スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←美珠(パールマエスタ)・詳細レポート →昔の記事「本当に個人的なつぶやき」
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・本体

新・フルートの左手Cisキーだけ何で小さいの?

 ←美珠(パールマエスタ)・詳細レポート →昔の記事「本当に個人的なつぶやき」
 これはフルートの構造に精通していらっしゃる方は、よくおわかりのことなんですが、改めて考えると結構不思議なことなんです。

 C管であるフルートは、低音ドからシまでを出すキーがあれば、とりあえず事は足りるはずです。トリルのためにキーが必要でも、別にキーを作ってしまえばいいわけです。(他の木管楽器はそういう理由もあってキーがたくさんついている)2Cisと3Cisは左手のCisキーを使って出すのが正規の運指なんですが、倍音構造上、2Cisは1Cisと同じ運指、3Cisも1Cisと同じ運指か、Fisと同じ運指でも出るはずです。これは倍音練習をやっていれば、自然に出せます。

 ではなぜ、Cisキーが付いているのかというと、ひとつはフルートの最低音がDだった名残りでしょう。ピッコロは今でも最低音がDですが、そうするとどうしてもCisキーが必要になりますよね。

 でもそれならば、フルートはCisキーだけなぜ他のキーよりトーンホールが小さいのでしょうか?理論的には、左手親指のHキーの隣りの位置にほぼ同じ大きさのトーンホールを開ければ、良いはずです。おそらくその方が、音程も音色も安定するでしょう。現在のフルートはその欠点がずいぶん改良されていますが、Cisのトーンホールは、理論上の位置よりもずいぶん頭部管よりで、その分小さくなっているのは昔から変わりません。 

 これはフルートの指使いを考えるとわかるのですが、このキーはDのオクターブキーの役割も果たしているのです。オクターブキーとは、第1倍音を出す吹き方で第2倍音を出せるキーです。サックスは音域によって2箇所オクターブキーがあります。フルートの場合はDだけです(この点だけ考えてもフルートのキーシステムは素朴だと思います)が、これがあるおかげで、2Dの音の抜けがだいぶ違います。実は2Dだけでなく、3Dも違いますし、3Gis、3Aなどの音にも影響を与える、かなり重要なキーなのです。

 一部のフルートメーカーでは、ドローン(トーンホールを管本体から引き上げて成形する)の楽器でも、ここはソルダード(トーンホールを別に作ってはんだ付けする)にしていたりするのは、それだけこのキーが重要であることの証です。

 追記:

 最後の文で、ドローンよりソルダードの方が優れているのかというご質問を以前にいただきました。そういう風に宣伝しているフルートメーカーもなくはありません。私はドローンとソルダード、それぞれに長所があると思ってます。(もちろん短所もあると思います)

 ただ、Cisキーは、その大きさからドローンにするとトーンホールの高さに限界があって音程に自由度がないとも聞きました。それで、このキーだけソルダードにするメーカーがあるのです。(アルタスやパール)私のアルタスは20年前の設計なのでCisキーもドローンです。

 写真①パールマエスタのCisトーンホール
P1010567.jpg

 写真②アルタスのCisトーンホール
P1010568.jpg

 トーンホールの高さの違いをおわかりいただけたでしょうか。昔のフルートはみんなCisの音色と音程には苦労したんです。今はCisトーンホールがドローンのものでも、ずいぶん進歩しています。20年前のフルートに比べると、新しいパールのマエスタは、音程のコントロールが非常に楽です。もっとも今、私は無意識にCisをコントロールしていたクセを取るのに苦労してます。あはは。(笑うしかありません)
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

たかさん、こんばんは

質問ばかりですみません。ドローントーンホールとソルダードトーンホールの長所と短所を教えてください。

Re: タイトルなし 

よっちゃんさん、こんばんは。

> 質問ばかりですみません。

 いえいえ、そんなことありませんよ。ただ、ご質問の件は、説明がややこしいので後日、ブログ記事でアップさせていただきますね。1月2日の予定です。すみませんが、それまでお待ちください。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【美珠(パールマエスタ)・詳細レポート】へ
  • 【昔の記事「本当に個人的なつぶやき」】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。