スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←アインザッツをどう合わせるか →指揮より先にピアノが弾いていたらダメじゃない
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・奏法

ソルダードとドローンの音の違いは…

 ←アインザッツをどう合わせるか →指揮より先にピアノが弾いていたらダメじゃない
 フルートの音を決める要素は、材質、歌口のカット、頭部管のテーパー、スケール設計等いくつかあります。その中でも、トーンホールがソルダード(ハンダ付け)になっているかドローン(引き上げ)になっているかが音に与える影響は無視できません。フルートによっては、この違いがあまり感じられないものもあります。後述する理由によってソルダードの方が鳴らしにくいので、出来るだけ鳴らしやすくしようとして、結果的に違いがわからなくなったりするわけです。ソルダードのフルートは製作技術の差がはっきり出ると思いますし、個体差もドローンのフルートよりはあると私は思いますので、メーカーとしてリスクは冒せないのでしょう。

 ソルダードのフルートがなぜ鳴らしにくいかと言えば、トーンホールがドローンよりも厚くなっているからです。これはハンダ付けをするために厚くしないといけないからですが、トーンホールの部分で息のパワーがドローンよりも減衰しますので、トーンホールが共鳴しにくくなっています。どんな管楽器も管が厚い方が鳴らしにくいのです。そのかわり鳴らすことができれば「遠鳴り」すると言われています。要は鳴らし方の問題だと思いますが、そうするとソルダードのフルートはソルダード用の鳴らし方があるということになります。

 こう書くと、特にプロの方などは「フルートの鳴らし方はみな同じ」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。フルートを吹く適性のある人だと、どんなフルートでも吹けてしまいますから。でも、そうではない人も多いと思います。かくいう私もその一人です。たとえば300馬力のエンジンなら、どんなボディでもパワー不足ということはないと思いますが、150馬力だとそうはいきません。150馬力でも速く走れるようにするためには、ボディを軽量化するとか、そういうことを考えねばなりません。

 ソルダードのフルートは、300馬力必要なボディだということです。まずは奏者自身のパワーアップが必要でしょう。人間の場合は鍛えれば鍛えるほどパワーアップしますから、練習あるのみということですね。「私は力いっぱい吹いているけど、全然鳴らない」という人もいるでしょうが、出力全開でも300馬力に届かないということでしょう。実のところは息が入っていないだけだったりするのですが…。

 あとは技術も必要でしょう。かぶせ過ぎは禁物ですが、唇と歌口の距離を短めにとります。(ドローンだと長めでも鳴りますがソルダードでは難しいと私は思っています)トーンホールがただでさえ重いので、ドローンよりも指に力を入れずに動かします。鳴るポイントが狭いのでアンブシュアが崩れないようにします。つまりドローンよりもソルダードの方が鳴る許容範囲が狭いということです。

 そのぶん、ソルダードの方が音色が複雑で密度の濃い音が出るように思います。私が自分のフルートを選んだ時は、本番で吹くにはソルダードのフルートは難しすぎて苦労すると思いました。ドローンのフルートを選んで金メッキを施し、より遠鳴りするようにしようと考えました。結果的にパワーも必要だったようで、これだったらソルダードのフルートでも良かったかなと思っていたりします。お金があれば次はソルダードにしてもいいかなと思います。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

NoTitle 

木管フルートというのは、一応ソルダードですよね。(そうは呼ばないかも知れませんけど)
いつだったかサンキョウの木管を試奏したときは、実に軽やかにいい音が鳴って、思わず「ほしい」と思ってしまいました。一方、同じサンキョウの総銀ソルダードは・・・・・・・、試奏したことがあるのかないのか、どうしても思い出せません。
ムラマツSRは試奏したことがあります。かなりうろ覚えですが、確かH足だったのではないかと思います。ソルダードだからかH足だからかは分かりませんが、ムラマツの他のフルートとは音色の印象が随分違うと思いました。魅力的な音色でしたが、値段がね。

もし1億円の宝くじが当たったら、サンキョウの木管フルートがほしいです。宝くじが当たらなかったら、ドローンの総銀製です。それだって、買うのが何年後かは分かりませんが。

Re: NoTitle 

inti-solさん

木管フルートはトーンホールも厚めですが、管自体も厚めなので金属製のものとは違うかなと思います。あえて言えばソルダードの方が木管フルートに近いでしょうが、私はドローンの開放的な音も好きです。

宝くじが当たったらパウエルの木管フルートのキ―ゴールドを私だったら買っちゃいます。ムラマツSRは今山野に中古が出ています。中古なのに結構いい値段です。

NoTitle 

わたしは試奏を何回か経験してソルダードとドローンのどちらを購入しようか思案を重ねた(当社比)結果、ソルダードの楽器を購入することになりました。
鳴らしにくいのも奏者に求めるところが大きいのも充分理解して購入しましたが、
たしかにまだ吹き手が楽器に追いついていない感があります。
お恥ずかしい限り。
でもソルダードの楽器で『当たった』ときの濃密な音色がわたしには非常に魅力的で、
同モデルのドローンタイプ(めちゃくちゃお買い得だったのに!!)ではなくあえてソルダードに決めた、というわけです。
その節は相談に乗っていただきありがとうございました(^ω^)
いつか楽器に負けない吹き手になりたいと思います。

あ、あと、宝くじが当たったらわたしもパウエルの木管キーゴールドが欲しいです!!
みんなでサマージャンボ買いましょうか!!

Re: NoTitle 

ひゃらりさん

「鳴らすのが難しい」のは百も承知で決めたのですから、あとは練習あるのみですよ。今の自分の実力で吹ける楽器と、将来の自分の実力でないと吹けない楽器のどちらを選ぶかは、ご本人次第だと思います。そんなに簡単にハンドメイドのフルートをぽんぽんと買えませんから、今の自分だとちょっと難しいけど、練習して吹きこなそうという意図でフルートを選ぶのもアリだと思います。(C管じゃなくてH管というのには驚きましたけど、でもそういう定めなんでしょう)

> あ、あと、宝くじが当たったらわたしもパウエルの木管キーゴールドが欲しいです!!

パウエルの木管・キ―ゴールドはあの「神田先生」がオケで吹いてますから、ほしいですよね(笑)

> みんなでサマージャンボ買いましょうか!!

宝くじは買わなきゃ当たらないですからね。まずはサマージャンボですか…。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【アインザッツをどう合わせるか】へ
  • 【指揮より先にピアノが弾いていたらダメじゃない】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。