スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←低音楽器に音を合わせるのは →まる一日アンサンブルを楽しんじゃいました
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

日々雑感

珈琲・雑感

 ←低音楽器に音を合わせるのは →まる一日アンサンブルを楽しんじゃいました
 私は無類のコーヒー好きです。幼少の頃、親に連れて行ってもらった銭湯で風呂上りにコーヒー牛乳を飲んでいたのを覚えています。今、私の息子が風呂上りにアイスコーヒーを飲んでいるのを見るにつけ、こういうのも遺伝するのかと思ったりします。ただ単に父親が美味しそうにコーヒーを飲んでいるのを見ていたからなんでしょうけど。
yun_8381.jpg

 私の高校時代は、自転車に生活用具一式を積んで、泊りがけで長野県を中心に旅をしていました。生活用具一式とはテント、寝袋、自炊道具、食料など、登山の時にバックバッグに詰めるものと一緒です。八ヶ岳に行った時は、そのまま山に登ったりもしました。

 こういう時に必ず持って行くものがコーヒー道具です。それもインスタントではなくコーヒー豆とコーヒーミルを持って行って景色の良い所でコーヒーを沸かして飲むのです。いや~、このコーヒーの味は格別ですねー。先月観た映画の「岳」では主人公がいきなり山でコーヒーを淹れるところから物語が始まるのですが、「山でコーヒー」は最高です!

 この珈琲という飲み物はとても奥が深いのです。コーヒー豆は産地によって味が違います。ブラジルはブラジルの、モカはモカ独特の味わいがします。私が好きだったのは、ブルーマウンテンとキリマンジャロです(どちらも山の名前でもあります)。これらの味の違いをうまく利用して、ひとつの理想の味を追求したのが「ブレンドコーヒー」です。これが美味しい喫茶店は、居心地が良いです。そして、同じ豆、同じ水、同じ器具を使っても淹れる人が違うと味と香りが全然違います。「ブレンドコーヒー」にマスターの技術が最も端的に表れると私は思っています。

 何となくフルートと奏者の関係に似ていたりして…。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

NoTitle 

山男は妙に山でコーヒーを沸かしたがります。
そりゃ、美味しいですよね。

最近、淹れるお水の軟水、硬水の違いでコーヒーの味が全くの別物になることに驚いています。我が家の蛇口から出る水道水は、地域の特性でかな~~りな硬水なのです。軟水の方が豆に含まれる味成分はしっかり、たっぷりと出ます。甘みも出ます。硬水は抽出力が弱いのか、同じ豆の量で少し薄味ですが雑味は出にくく、香りは濃く出ます。

Re: NoTitle 

Sonoreさん

軟水と硬水で味が違うのは私も経験しました。埼玉の水は軟水なので割と味は出ます。わざわざ埼玉から持っていった水を使って山でのコーヒーを入れるのですが、その味は格別でしたねえ~。

もう十年も前になりますが、オ―ストラリアに行った時のことです。オーストラリアの友人の家に泊らせてもらったのですが、そこで飲んだ紅茶の美味しかったこと!日本でも売っているトワイニングのティーパックで淹れていた紅茶なんですよ。ちなみに友人の母が気を使って買って来てくれた日本茶は「・・・」でした。水の違いではないかと思うのですが、この差は大きいです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【低音楽器に音を合わせるのは】へ
  • 【まる一日アンサンブルを楽しんじゃいました】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。