来るか、たかさんの腕(唇というべき?)に掛かっていますね。
音源のUPがちょっと楽しみなpapaでした。

暮も押し迫ってまいりました。
今年はいろいろとお世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。
良い年をお迎えくださいませ。

また、お邪魔します。

 

ship-papaさん

お久しぶりです!

やはり試奏の時と違って、自分のフルートだと思いっきり吹けますね。

思いっきり吹いたら前のフルートと音色が変わらなかったと言うのは笑えますけど、papaさんのおっしゃる通り「私の音色」なんでしょうね。

私の音色も成長できるように頑張ります。

私の方こそ今年は色々お世話になりました。来年もよろしくお願いします。良いお年を!

音源のアップを 

音源のアップを楽しみに待っています。
しかし、前のアルタスのフルートの写真も初めて見せていただきましたが、管体銀と聞いていたように思いますが、キーが金色だったんですね。

Re: 音源のアップを 

inti-solさん

 近いうちに新しいフルートで音源のアップをしようと思ってますので、よろしくお願いします。

 前のアルタスのフルートの写真をご覧になるのは初めてだったんですね。管体銀のフルートで間違いございません。オーバーホールの時にキーにだけ金メッキを頼んだんです。

 「そんなことする人いないよ」とは、その時の職人さんの弁でした。そりゃそうだと思いましたが、キーのガタを完全に取ってくれたり、管の接続部分のすり合わせが完璧だったり、かなり腕の良い職人さんでした。

 「どうせメッキするなら」と18Kで厚めにメッキしてくださったようで、フルートが生き返るというより、生まれ変わったように音が良くなりましたよ。フルートの出来も職人さん次第ですね。

おめでとうございます! 

ご購入おめでとうございます。
マエスタのGP、私も試奏したことがあります。
その時の印象は、シルバーよりも若干音色が落ち着いた感じでした。GPの管体ですと、Forteと相性が良いと思います。
Forteは、多めに倍音を混ぜるように吹くと面白いですよ。楽に大きな音が出せるので、吹奏楽に最適な楽器ですね!
また録音して聴かせてください♪

Re: おめでとうございます! 

ラブリー♪さん

> ご購入おめでとうございます。

 ありがとうございます。マエスタのGP、試奏したことがおありなんですね。

 マエスタGPは、ラブリー♪さんがおっしゃる通りの印象です。さすがです。吹奏楽で前のフルートよりも音の通る楽器を選びたいと、いろいろ試奏して辿りついた楽器でした。少人数での演奏やソロ主体だったら、シルバーのマエスタを選んでいたと思います。

 マエスタGPで倍音多めに吹くと、近くで聞いたらものすごい音ですよ。録音機材や録音場所も考えないといけませんね。(笑)
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【アマチュアのための指揮法講座③~変拍子の振り方…1】へ
  • 【新・フルートの左手Cisキーだけ何で小さいの?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。