スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←「駅」聞き比べ →フォルクローレ・ライブを聞いてきました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・購入のポイント

吹奏楽とEメカ付きのフルート考

 ←「駅」聞き比べ →フォルクローレ・ライブを聞いてきました。
 以前の記事で、吹奏楽でEメカ付きのフルートを使う事を再考することが必要かもしれないと書きました。思った以上に高音域のG/Aトリルが曲中に出てくるからです。しかもポップスで打楽器や金管楽器が鳴っている中だと変え指との音の違いは歴然でした。 

 このトリルの正規の指使いは左親指・中指・薬指、右中指・薬指・小指を押さえて、左薬指をトリルするものです。右手中指を押さえますので、必然的にEメカが作動してGisトーンホールが閉じてしまいます。ここが閉じると音が出なくなってしまうのです。そこでEメカ付きのフルートは変え指を使わざるを得ないわけですが、この指は、左親指・人差し指・中指・薬指、右小指を押さえて、左薬指をトリルします。

 この変え指はいわば中音域Gトリルの倍音で出すものです。全体的にピッチが低めなのと音の抜けがよくないのが短所です。他にも変え指がいくつかありますが、これが変え指の中では最も良いと思われます。正規の指使いはAの音はどちらかというと高めですが、音の抜けは変え指の比ではありません。音の抜けを一番に考えると変え指は使えないなあというのが正直な感想です。しかもピッコロは変え指では音が出ません。

 ということは、フルートもピッコロもEメカのついていないフルートを買って、後は技術でなんとかするのが最も安上がりなのてすが、これにもちょっと問題があります。このところのフルート関係の記事は密接に関係がありますので、前回の記事を参照していただきたいのですが、Eメカなしのフルートで高音Eを出すには「唇と歌口のエッジとの距離を近づける」ことが必要です。これをうっかりやると「音の抜け」が悪くなります。ピッチもそうは上がりません。この奏法では吹奏楽の中でフルートの音を目立たせるのは難しくなります。極端な「外吹き」は別にして、「唇と歌口のエッジとの距離」が少々遠くても「外吹き」の方が鳴りますから、吹奏楽では専らこちらの奏法が使われてきたのでしょう。

 この奏法だと、高音域はピッチが跳ね上がり小さい音で吹くことは困難になります。吹奏楽では高音域の小さい音なんて要求されませんから、ピッチさえ合えばいいわけです。その対策は頭部管を抜くしかないのですが、そうすると低音域などはピッチが下がり過ぎてどうしようもなくなります。「低音域は聞こえなくてもいいから高音域が鳴ってピッチが合えばいい」という考え方なのでしょう。もちろん高音Eも出にくくなりますから、Eメカニズムは必要なわけです。高音Fisがあまり問題にならなかったのは、♯が付いている曲か♭が五個以上の曲でないと使わないためでしょう。今までの吹奏楽ではあまり使わない調です。最近は使わざるを得ない曲が増えましたので、こちらの対策も必要になりました。

 やはり、Eメカなしのフルートに買い直しする前にフルートの奏法を見直しする必要がありそうです。それまでG/Aトリルについては変え指を使うしかないと思います。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

NoTitle 

驚きました。G/Aトリル、たかさんが「正規」と紹介された運指はこれまで全く知らず、「変え指」と紹介された方しか使ったことがありませんでした。現在はC#トリル付きの楽器ですのでこれを使うことがほとんど。
長年、ピッコロ奏者をやっていましたが、「変え指」しか知らなかったのに苦労した記憶がない。えいやっ!と勢いで吹いていたんでしょうかねぇ?(笑)

Re: NoTitle 

Sonoreさん

Cisトリル付きの楽器なら、それを使うのが一番だと思います。いちおう「正規」としましたが、この運指はちょっと音が当たりづらいので、G/Aトリルのできるキ―のない楽器用ですよね。ですから考えようによってはEメカ付きの楽器の「正規」運指はこれとは違うと考えても良いわけですね。

トリルの音の質までを気にするのは考え過ぎかもしれません。もっとも気にするようになったのは、サンキョウのカタログに書いてあるニューEメカについての記述です。あれはン十年も昔からそのままですから、ずっと心のどこかに引っかかっていました。

吹奏楽の顧問をやっていた時はトリルが聞こえてくればいいや、みたいな考えでしたので、あまり気にしませんでした。ですから、長年やったはずの曲でG/Aトリルを指使いを変えてやってみたら、ずいぶん違ったのに驚いたわけです。

このところ、中音Gの倍音で出すトリルを練習していますが、それなりの音が出てくるようになりました(単に慣れの問題だったりして…)。今度の合奏でもう一度、両方の運指のトリルを試してみます。


> 驚きました。G/Aトリル、たかさんが「正規」と紹介された運指はこれまで全く知らず、「変え指」と紹介された方しか使ったことがありませんでした。現在はC#トリル付きの楽器ですのでこれを使うことがほとんど。
> 長年、ピッコロ奏者をやっていましたが、「変え指」しか知らなかったのに苦労した記憶がない。えいやっ!と勢いで吹いていたんでしょうかねぇ?(笑)
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「駅」聞き比べ】へ
  • 【フォルクローレ・ライブを聞いてきました。】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。