スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ゴールウェイファンタジーは歯ごたえ十分… →ゴールウェイファンタジーってスポーツだね
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・奏法

フルートの息の向きって案外「下」なんです

 ←ゴールウェイファンタジーは歯ごたえ十分… →ゴールウェイファンタジーってスポーツだね
 以前の記事でフルートを「吹き上げ」てしまうことを書きました。「吹き上げ」るってどういうことかを書かなかったので、「吹き上げ」るってどういうこと?と疑問を持たれた方も多いと思います。すみません。

 私が考えている「吹き上げ」は、フルートについて言えば「息の量が多くてアパチュアから出る息が理想よりも上向き」だとお考えください。「吹き上げ」はアパチュアが良くても意図して(あるいは無意識に)吹き上げる場合もあります。音量が欲しかったりピッチを上げたりしたいがために息を上向きにするのです。

 息を上向きにした方が良いことだらけのような気がしますが、実はそうではありません。まず低音域は上向きの息ではしっかり鳴りません。(これはメーカーや機種で差があると思います。当社比ですがヤマハは上向きの息でも鳴りますが、ムラマツSRは上向きの息だと全然鳴りません。)上向きの息ですのでピッチは低くはありませんが満足な音量と音色が出ないと思います。本当はこの低音域がしっかり鳴る息の向きを基本にして高音域まで鳴らすのが良いと思います。

 でも、この息の向きだと中音域が出しにくいと感じる人が多いと思います。ついつい息の向きを変え過ぎてしまうんですね。ついでにピッチが上がるので中音域でチューニングすると低音域のピッチがどうしようもなく低くなったりするわけです。

 中音域と低音域でピッチの違いすぎる人は、これが原因だと思いますので、まずは中音域の息の向きをもうちょっと下向きにする必要があります。フルートをちゃんと構えた時の左ひじ(左わきにテニスボールが一個入るくらい)に自分の息が当たるのが正しい息の向きだそうです。試してみると「えーっ、こんなに下なの?」と思うかもしれませんが、これが出来ると高音域までスムーズに出ますよ(これも当社比)。 
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ゴールウェイファンタジーは歯ごたえ十分…】へ
  • 【ゴールウェイファンタジーってスポーツだね】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。