スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ピアソラ「タンゴの歴史Bordel1900」聞き比べ →声楽と吹奏楽の競演(1)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・練習の記録

2か月ぶりのアンサンブル倶楽部でした

 ←ピアソラ「タンゴの歴史Bordel1900」聞き比べ →声楽と吹奏楽の競演(1)
 先月はギャラリーの方で都合がつかなかったようで、開催されなかった「パール・フルートアンサンブル倶楽部」ですが2か月ぶりに開催となり、フルートアンサンブルをやってきました。今回のアンサンブル曲はグランドフルートだけのアンサンブルでした。曲目は「SAmBA」という、ドイツ音名でEs,A,B,Aの音をテーマにしたサンバリズムの曲と、フルート関係者なら知っているJ.アンデルセン作曲の「Valsetto」という三拍子の曲です。サンバはリズムが難しい上に音程もとりずらい曲で、この曲を吹いて楽しめるためには相当練習しないといけません。アンデルセンは譜読みをしてみると、まるでエチュードみたいで面白くありません。難しい指と音程が頻繁に出てくるし…。本当だったら全部のパートをさらっておくべきなのですが、仕事が忙しくなった関係で練習時間がそうそう取れず、あっという間に、アンサンブル当日が来てしまいました。仕方ないよね…。
 
 さて、いつものようにパールフルートギャラリーに行ってみると、午前中の部がまだ終わっていませんでした。最近はこのアンサンブル倶楽部も顔なじみの人が増えて、すごく気が楽になってきました。でも合奏中なので中に入るのを躊躇していると、フルートをバッグに入れた男性の方(テツさん)が階段を上がっていらっしゃいました。初対面なんですが二人で親しげに話していると、スタッフの方が手招きしてくださったのでギャラリーの中に入りました。中ではブログ仲間のひゃらりさんがファーストをやっていました(おそらく)。毎回ファーストご苦労様です。午前の部が終わった後、ひゃらりさんに半ば強引に「私のマエスタ、吹いてみて」と言って、吹いてもらいました(もしかしたらこの後用事があったかもしれないのにごめんなさい)。右手薬指が問題なんて、ご自身のブログに書いていらっしゃいましたが、あとほんの少し修正が出来ればプラグは要らなくなるでしょう。ここを直せば大丈夫なんじゃないかなと思うところはあるのですが、それはひゃらりさんの先生にお任せしましょう。あとちょっとです。ガンバ!もうお一人、初対面なんですけどブログ上では何度もやり取りしている方(MIKUさん)ともお会いできました。それにしても見渡すと女性ばかり…。まあいいや、先ほどの方と男二人で頑張るかと思っていたら、その方は知人を迎えに来ただけらしくお帰りになってしまいました。あららー。

 アンサンブル倶楽部、午後の部は「SAmBA」から始まりました。サンバのリズムは一拍を16分音符四つに分けて、何番目の音を抜くかでリズムを取ると教わりました。講師の先生はわかりやすくリズムを図解して説明してくださったので合奏の能率の良いこと。丁寧に合奏を繰り返しているうちに結構サマになりました。最後はキーボードについていたサンバのリズムに合わせて、結構速いテンポで合わせました。機械のリズムは絶対妥協しないから、こちらが合わせるしかありません。これも良い練習でしょう。

 さて次はアンデルセンです。譜面を最初に見た時は、エチュードみたいでイヤだなと思っていたのですが、実際に合奏してみるとなかなか良い曲でした。北欧出身の音楽家らしくシベリウスと共通するような曲の雰囲気を持っています。もっともそういう風に作らないと単なるエチュードになってしまうという、演奏者のセンスが問われる恐ろしい曲です。これも最後は結構速いテンポで通しました。やっぱりみなさん、相当譜読みをして練習もバッチリしていらしてます。これはうかうかできないぞ~、というより最初から余裕なんぞありませんが(笑)私は2曲ともファーストをやらせてもらいました。だってファーストしかさらっていないも~ん。2か月ぶりの「アンサンブル倶楽部」は、とても楽しいものでした。しかし男性の参加者が私一人とはちょっとさびしいものがあります。次回はどなたかご一緒しましょう。

 
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

初めまして、パールギャラリーでお話をさせていただいたテツといいます。
ここの初心者アンサンブルに参加している方にお会いする約束で伺ったのです。
アンサンブルが終わるまで、試奏でもして待っていようと思っていたのですが、アンサンブルがお店の中で行っていたので、それができずちょっと残念でした…
これを機会によろしくお願いいたします。

Re: タイトルなし 

テツさん

初めまして!コメントありがとうございます。
マイミクさんの日記にコメントをしていらっしゃるのを拝見させていただいておりました。初めてリアルでお会いしたのに、親しくお話しさせていただき、ありがとうございました。こちらこそ、よろしくお願いいたします。

 

たかさん、お疲れ様でした。

初めて参加しましたが、楽しかったです。

初級もレベル高いんでびっくりしました。

暇ができたら、日記に書きますね。

またお会いしましょう。

Re: タイトルなし 

MIKUさん

こちらにもコメントありがとうございます。初級の人たちは私が来た時にドヴォルザークをやっていましたが、なかなかのものでした。聞いているだけでも楽しい雰囲気でした。日記を楽しみにしてます。次回またお会いできるといいですね。

 

アンサンブル倶楽部、お疲れ様でした!

今回午前中の初級クラスは大サービスの延長講義でして、
とても充実したお勉強をさせていただきました。
「花のワルツ」はひとりファーストでちょっと泣きそうでしたが、
楽しかったですよー。

そしてたかさんさんのマエスタを吹かせていただき、
ありがとうございました。
ゴールドメッキ&フォルテ頭部管のマエスタは、
わたしのまえすたと同じシリーズで姉妹のはずなのにキャラクターが全然違うコで、びっくりしました。
凛としていてちょっとスポーツウーマンぽいイメージだなぁと感じました。

いつか中級クラスでたかさんさんと合奏できるようになりたいなぁ。
なので、その日まで初級クラスできちんと修行しておきます♪

Re: タイトルなし 

ひゃらりさん

アンサンブル倶楽部、お疲れ様でした!


延長講義のおかげで聞けたんですが、午前中の初級クラスもずいぶんレベルが上がってきましたねー。
ファーストをやるのは気持ちいいもんですよ。

> ゴールドメッキ&フォルテ頭部管のマエスタは、
> わたしのまえすたと同じシリーズで姉妹のはずなのにキャラクターが全然違うコで、びっくりしました。

同じマエスタなんですけど、フルートの作りは正反対といってもいいかもしれません。頭部管の歌口が違ってトーンホールの作りが違って材質まで違いますからね。そして金メッキが音に与える影響は大きいです。音には満足してますが、キンキラキンなのがちょっと…。

そうしたらエプロンおじさんは「総14金ローズゴールドの楽器を吹いて見たら」と言ってました。値段を見たら480万円也!吹きたいけど欲しくなったら困るのでやめました(笑)。

午後のクラスにひゃらりさんがいらっしゃるのを楽しみにお待ちしています。いつか時間があったら、あるいは午後に別の用事があってダメなときとかに、私が午前中のクラスに参加してもいいかなとも思っていますけど。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ピアソラ「タンゴの歴史Bordel1900」聞き比べ】へ
  • 【声楽と吹奏楽の競演(1)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。