スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←洋銀フルートは消耗品? →日々雑感
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

スクールバンド運営

スクールバンドの講師の条件

 ←洋銀フルートは消耗品? →日々雑感
 吹奏楽コンクールが近づいてくると、専門家を招いて生徒をコーチしてもらおうと考える顧問も多くなります。私もそのひとりです。でも気を付けなければいけないことがあります。顧問教師の方は「手っ取り早く上手になる」ことを望んでいたりしますが、教える方にとってみるとこれほどムチャな要求はないのです。今の問題点を洗い出し、どうすれば良くなるかのアドバイスをしてもらうために外部講師を呼ぶと考えればよいでしょう。

 外部講師なら誰でも良いかというと、そうではありません。学校現場での経験が豊富な人ならそんなことはないのですが、だいたいは音楽大学を出てフリ―でやっている人が多いと思います。音楽大学ではスクールバンドの指導法の授業をやっているところはごくわずかですし、現場でしかわからないことも多々ありますので、経験が足らない人も多いのです。

 経験の少ない人に来てもらうと、良くなるどころか弊害も出てきたりします。一番の弊害は顧問がどのように指導してきたのかを考えずに、生徒の前で「顧問批判」をしてしまう人がいることです。経験のある外部指導者ですと、言葉を慎重に選んで生徒に教えますので、そういう心配はありません。

 もっともよくある弊害の例は、「よくこんな楽器使ってるねー」という言葉です。えっ、なんでこれが顧問批判になるのかって?これを聞いた生徒はこう思うのです(これは実話です)。「やっぱり私が上手くならないのは、こんな楽器を使わせている顧問が悪いんだ」誤解であることは間違いないのですが、誤解した生徒がすべて悪いわけではなく、誤解させる方にも問題があるのです。

 どの学校も予算が潤沢にあるわけではありません。限られた予算の中では足りず、ポケットマネーまでつぎ込んでいる顧問の先生も多いでしょう。それでも「こんな楽器」を生徒に使わせなくてはならない状況もあるのです。そんなことをあとから説明しても「こんな楽器」を使っていることには間違いないわけですから、生徒がそう思っても仕方ありません。スクールバンドの指導法の授業をしている数少ない、ある音楽大学ではこのフレーズは禁句だと教えているそうです。

 教える時の理論も単純明快でなくてはなりません。音楽をやっている人は案外自分の論理の矛盾に気がつかないものです。「チューナーを使っていたら耳が育たないけど、使わないと合わないなら使いなさい」みたいな言い方をしたら、生徒は「使っちゃいけないけど使えというのは、なんなんだ」と思ってしまいます(これも実話です)。

 私の場合、秋山先生・櫻井先生の同門でバンドトレーナーをしていらっしゃる方にずっと来ていただいていました。私にはかなり厳しいことを言うのですが、生徒の前ではいつも私を立てて指導してくださった人です。そういう人にめぐり会えるかどうかも重要なのかもしれません。

 そしてどんなに良い講師でもコンクール前に1~2回指導しただけで結果を出すことは難しいのです。できたら一年を通じて定期的に来てもらえると理想的です。なかには1回の指導で劇的に上手になるスーパーマン的指導者もいますが、生徒が一生懸命練習して下地を作っていないと、そういうことは起きません。まずは一生懸命練習することが大事です。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

そりゃ、そうですね 

> 顧問教師の方は「手っ取り早く上手になる」ことを望んでいたりしますが、教える方にとってみるとこれほどムチャな要求はないのです。

「手っ取り早く上手になる」秘伝はあります!
それは、練習。
練習以外に手っ取り早く上手になる手段は・・・・・・・・
あったら教えてほしいです。

自分自身の体験に基づいていうと、独学独習よりは、指導者について学ぶ方が効率はよい(=手っ取り早い)とは思います。ああでもないこうでもないと試行錯誤する手間は省けますからね。

たとえば道を知らない山を自分でルート探しながら登るのと、ガイドについて登るのでは、ガイドに付く方が簡単でしょう。
でも、それだって山に登るのは自分。まさかおんぶしてもらって登るわけじゃないんですから。
多分、それと同じことではないか、と思います。

私は、吹奏楽やコンクールのことはよく知りませんけど、1~2回の指導で上達させろと言うのは、きっと、ガイドがついたら、上高地から槍ヶ岳まで3時間で登れるよね、というのに近い話なんだろうなと思います。

Re: そりゃ、そうですね 

inti-solさん

まさしく、おっしゃる通りです。「練習」が一番の近道です。

> 私は、吹奏楽やコンクールのことはよく知りませんけど、1~2回の指導で上達させろと言うのは、きっと、ガイドがついたら、上高地から槍ヶ岳まで3時間で登れるよね、というのに近い話なんだろうなと思います。

山登りならではの例えですね。まさしくそれに近い話です(つまり現実的には無理)。まあ、でもそういうことを考える人はいましたねえ。「三点確保って何?」という初心者もいるのに「穂高縦走」とか…(笑)。私が強硬に反対したのでル―トが変更になりましたけど。フルートの「三点支持」も知らない生徒にコンクールでソロをやらせるのと同じです。はい。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【洋銀フルートは消耗品?】へ
  • 【日々雑感】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。