スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←吹奏楽コンクールの審査基準 →つぶやき・8/13
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート全般

埼玉ってフルートのメッカなんですよね…

 ←吹奏楽コンクールの審査基準 →つぶやき・8/13
この記事は昨年8月19日にmixi日記で公開したものに加筆修正して再アップするものです。

 私の住む埼玉県には、日本のフルートメーカーの大半の工場があります。ムラマツ、サンキョウ、ミヤザワ、マテキ、サクライ、コタト&フクシマ…。考えてみるとすごいことですね。日本酒の灘・伏見じゃないですけど、腕利きの職人さんが集まって来ているわけか…。まあ、楽器の生産量から言ったら静岡の方が上でしょうが(ヤマハがありますからね)、埼玉もなかなかのもんです。

 なんでこんなに多いのかと考えました。ルーツはムラマツでしょう。ムラマツフルートの創始者、村松孝一さんはなんと大正12年(1923年) にフルート作りを始めました。この年に生まれた人は88歳の米寿になっています。フルートを作り始めた頃の苦労はムラマツのホームページに詳しく載っています。この村松さんのもとでフルート作りを学んだ職人さんが、独立して作ったのがサンキョウ以下、日本の大半のフルートメーカーなのです。

 もともとムラマツは東京にありました。古いムラマツフルートの刻印は「TOKYO」になっていたと思います(もし間違っていたらご指摘ください)。ムラマツで修行した人は東京近郊に工房を構えることが多く、それが埼玉に集まった原因でしょう。フルートマスターズやノマタが静岡にあるのと同じですね。ちなみに私が持っているフルートの生産地は、パールが千葉、ヤマハは静岡、アルタスは長野…。あれ、埼玉産がないじゃない! ナンデ…(笑)


関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

いまのムラマツの刻印はTOKOROZAWAですよね。
去年試奏のときにまじまじと見て、


所沢っちゅー地名をこんなかっこよく感じるなんて初めてだ!(爆)


と思いました(所沢のみなさんごめんなさい)

Re: タイトルなし 

ひゃらりさん

> いまのムラマツの刻印はTOKOROZAWAですよね。

そうなんです。はるか昔、後輩の買ったムラマツにTOKOROZAWAと刻印があるのを見てずいぶん文字数が多いな―と思ったことを覚えています(笑)。私が一番最初に買ったムラマツにはTOKYOと刻印があったからじゃないかなとのおぼろげな記憶です。

> 所沢っちゅー地名をこんなかっこよく感じるなんて初めてだ!(爆)

所沢は「となりのトトロ」で有名になりましたけど、フルートではそれよりも昔から全世界の人にTOKOROZAWAと覚えてもらっているんですね(…たぶん)。パールのハンドメイドには何で「YACHIYO」と入ってないんでしょうかねえ…。

NoTitle 

あれだけばばーんとTOKOROZAWAって刻印されてたら、
フルート愛好家の外国の方(とりわけムラマツオーナーさん)が
所沢って東京や大阪とおんなじくらい都会だと勘違いしてくれるんじゃないかなーと妄想してしまうわたくしです。

YACHIYO・・・
八千代は全国的にあんまり知名度ないからなぁ、そもそも(八千代市民さんごめんなさい)

Re: NoTitle 

ひゃらりさん

所沢も全国的には有名じゃないような…。何しろ「埼玉ってどこ?」という人も関西方面の方には多かったような(関西方面の方ごめんなさい)所沢がフルート界で有名になったのは「ムラマツフルート」のおかげでしょう。

> YACHIYO・・・
> 八千代は全国的にあんまり知名度ないからなぁ、そもそも(八千代市民さんごめんなさい)

やっぱりダメですかね…。アルタスの所在地の安曇野は結構有名になりつつあるかも。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【吹奏楽コンクールの審査基準】へ
  • 【つぶやき・8/13】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。