スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←リングキーのフルート選択のポイント →新しい仕様の頭部管銀モデルの実力は…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート全般

頭部管銀モデルの新しい仕様を考えた

 ←リングキーのフルート選択のポイント →新しい仕様の頭部管銀モデルの実力は…
 フルートの頭部管銀モデルは、いわゆるスタンダードモデルだと私は思っています。学生から一般まで幅広い層に使えますし、作りのしっかりしたモデルを選べば長期に渡って愛用出来ます。スクールバンドで使われるフルートも、この仕様で十分だと私は思っていますが、この仕様のフルートでちょっと不満だったのが、銀の頭部管の質でした。10万円台の頭部管銀モデルの頭部管は、コストの関係なのでしょうが、ハンドメイドクラスの頭部管と比べて、少し性能的に物足りないことがあるのです。そこで、ハンドメイドクラスの頭部管がついているモデルもあります。

 ただ、それだとEメカニズム付きで価格が25万円近くになるため、中高生には手に入れにくい値段になってしまいます。私が以前の記事でサンキョウの頭部管銀モデルを勧めたのも、ニューEメカだったら20万円を切る価格で性能の高いモデルが買えるからでした。今回、パールフルートから頭部管銀モデルの新仕様が出ました。
詳しくはこちらです。→http://www.pearlgakki.com/flute/pro_dolceprimo.html
 このモデルは台湾製のボディにハンドメイドクラスの頭部管(Vivo)を装着したものです。海外に工場を持つメーカーならではの仕様ですが、Eメカ付きでサンキョウの頭部管銀モデルとほぼ同じ値段です。他のフルートメーカ―の頭部管銀モデルとも、ほぼ同じ価格ですので一躍有力候補になりました。

 問題は、ハンドメイドクラスの頭部管のパワーをボディが受け止められるかです。私はヤマハYFL281にサンキョウのハンドメイドクラスの頭部管(FT)をつけて吹いていますが、「頭部管とボディのバランスが悪い」のです(笛師匠のお墨付き!)。今日、パールフルートギャラリーに、281の調整に行ってきます。そのついでに、この新しい仕様のモデル(ドルチェプリモ)を試奏してこようと思います。その結果は、この記事に追記しますのでお楽しみにしてください。

 そこで、ちょっと私のオリジナル(?)仕様を考えました。以前にパールの限定モデルのVivace頭部管を試奏しました。ライザーが14金のものだったのですが、ライザー銀のものよりも、さらにパワーアップしたものになっていました。これを、ドルチェプリモの限定モデルとするのです。できたら歌口のエッジの部分まで金にして、さりげなくゴールドを主張するデザインにしたら、いかがでしょう。クラリネットはリガチャー(リードを固定する金具)を金メッキにするだけで音が変わりますから、この仕様は、かなりパワフルになると思います。個人的には吹奏楽にうってつけだと思いますよ。あ、でも価格的には25万円近くになってしまうか…(笑)

→報告の記事を書いてみたら、かなり長くなりましたので、明日(11/21)にアップすることにしました。楽しみにしてくださっていた皆さん、すみません。明日朝までお待ちください。ただいま推敲中です(笑)


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

たかさんこんにちは。以前はコメントありがとうございました。

子どもがフルートを始めたときにパールのブリランテ(リップ銀)を買ったのですが、先のフルートコンベンションのときにいろいろ試奏して、初心者でも音色に材質の違いが大きく出るのがわかるし、インラインリングキーも結構吹けて、本人が欲しがったことから、親バカですが、パールのエレガンテ(管体銀、頭部管PHN-2、インラインリングキー、Eメカなし)の中古を買い与えてしまいました。(程度も良くて20万円を切っていましたので...)

そこで、子どもにプリランテと吹き比べさせたところ、エレガンテの方が音色が非常にやさしく聞こえました。ブリランテも全然悪くないと思うのですが、比べてしまうと、音色がすこしキンキンした感じで、浅い響きに思えます。で、ためしにPHN-2をプリランテの管体につけて吹くと、音色はやわらかくなるのですが、響きが良くありません。戻して銀の管体につけると、管全体が鳴っていて、深い響きになります。もともとそれで調整しているのだから当然ではありますが、おっしゃるようなバランスの問題もあるのかなと思いました。

ところでPHN-2なのですが、もともと標準ではないようですし、今は作っていないのか、あまり情報がありません。なにかご存知でしたらお教えいただけないでしょうか。音色や吹きやすさはすっかり気に入っていて全く不満はないのですが。

Re: タイトルなし 

K&Aさん こんにちは。

> 以前はコメントありがとうございました。

いえいえ、こちらこそコメントありがとうございます。

エレガンテはハンドメイドクラスの頭部管が着いていますから、そのままブリランテの管体に着けると、ちょっとバランスが悪いのでしょう。ヤマハの281も悪い楽器ではなく、ヤマハオリジナルの銀の頭部管だとバランスは崩れないのですが、やっぱり他社のサンキョウだとダメなんでしょうね。今日(11/20)のパールの試奏会で新しいドルチェを吹きました。もともとのドルチェはブリランテの管体に銀の頭部管(ハンドメイドクラスではないもの)を着けていたのですが、ハンドメイドクラスの頭部管を着けるにあたり、いろいろ手を入れたそうです。詳しいことを述べると長くなるので、別記事にして明日アップします。

PHN-2は、注文生産だそうです。試奏用に何本か作っておいてあるので、それを気に入った方がエレガンテにもともと着いていたオリジナルの頭部管と入れ替えたのでしょう。PHN-2は特に音色に優れた頭部管だと思います。頭部管も個体差がありますから、お持ちのPHN-2がお気に入りでしたら、ぜひ大事にしてください。


管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【リングキーのフルート選択のポイント】へ
  • 【新しい仕様の頭部管銀モデルの実力は…】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。