スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ベストなアンブシュアを維持するのは難しい →三点支持が難しいのはリッププレートの形状?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

パール・マエスタ

マエスタとオペラの違いって何?

 ←ベストなアンブシュアを維持するのは難しい →三点支持が難しいのはリッププレートの形状?
 私がパールユーザーでマエスタ絡みのブログ記事を書いているからでしょうが、タイトルのような検索ワードで当ブログを訪れてくださる方がいらっしゃいます。フルートは、安価なフルートでも手作業でしか作れない部分もありますので、「ハンドメイドフルート」という定義も曖昧なところがあります。普通、「ハンドメイドフルート」というと、一流の職人さんが持てる最高の技術を注ぎ込んで作ったフルートということになるでしょう。

 その定義から言うとパールのハンドメイドフルートは、「マエスタ」と「オペラ」ということになります。このふたつのフルートは外見上はキーポストの台座の端のデザインがちょっと違うくらいですが、オペラはマエスタより、かなり個性的なフルートです。

 この違いは、職人さんが「分業で作る」か「一人で全部作る」かの違いから来るものでしょう。職人さんが一人で作るのがオペラなのですが、オペラは受注生産システムですので、なかなか試奏する機会に恵まれません。もし試奏できたら、マエスタとの違いにびっくりする人が多いと思います。

 手作りのものは、それを作った人の個性が強く出ます。何人かの分業で作るマエスタより、ひとりで全部作るオペラの方が製作者の個性が強いのはそういうところから来るのでしょう。私はオペラを一本しか吹いていませんので、オペラ同士を吹き比べていません。ですから想像でしかないのですが、個体差はかなりあると思います。フルート職人さんが一人でやっている工房(パール出身で独立なさったアイハラフルートやヤナギサワフルートなど)のフルートは一本一本が個性的ですものね。

 この個性の違いは、主に歌口の部分とキ―タンポの組み付け・調整から来ると思います。私のマエスタもキ―タンポの調整をする職人さんによって音が変わりましたし、自分のマエスタに何本かの頭部管を挿して吹いた時も、同じタイプの頭部管(Forte)でありながら、吹奏感がかなり違いました。私個人はオーダーではなく、店頭で実際に吹いてみて気に入ったフルートを買った方が良いと思います。ですからマエスタがお勧めです。でも私は店頭にあったマエスタではあきたらず、特別仕様のマエスタをオーダーしてしまいました(言ってることとやってることが違うじゃん…by影の声)。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

タイトル 

最初、ひとりの技術者が最初から最後まで担当する受注生産の『完全ハンドメイド』としてのオペラに比べ、マエスタは『セカンドライン』というイメージがありました。
ところが自分のまえすたが来てみたら、なかなかどうしてセカンドラインとは言い切れないものだなぁと日々実感しております。
購入検討の試奏の際は価格的な縛りもありオペラをまったく吹かずにいましたが、
まえすたが手元にある今、勉強半分冷やかし半分でオペラを試してみたいなぁと思っています。

Re: タイトル 

ひゃらりさん

実は私もマエスタ購入前は、ひゃらりさんと同じようなイメージを持っていました。私が試奏を繰り返していた時に、パールの職人さんと直接お話しする機会がありました。その方はハンダ付け専門の方でしたが、ご自分の技術にプライドをお持ちでした。聞くところによると、マエスタはそれぞれの分野のエキスパートの職人さんの合作で作られているそうで、製作技術はピカ一だと思います。決められた寸法に寸分違わず作っているそうです。オペラの場合は、キ―のハンダ付けも歌口のカットも、一人の職人さんが全部作ります。ある程度はその職人さんの思想に沿ったフルートが出来上がるみたいです。

もっと自分の理想のフルートを作りたいとなったら独立するんでしょうけど。ちなみにアキヤマフルートはミヤザワから独立した職人さんが作っています。ナガハラはサンキョウですが、もとのメーカーとは一線を画したフルートになっています。私はお金さえあればナガハラが欲しかったなあ…。

タイトル 

エキスパートの合作、なるほどです。
まえすたはほんとに丹精込めて作っていただいた作品だと思います。
けど、職人さんがひとりで作られた、職人さんの思想と個性が凝縮された楽器というのもきっとすばらしいのでしょうね。

わたしの「もっとお金があったら」バージョンは、マテキの巻き管ですね。
巻き管の芯のある強い音、抵抗感、非常に魅力的です。
まえすたをハンダ付け仕様にしたり、巻き管に憧れたり、
わたしはどうやら吹き手にパワーを求めるムズカシイ作りに惹かれるみたい。
やっかいな好みですねー。

Re: タイトル 

ひゃらりさん

マテキの巻き管もいいですよー。ただ個体差と奏者との相性がどうしても出て来ますねー。試奏した巻き管はいい感じで鳴っていたのに、注文して手元に来た巻き管はなかなか鳴らないとか。マテキだけでなくアキヤマもそうですから、これが巻き管の特徴でしょう。

> わたしはどうやら吹き手にパワーを求めるムズカシイ作りに惹かれるみたい。

ひゃらりさんのまえすたを吹かせていただいた時に思ったのは「私のマエスタより息が要る」でしたもんねー。いやしかし良い音でした。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ベストなアンブシュアを維持するのは難しい】へ
  • 【三点支持が難しいのはリッププレートの形状?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。