スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←出られるか出られないか、それが問題だ →吹奏楽部にユニフォームは必要?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・奏法

フルートの響かせ方は声楽と全く同じではありません

 ←出られるか出られないか、それが問題だ →吹奏楽部にユニフォームは必要?
 アンサンブル倶楽部が終わった後の講師の先生とのお話しの中で、実に興味深いことを聞きました。それを端的にまとめるとタイトルのようになります。

 誤解されると困るのでお断りしておきますが、「全く同じではない」ということで「全く違う」ということではありません。声楽で言われていることでフルートの演奏に参考になることはいくらでもあります。金管楽器でも「この音を響かせる時は身体のこの部分を意識する」などと言われます。しかし、声楽をきちんと勉強した人ならともかく、そういう経験のない人にそんなことを言ってもほとんど役に立ちません。このことについては「企業秘密」のところもありますので多くは語れませんが、音楽経験の非常に少ない人間に金管楽器の吹き方を教える時に、声楽のやり方とは違う方法を教えて成果を上げている人もいます。

 話をフルートに戻します。アンサンブル倶楽部が終わった後で「フルートの低音Dから下を豊かに響かせるにはどうしたら良いか」という質問がある受講者の方から出ました。答えは「低音域の音を出す時に身体がその音を声で出す形になると、却って息が出なくなってしまうので楽器が鳴らなくなる」とのことでした。

 各個人の体格や身体の使い方が違うと思いますので万人に当てはまるわけではないと思いますが、非常に興味深い話でした。かくいう私も声楽の発声法をレッスンしていただいた時がありました。フルートを吹いていて「よく響いているな」と思う時は、声楽での発声法とは違う身体の使い方をしています。それを体得するには、ひたすらフルートと向き合って試行錯誤をするより他にないのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【出られるか出られないか、それが問題だ】へ
  • 【吹奏楽部にユニフォームは必要?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。