スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←まる一日アンサンブルを楽しんじゃいました →祝・秋山和慶先生旭日小綬章受賞!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート全般

パールって音量の出ないフルート?

 ←まる一日アンサンブルを楽しんじゃいました →祝・秋山和慶先生旭日小綬章受賞!
 パールのアンサンブル倶楽部のお昼の時に、パール技術者のエプロンおじさんと、この話題になりました。ちまたでは(特にインターネット)にはこの手の話題がアップされていますし、私もこの手の話題を記事に取り上げて書いたことがあります。エプロンおじさんは「いちいち気にしてられないよー」と話していましたが、その口調から、そう言われることは不本意だと思っていらっしゃるのがアリアリでした。

 たまたまN響の神田寛明先生のことが話題になりました。神田先生はオケではパウエルの木管フルートを吹いていらっしゃいますが、普段はパール総銀製オペラ(頭部管PHN-1)です。神田先生はこのフルートをバリバリ鳴らすんですよねえ(もちろん音量だけではありません)。パールは音量の出ないフルートだなんてことはないわけです。私は、

「誰が吹いても鳴るフルート」と
「奏者によって鳴るフルート」と
「誰が吹いても鳴らないフルート」


の三種類あると思っています。パールのハンドメイドフルートは「奏者によって鳴るフルート」なのだと思います。

 もちろん卓越した技術を持っているプロなら、どんなフルートでも鳴らすことが出来るでしょう。でも一般のアマチュアレベルで考えないとフルート選びはできません。パールのフルートは概して「優しい音色」を持っています。「優しい音色」は「派手な音色」よりは目立ちません。これが音量が出ないとされている最大の原因ではないかと思います。でも本当はアマチュアでも、すごい音量が出るんですよ。パールの標準仕様になったVivoや大好評を博しているVivaceは「優しい音色」でもかなりの音量を持っています。私のマエスタはForteという頭部管が付いていて、さらに音量が出ます。もっともその分、ちょっと吹きにくくなってますけど。

 こういうことは試奏しただけではわからないと思います。私が所持していた他メーカーのフルート、例えばムラマツは「誰が吹いても鳴るフルート」に近いです。鳴らしやすいのですが、それでも奏者によってはもっと鳴ります。やっぱり奥が深いフルートです。アルタスとサンキョウは「奏者によって鳴るフルート」だと思っていましたが、最近のサンキョウは「誰でも鳴る」ようになってきたと思います。アルタスは相変わらずですが…。「誰でも鳴るフルート」の最右翼はヤマハでしょう。悪いことではありません。「鳴りやすい」フルートは演奏に集中できますから。

 
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

パールのフルート 

先日、たくさんのフルートを試奏しました。
私はムラマツですが、ムラマツじゃないのがいい人に、パールは人気です!
私も満足にならせるかどうか???ですが、音色もすきですよー!
楽器もいいと思います!!
楽器にあう吹き方ができるかはおおきいですね!!

NoTitle 

わたしのまえすたの頭部管はVivaceでして、
体調のいいときはばりばりと鳴ります!
楽器購入を検討してあれこれ試奏を重ねているときは「パール=音量の出ないフルート」なのかな?と思っていましたが、
今ではぜんぜんそんなイメージないですねぇ。
自分のチョイスに、まんぞくまんぞく(^ω^)です。

NoTitle 

なんだか20年ほど前のゴルフ道具談義に似ていますね。
以前のプロ用はスィートスポットが狭くて難しい・・・
でも今はプロも打ちやすい(打ち損じてもミスが出にくい)のを使って、どんどん攻めるって感じ。

鳴らし易いほうが演奏に集中できるし楽しいですよね。
服に体を合わせていては自由に動けません。
とは言うものの着こなし(吹きこなし)も大切ですね~
やっぱ練習・練習

Re: パールのフルート 

松原さん

松原さんはムラマツの14Kをガンガン素敵な音色で鳴らしていますから、パールも鳴らせられていると思います。私はパウエル、ヤマハ、パール、ムラマツの14Kを試奏していますが、ムラマツが最も手ごわかったです(当時の私の体調もあるかもしれませんが)。ハンドメイドクラスになると、自分の好みの音色を持っているフルートを選ぶ人が多いと思うんですが、パールの優しい音色を好きな人も多いですよねー。

Re: NoTitle 

ひゃらりさん

ひゃらりさんが試奏を重ねている時にVivaceが出たんでしたよね。ある意味ラッキーだったかも。とてもバランスのとれた頭部管でしたし、ひゃらりさんが購入する頃は個体差も少なくなって品質が安定してましたし。

そうそうこの間、ひゃらりさんのVivaceの歌口のカットを見たんですが、どうも私が試奏したものとはカットが微妙に違っていたような気がします。そういう意味でもラッキーだったかも。

> 自分のチョイスに、まんぞくまんぞく(^ω^)です。

ひゃらりスペシャルの仕様を私は試奏してませんからねえ。限定モデルやハンダ付けモデルを試奏した結果、その仕様が良いかも、と思っただけなので最後の決断はひゃらリさんでした。ベストなフルートを選んだと思います。吹きこなすのに大変ですけど、頑張ってくださいね。

Re: NoTitle 

河童さん

> なんだか20年ほど前のゴルフ道具談義に似ていますね。

あ、やっぱりバレちゃいましたか。そうなんですよね。今は、プロほど実戦(本番)で安定した力を出せる道具を使うようになっていると思います。でもおっしゃる通り、安定した演奏をするためには練習、練習、ですね。

アルタス 

私はアルタス吹いてますが、たかさんの見解でしたら、アルタスでいい音鳴らすには、時間かかりそうでしょうかね(泣)?
7月のデニス・ブリアコフか8月のエミリー・バイノンのリサイタルを聴きに行くつもりですが、アルタスの素敵な音ってどんな音?って楽しみです。

Re: アルタス 

こぶたさん

私はアルタスを20年吹いていましたが、良い音が鳴ったと思ったら次は全然ダメだったりと、ものすごく気まぐれなフルートです。奏法のどこかが違うのでしょうが全く原因不明…。今吹いているパールは原因がわからないということまではありません。でも愛着はあるんです。20年前のアルタスをオーバーホールして手放さずに持っています。アルタスはどのグレードも材質が違うだけで作りは一緒ですから、もしかしたらこぶたさんの1507もそういうフルートかもしれません。愛情わきますよ~。

> 7月のデニス・ブリアコフか8月のエミリー・バイノンのリサイタルを聴きに行くつもりですが、アルタスの素敵な音ってどんな音?って楽しみです。

すごく素敵な音ですよ。ぜひ楽しみになさってください。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【まる一日アンサンブルを楽しんじゃいました】へ
  • 【祝・秋山和慶先生旭日小綬章受賞!】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。