スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←真夏のチューニング…1 →真夏のチューニング…2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

参考音源付き記事

フルートデュオ&ギター松柏軒コンサート

 ←真夏のチューニング…1 →真夏のチューニング…2
 私にとってはもうお馴染みとなったプロフルート奏者松原さん&高橋さんのフルートデュオコンサートに行ってきました。ところはこれもお馴染み東京・駒込にある女子栄養大学構内の「松柏軒」というレストランです。ここで絶品のランチを食べながらフルートの演奏を楽しんじゃおうという心もお腹もいっぱいになる企画です。今回はギターとのトリオでしたが、ギターがまたなかなか素晴らしい演奏を披露してくださいました。

 このレストラン、他ではなかなか食べられないような料理を出してくれます。今回、絶品だと思ったのは「鱸(スズキ)のマリネ、軽い燻製の香り赤肉メロンと共に」という料理でした。魚のマリネはポピュラーなもので、それを燻製にするのも考えられますが、それにメロンを付けちゃうというのがとても斬新な味でした。燻製の香りとメロンの香りがスゴイの一言!甘み・酸味・ちょっと苦味の味付けがすばらしー。その他の料理もとても美味しかったので食べる価値は大ありです。

 演奏の方は二曲目の高橋さんのソロにまず感動しました。高橋さんは銀のフルートを吹いていらっしゃるのですが、この音が絶品なんです。最高の銀の笛ってこういう音がするのかといつも感動しています。(お世辞抜きです)楽器と奏者の相性がバツグンなんでしょう。この日はC.ガルデルの「想いの届く日」を思い入れたっぷりに吹いてました。まつばらさんの金のフルートの音色も素晴らしいのですが、このお二人の音はそれぞれすごく個性的です。なのに二人の音が溶け合ってきます。これはなかなか出来ることではないぞと思いました。

 「鱸のマリネ+メロン」の料理並みにスゴイと思ったのは、アルトフルートとバスフルートで演奏した「テイクファイブ」でした。ご参考までにサックスの音源を貼っておきます。

 ジャズサックスの定番の曲ですが、まさかアルトフルートとバスフルートでこの曲をやるとは!斬新なサウンドと本格的なシブいジャズが聞けて、すごく満足しました。その他の曲もとても素晴らしい演奏でした。また素晴らしい演奏を聞かせてくださいね。そうそうもし出来たらということで私が今練習しているゴセックの「タンブ―ラン」をリクエストしました。できたら次の機会に聞かせてくださいね。

関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

フルートとギター 

どういうわけか、世の中一般にはピアノの伴奏とフルートという組み合わせが圧倒的に主流ですけれど、私はフルートとギターという組み合わせの方が好きです。ま、自分自身がその組み合わせで録音を公開しているから、ということもありますけどね。演奏人口だって、ギターはかなり多いだろうに、と思って、よく考えてみると、ギターの中でもクラシックギターの演奏人口はそんなに多くないのかも知れません。それに、私もそうですが、たいていの人が自己流ですからね。
そのあたりがネックになって、フルート曲をギターで伴奏できる人は少ないのかも知れません。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: フルートとギター 

inti-solさん

おっしゃるようにギター人口は多いけれど、クラシックギターでしかも伴奏まで出来る人はそうはいないのかもしれませんね。フルートはピアノとだとちょっと負けることが多くてフルートのことを心得ているピアニストでないと良い演奏にならなかったりします。

逆にチェンパロとだとフルートは勝ち過ぎかなと思う事が多いです。こちらはフルーティストの方がバランスを考えないといけないと思います。トラヴェルソだとちょうどいいかもしれません。

その点、ギターやハープはちょうどいいかもしれません。ギターとフルートの組み合わせもなかなか良いです。

Re: ありがとうございました 

カギコメさん  コメントありがとうございます!

ありがとうございました。 

先日は演奏会に足をお運びいただきましてありがとうございました。いろいろアイデアを絞り出して、コンサートに臨んでおります!!

金と銀では音色の特徴が違いますが、合わせるとき出ていいときとは、吹き方をかなり変えているつもりです。銀でもあの太い音だから、うまいこと混ざりますし、バランスもとれるのかな?と思っています。彼女はいろいろな意味で、素晴らしいパートナーです!!

渋いジャズも、リクエストのタンブーランも、チャレンジしてみたいと思います。お互いのよさを生かせるユニットにしていきたいと思います。又、よろしかったら聴いて下さいね。
ありがとうございました。

Re: ありがとうございました。 

松原さん

二日続けてのコンサートお疲れ様でした。とても独創性のあるコンサートで理屈抜きで楽しめました。

> 金と銀では音色の特徴が違いますが、合わせるとき出ていいときとは、吹き方をかなり変えているつもりです。

それは見ていてわかりました。そのあたりはさすがだと思いました。私の金メッキのフルートも独特な音ですが、銀のフルートとはどうしても合わせにくいところがあります。金無垢のフルートよりは合わせやすいのではないかと思っているんですけど…、なかなか難しいです。

私のリクエストご検討よろしくお願いします。そういえばショパンの「子犬のワルツ」、チャレンジでしたねー。拍手が一番長く続いていましたね。みなさんあれをフルートでやるのがどれだけ難しいかよくおわかりのようでした。また聴きにいきます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【真夏のチューニング…1】へ
  • 【真夏のチューニング…2】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。