スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←クリスマスコンサート終了! →金の音、銀の音
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

社会人バンド

我が楽団のフルート談義

 ←クリスマスコンサート終了! →金の音、銀の音
この記事は旧ブログの中でもアクセスを集めた記事です。当時そのままの文章でお読みください。

 このところの練習で、フルートメンバーの中で楽器談義に花が咲きました。我が楽団のフルートパートは男3名、女3名の計6名です。それにお手伝いしてくださった女性2人と話していて、ふと気付いたことがあります。

 各自のフルートのメーカーはバラバラだけれど、女性の方が持っているフルートは、どこかに金が使われていて、銀の部分もピカピカだ~。それに対して男性のフルートは銀が黒ずんで…、シブいといえばシブい。ううむ。どうしてなんだろう…。一説には男性の方が銀を硫化させやすい体質だとか…。そうかも知れません。笛師匠のフルートは、ハンミッヒもムラマツもまっ黒けで、木管フルートと見まごうばかりです。

 しかし、私が使っているフルートは、黒くならないんです。今使っているアルタスはもちろん、その前のサンキョウも、その前のムラマツですら、黒くなったという記憶がありません。なんでだろ…、まあいいか。ものは考えようで、キーに金メッキをしたフルートの本体の銀の部分が硫化したんじゃ、みっともないかもしれません。

 で、女性の方には、その金メッキが気になるようで、いろいろと聞かれました。キーの部分が金メッキになるだけで音がずいぶん違うことなどを聞かれたのですが、興味はもっぱら金の色のようです。普通、フルートに使われる9Kくらいだと銅もまざっているので赤っぽくなるんです。場合によったら14Kもそうなのですが、私のフルートは、18Kの銀との合金が使われているようで、まさしく黄金の小判の色。やっぱり女性はそういうのに興味があるんですねー。「キーがゴールドのフルートって素敵ですね~」 「アルタスのプラチナフルートはキーが金メッキで、ちょうどこういうデザインなんですよ。とりあえず、それをイメージしたんですけどね」

 それから、もうひとつリングキーについても話題になりました。手が小さくて指の細い女性にとって見ると、リングキーはちゃんと塞げないので、つらいんだそうです。ああ、そうですよね。男性にとってはどうなんですか?と聞かれたので、手が大きくて指が太いから問題ありませんと答えました。あはは、いいんだか悪いんだか。(それじゃ、リングキーを使ってている世の女性たちはどうなるんだ:影の声)

 いろいろ話してみてわかったのですが、リングキーを使っている男性女性、共通の悩みは、右手の薬指でした。小指のキーと連動して動かす時に、どうしてもズレてしまって音がおかしくなるそうです。やっぱり、そうでしょうね。みんな同じ悩みを持っているんです。ちなみに、指の力のある男性はこの右手薬指のキーがまず狂うそうです。これも妙に納得しました。H管なんか使っていたら、さらに指に力が入っちゃいますもんね。

 「でも、クラリネットのキーはみんなオープンじゃない。クラリネットのことを考えたら、フルートだって問題ないよねえ。」確かにそうなんです。でも、すぐそばにあったクラリネットとトーンホールの間隔を比べてみると、

 クラリネットの方がちょっとだけ狭い!特に右手のキーはクラリネットの方が全然抑えやすいのです。新発見でした。まあ、でも指使いそのものはフルートの方が簡単だし、おあいこということで…、などと話しているうちに、「出番ですよ~」との声。おっとそうだった。合同演奏がこれからあるんだった。おしゃべりしてて、私全然さらってないじゃん。まずい。そしたらパートリーダーさん、「たかさん、この曲は何度もやっているんでしょう。余裕だよね」ごめんなさい。一度もやってません。正確に言うと金管楽器で一回やりました。(汗)

 はい、でもがんばります。ということで曲をさらうどころか音出しもろくにしないで、本番の合同演奏に向かいました。ムーンライトコンサート当日の一コマでした。2009年10月21日 (水)
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

最近は部分的に金を使ったり、金メッキをしたりする楽器がありますよね。音色等はどう違うのでしょうか?

リングキー 

前のブログでこの記事が出たとき、クラリネットとフルートの違いは縦と横、ということもあるのではないかと書いた記憶があります。手のひらは横にしているより縦にしている方が、より自然な状態のように感じます。

最近、クリスタルフルートというガラスの横笛を手に入れたのですが、これが非常に指穴を押さえ辛いのです。指穴はフルートのリングキーよりは大きいですが、ケーナよりは小さいです。調と運指はケーナと同じなのに。これも同じ理由からだろうと思います。

> リングキーを使っている男性女性、共通の悩みは、右手の薬指でした。小指のキーと連動して動かす時に、どうしてもズレてしまって音がおかしくなるそうです。

私も、まったく同様です。出るときはまったく問題なくドの音が出るのですが、急にしくじったりすることがあるんです。

Re: タイトルなし 

よっちゃんさん

ご質問について私の考えを述べようとしますと、かなりの字数になりますので、明日(12/19)の記事で、このことについて述べたいと思います。それでよろしくお願いいたします。

Re: リングキー 

inti-solさん

 以前のこの記事にもコメントをいただいたのに、再びのコメント本当にありがとうございます。おっしゃる通り、手のひらは横よりは縦の方が自然でしょうね。

 指穴は、楽器によって微妙に違うのが、押さえにくい原因でしょう。特にフルートは右手の方がキーの間隔が徐々に開いて正確なフォームで押さえづらくなりますよね。リングキーだと尚更だと思います。うっかりすると音が出なかったりひっくり返ったりするのは、私もよくあります。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【クリスマスコンサート終了!】へ
  • 【金の音、銀の音】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。